伊藤万理華の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|難関美大に進学していた!

 

女優の伊藤万理華さんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。絵やイラストが評判の伊藤さんですが、実は難関美術大学に通学していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

伊藤万理華(いとう まりか)

 

 

1996年2月20日生

身長158㎝

血液型はO型

 

大阪府出身(育ちは神奈川県川崎市)の女優、イラストレーター

アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー

本名同じ、愛称は「まりっか」

 

以下では伊藤万理華さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

伊藤万理華の学歴~出身大学(多摩美術大学)の詳細・難関美大に進学していた!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:多摩美術大学 美術学部 偏差値38~55(学科不明のため・難関)

 

 

 

伊藤万理華さんは高校卒業後は、私立大の多摩美術大学に進学をしています。

 

この大学は武蔵野美術大学と並び私立の名門美術大学として知られており、筆記試験の偏差値はさほど高くありませんが、実技試験が難しく難関美術大学として知られています。

 

在籍したのは美術学部ですが、専攻した学科などの詳細は不明です。

 

伊藤さんはイラストや絵は上手ですが、日本画や洋画などを本格的に学んだ経験がないことから、デザイン系の学科に在籍したはずです。

 

とは言えかなりのセンスがあったのは確かでしょう。

 

ちなみに伊藤さんの作品はこのような感じです。

 

 

伊藤さんはこの大学に進学した際にはブログで次のように報告をしていました。

 

「進路のことでご報告。芸術大学に進学することになりました。 乃木坂46の活動もしながら大好きな芸術を少しでも学びたいと思います。」

 

伊藤さんは高校時代に乃木坂46のメンバーになったことから、大学時代も芸能活動を継続していました。

 

グループ内でも人気メンバーのひとりで、表題曲の選抜メンバーにコンスタントに選ばれています。

 

 

大学2年生だった2015年には、「アイズ」で映画初主演に抜擢されており、女優としても注目を集めています。

 

 

またファッション誌「CUTiE」ではデザイン関連の連載を開始するなど多方面で活動をおこなっています。

 

ところが大学4年生だった2017年に、突然グループからの卒業を発表しています。

 

 

伊藤さんは卒業の理由を明らかにしていませんが、アーティストとしての活動にシフトしていくためとの報道もなされています。

 

この年の10月には初の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」を開催しています。

 

 

なお大学時代も芸能活動と学業を両立させて、大学はキッチリと卒業しています。

 

伊藤さんは以降は主に女優として活動しており、「賭ケグルイ」や「夢中さ、きみに。」などの連続ドラマにレギュラー出演しています。

 

2021年には「お耳に合いましたら。」で、初めて連続ドラマに主演しています。

 

 

その一方でアーティストとしての活動もおこなっており、たびたび個展も開催しています。

 

その他にもCMなどにも起用されています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

伊藤万理華の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:不明

 

伊藤万理華さんの出身高校は不明です。

 

インタビューでは全日制高校の普通科を卒業したことを明らかにしています。

 

インターネット上には伊藤さんの出身高校を堀越高校とする情報もありますが、堀越高校の近くでこの高校に通学していた星野みなみさんとともに目撃されたからで、この高校には通学していません。

 

伊藤さんは中学・高校時代は部活動はおこなっておらず帰宅部でした。

 

その一方で幼少期から習っていたバレエを続けており、「自分にとっての部活はバレエだったなあ」と公式ブログに綴っていました。

 

高校1年生の夏に乃木坂461期生オーディションに合格して、グループ入りをしています。

 

 

オーディションに合格後にも高校は転校することなく3年間通っています。

 

このことについては公式ブログに次のように綴っていました。

 

「オーディションに合格してからも高校は変わらず一般科に通いました。通いながら活動できるか不安だからこのことに反対してたけど、後悔はないです。」

 

伊藤さんはグループ入り後には転校した方が良いと思っていたようですが、親はそのまま高校に通うことを勧めています。

 

クラスメイトは伊藤さんが芸能人であることで特別視することなく、普通に接してくれ勉強なども教えてくれたといいます。

 

自身の高校時代の一番の思い出についてインタビューで次のように話していました。

 

「3年生の最後の行事がダンス大会だったのですが、それは衣装も音楽も振り付けも自分たちで考えて。私が演出や構成を担当して、バレエができる子、映像が作れる子、音楽を作れる子など、まさにハダシのように仲間を増やしながら取り組んだんです。みんな同じ熱量で一生懸命やった結果、何と優勝することができました!」

 

伊藤さんは文化祭や体育祭などには参加できなかったことは、心残りだったと話していました。

 

また女優を志した原点は高校1年生の時にあったようで、インタビューでは次のように話していました。

 

「はっきり覚えているのが、乃木坂46のデビューシングルの個人PVの撮影です。10年前、私が15歳のときで、初めてカメラの前で演技をしました。そこで『演技が好き』とかでなくて、何となく『私はこういうお仕事をやっていくんだろうな』と感じたんです。」

 

高校2年生の時に、グループの3枚目シングル「走れ!Bicycle」で初選抜入りを果たしました(センターは生駒里奈)。

 

 

 

ちなみに伊藤さんの高校時代の得意教科は体育と美術でした。

 

スポンサードリンク

 

伊藤万理華の学歴~出身中学校(川崎市立金程中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 川崎市立金程中学校 偏差値なし

 

 

 

伊藤万理華さんの出身中学校は、地元川崎市内の公立校・川崎市立金程(かなほど)中学校です。

 

この中学校に在学中は、1学年上にタレントのMattさんも在籍していました。

 

伊藤さんは中学生の頃はバレエに夢中でしたが、ファッションモデルになりたいという思いもありました。

 

そのため事務所に所属をして、バレエのレッスンに通いながらオーディションを受ける日々を送っていました。

 

当時はやっていることがすべて中途半端で自分でも「何がやりたいんだろう?」と思っていたことを明かしています。

 

そしてそのままの感じで中学3年生になっており、当時のことについては次のように綴っていました。

 

「高校受験、そろそろ自分がいちばん何になりたいのか真剣に考えなくちゃいけない時期。この時私はバレエもモデルの夢も、とすごい無理なことを言ってました。バレエもコンクールに出たことがあるわけでもないのに、モデルもほとんどやってないに近い。どちらも中途半端でした。」

 

このことで親とは毎日にように喧嘩をしていたといいます。

 

そんな時に乃木坂46のオーディションがあることを知り、これで最後にしようと応募をしました。

 

当時の心境についてブログで次のように綴っています。

 

「自分はアイドルになることが夢じゃない。でも、今までのことが悔しくて情けなくて…これで最後にしよう。受からなかったら、諦めて普通の生活をしよう。 最後の挑戦だ!!」

 

伊藤万理華の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

伊藤万理華さんの出身小学校は、川崎市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身小学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

川崎市立金程小学校

川崎市立千代ヶ丘小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

伊藤さんは小学2年生までは大阪府に住んでいましたが、神奈川県に引っ越しをしています。

 

4歳の時にクラシックバレエをはじめています。

 

また小学校時代は飼育委員を務めており、掃除や餌やりをしてアヒルを誘導していました。

 

小学生の頃にはダンス部に在籍をしており、部長を務めたこともありました。

 

伊藤さんは子供の頃にはたくさんの将来の夢があり、絵を描くことが好きだったため漫画家や母親に憧れてファッションデザイナー、またバレリーナやファッションモデルなどもなりたかったようです。

 

以上が伊藤万理華さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

乃木坂46時代も人気メンバーで、11回も選抜メンバーに起用されています。

 

卒業後は女優に転身しましたが、連続ドラマや映画の主演に起用されるほどです。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ