村上春樹の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

村上春樹(むらかみ はるき)

 

 

1949112日生

身長168

 

京都府出身(兵庫県育ち)の小説家、翻訳家

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

一人っ子。

 

当初は国分寺市や渋谷区千駄ヶ谷でジャズ喫茶を経営。

 

 

1979年に執筆したデビュー作「風の歌を聴け」で、いきなり群像新人文学賞を受賞して芥川賞の候補にもなる。

 

 

1981年から専業作家となって、1987年に発表した「ノルウェイの森」は上下巻で430万部の大ベストセラーとなる。

 

以降も「ねじまき鳥クロニクル」や「海辺のカフカ」、「1Q84」などの作品が軒並みヒットを記録する。

 

翻訳家としても活動しており、フィッツジェラルドやサリンジャーらの作品を訳している。

 

私生活では1971年に結婚しており、子供はいない。

 

学歴~出身中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 神戸高校普通科 偏差値70(超難関)

 

村上春樹さんの出身高校は、県立の共学校の神戸高校です。

 

同校は古くから県内でも有数の進学校で、これまで多くの人材を政財官界に輩出しています。

 

村上さんは西宮市立香櫨園小学校から芦屋市立精道中学校を経て、同校に進学しています。

 

子供の頃から文学少年で、小学生の頃は近所の図書館の少年向けの本を片っ端から読んでいます。

 

高校時代には19世紀ヨーロッパの古典や20世紀のアメリカの小説などを英文の原書で読んでいました。

 

また中学生の頃からジャズを聴きはじめて、神戸市内で観たアートブレイキーのライブに大きな影響を受けています。

 

高校では新聞部に所属しており、高校2年生の頃からは編集長を務めています。

 

 

【主な卒業生】

高島忠夫(俳優)

勝恵子(アナウンサー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:早稲田大学 第一文学部 偏差値68(難関)

 

村上春樹さんは高校卒業は、一年間の浪人生活を経て私大の名門の早稲田大学に進学しています。

 

大学時代は映画演劇科に在籍してシナリオライターを目指しますが、大学へはほとんど通っていませんでした。

 

大学在学中の22歳で学生結婚をして、昼はレコード店、夜はジャズ喫茶で働いて資金を作って、25歳でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開業しています。

 

なお大学には7年間在籍して卒業しています。

 

そして30歳で作家デビューを果たすと、いきなり芥川賞の候補になるなど才能を発揮。

 

38歳の時に発表した「ノルウェイの森」は世界的なベストセラーとなって、人気を決定づけます。

 

現在ではノーベル文学賞のもっとも有力な作家として、世界中から注目を集めています。

 

未だに精力的に執筆活動をおこなっているので、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ