なすび(芸人)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|いじめられていた

 

「進ぬ!電波少年」の「懸賞生活」への出演で人気者となったなすびさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実はなすびさんはいじめられっ子で、小学校時代は友達もいませんでした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

なすび

 

 

1975年8月3日生

身長180㎝

血液型はO型

 

福島県福島市出身のお笑いタレント、俳優

本名は浜津智明(はまつ ともあき)

 

以下ではなすびさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

なすびの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:専修大学 法学部法律学科 偏差値54(普通)

 

 

 

なすびさんは高校卒業後は、専修大学に在籍しています。

 

大学では法学部に在籍して、法律を学んでいました。

 

大学在学中に喜劇俳優を目指して20歳の頃から様々なオーディションを受けていました。

 

しかしまったくうまくいかなかったことから、当時の知り合いとお笑いコンビ「覇王樹(さぼてん)」を組んでお笑いライブのオーディションも受けはじめています。

 

ただしお笑いライブに出演することも叶わずに、仕事としてはエキストラばかりでした。

 

そのためお笑いコンビも1年ほどで解散してしまっています。

 

そして大学4年生の時に受けたのが、「進ぬ!電波少年」の「懸賞生活」の企画のオーディションでした。

 

 

オーディションといっても20人ほどの若手芸人がくじを引くだけのもので、なすびさんが「当たり」を引いたことから出演が決定しています。

 

企画が「懸賞生活」だったので、参加者の「くじ運」を試したそうです。

 

しかもその場でヘッドフォンと目隠しをされてアパートの一室に連れて行かれると、プロデューサーから企画の内容を教えられ「やるか、やらない」か尋ねられたそうです。

 

このあたりの経緯に関しては、なすびさんはインタビューで次のように話しています。

 

「懸賞生活なんて、できるわけないと思いました。でも、とりあえず続いても2~3週間か長くても1か月か3か月くらいで“こんなことできませんでした”となって終わるだろうと思ったんですね。でもチャンスはチャンスだから“やります”と答えたんです」

 

こうして「懸賞生活」の企画は1998年1月からはじまっています。

 

 

するとなすびさんの予想とは裏腹に「懸賞生活」は深夜帯にも関わらず、高視聴率を記録しています。

 

またこの年の12月には目標の100万円を達成しましたが、翌年の1月には再び目隠しをされて韓国に連れて行かれ「懸賞生活 in Korea」がスタートしています。

 

 

結局この企画は1999年3月まで続いて、なすびさんは1年3か月の間アパートの一室で孤独な生活に耐えています。

 

そのため本人曰く、「懸賞生活」を「刑罰」とインタビューで話しています。

 

「懸賞生活といいながら“人間はどれだけ孤独に耐えられるか”という企画だったんですね。のちに本で読んだら、中世のヨーロッパには死刑よりも重い刑があって、それは罪人を狭い部屋に閉じ込めて単純作業を繰り返させる、それで人間は自然に精神がおかしくなる、そういう刑なんですね。まあ、僕はそんな刑罰をやらされてたんですよ」

 

ちなみに「もう一回やれ」と言われたら絶対に断るそうです。

 

また驚くことになすびさんは、テレビで放映されていることを最後まで知りませんでした。

 

とは言えこの番組に出演したことで知名度が大幅に上昇したため、お笑いタレントや俳優としての道も開けています。

 

そのためなすびさんも「懸賞生活」への出演は、「今になって役立っている」とも話しています。

 

 

なお「懸賞生活」への出演のために大学は留年していましたが、担当教授がたまたまテレビで見て休学扱いしてくれたことから、企画終了後に再び大学に通学して卒業しています。

 

スポンサードリンク

 

なすびの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:福島県 福島東高校 偏差値61(やや難関)

 

 

 

なすびさんの出身高校は、県立の男子校(当時)の福島東高校です。

 

この高校は1980年開校の県立校でなすびさんが在籍した当時は男子校でしたが、1995年に男女共学化されています。

 

またサッカー部が強豪でたびたび全国大会に出場しています。

 

なすびさんは高校時代は卓球部に在籍して、部活動に励んでいます。

 

 

また高校時代は成績も優秀で、当初は考古学者になりたいと思っていました。

 

さらに当時はかなり真面目な生徒で、同級生によれば女の子の話などにも乗ってこなかったそうです。

 

なすびさんは高校時代にお笑い芸人志望になっています。

 

なお前記の専修大学には推薦入学で進学しています。

 

【主な卒業生】

樋口達哉(テノール歌手)

 

スポンサードリンク

 

なすびの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:福島県 福島市立蓬莱中学校 偏差値なし

 

 

 

なすびさんの出身中学校は、地元福島市内の公立校の蓬莱中学校です。

 

中学時代も卓球部に在籍しており、部活動に打ち込んでいます。

 

ただしなすびさんの中学時代のエピソードや情報などはほとんど見当たりませんでした。

 

【主な卒業生】

加藤由香(アナウンサー)

 

なすびの学歴~出身小学校の詳細・いじめられていた

 



 

出身小学校:福島県 福島市立渡利小学校

 

 

 

なすびさんの出身小学校は、地元福島市内の公立校の渡利(わたり)小学校です。

 

ただし小学校時代は3回転校を経験しており、卒業したのがこの小学校です。

 

なすびさんは父親が警察官だったことから、小学校時代までは転勤が多かったそうです。

 

そのため何度も転校したことから「友達ができなかった」とインタビューで話しています。

 

またイジメも受けたことがありました。

 

そんな中唯一の楽しみはテレビ番組で、特にザ・ドリフターズの「8時だョ!全員集合」が大好きでした。

 

また「全員集合」を参考に学校でバカなことをしたらウケて、イジメが減って友達が増えたと話しています。

 

「試しに学校で、顔を使ってバカなことをやってみたんです。そしたら、みんなが笑ってくれた。そしてちょっとずついじめが減って友達が増えていきました。転校のたびにそういうことの繰り返しでした。そこで気づいたんです。人を笑わせたり、楽しませたりすることは周りを幸せにできるし、最終的には自分も幸せになれる─そんなことを子ども心に思ってたんですね」

 

以上がなすびさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

お笑い芸人としてはまったく芽が出ませんでしたが、「懸賞生活」で一躍人気者になりました。

 

 

当時の「懸賞生活」は深夜帯の放送にも関わらず、視聴率30%を超えたこともあるそうです。

 

現在は俳優やタレントとして幅広く活動していますが、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ