八木莉可子の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|生徒会長だった!

 

「ポカリスエット」のCMで注目されたファッションモデルで女優の八木莉可子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は八木さんは学生時代に生徒会長を務めていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

八木莉可子(やぎ りかこ)

 

 

2001年7月7日生

身長169㎝

血液型はA型

 

滋賀県出身の女優

本名同じ

 

以下では八木莉可子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

八木莉可子の学歴~出身大学(明治学院大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治学院大学(有力) 偏差値55~60(学部不明のため)

 

 

 

八木莉可子さんは高校卒業後、大学に進学したようですが進学先の大学は明治学院大学が有力です。

 

確証こそはありませんが、この大学への在籍をにおわす情報がありました。

 

加えて大学に進学した2020年のインタビューでは「有名私大の1年生になった」と記載されており、ある程度ネームバリューのある大学が進学先です。

 

明治学院大学なら押しも押されぬ有名大学ですね。

 

なお現時点で在籍する学部や専攻した学科などの詳細は不明です。

 

 

ただし八木さんは「社会問題や環境問題を学んでいる」と語っており、この大学の社会学部(偏差値58)がもっとも有力になるでしょう。

 

またこの大学はAO入試で芸能人を積極的に受け入れているので、一般受験のほかAO入試での進学の可能性もあるでしょう。

 

八木さんは受験期間は仕事のない日は1日10時間も勉強したことをインタビューで話しています。

 

「休みの日にお仕事がない時は、1日10時間勉強するって決めてました! 1時間勉強したら10分休けい。細かく区切って、ダラダラしないように気をつけてたよ」

 

また英単語アプリやYOUTUBEなどを使って効率的に勉強していました。

 

「『YouTube』では、"古典 助動詞 覚え方"とかって調べて、替え歌で覚える方法とかをめっちゃ参考にしてました!」

 

 

八木さんは2020年4月の大学進学を機に上京しています。

 

ただし入学した際はコロナ禍で、すべてがオンラインになってしまったそうです。

 

「入学式も授業も今まで全部オンライン。クラスメイトとも交流がなく、Zoomの授業でちらっと見かけるくらい。だから、大学生になった実感は薄いです。まだパソコンに不慣れなので、今はリポートでタイピングの練習中。早く授業をちゃんと受けられるようになるといいけれど……」

 

大学1年生だった2021年3月に「Seventeen」の専属モデルを卒業しています。

 

 

ただし「Seventeen」では4年半専属モデルを務めましたが、表紙に起用されたことは1度もありませんでした。

 

幼稚園の時のモデルという夢を叶えた八木さんは、これからは自分らしさをなくさず一流のモデルになりたいそうです。

 

また女優業にも意欲的で、演技のできるモデルを目指しています。

 

今後はメディアへの出演も増えていくので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

八木莉可子の学歴~出身高校(近江兄弟社高校)の詳細

 

出身高校:滋賀県 近江兄弟社高校 偏差値40~55(コース不明のため)

 

 

 

八木莉可子さんの出身校は、私立の共学校の近江兄弟社高校です。

 

この高校は1933年開校の私立高校で、古くから国際人育成や英語教育に熱心な高校として知られています。

 

また同校は以下の4つのコースを設置していますが、八木さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

アーツサイエンス:偏差値55

グローバル:偏差値48

国際コミュニケーション:偏差値47

ヒューマンネイチャー:偏差値40

 

後述するように中学時代にポカリスエットのCMで注目されていますが、八木さんは首都圏の高校に進学せずに地元滋賀県の高校に進学したことをインタビューで述べています。

 

「お仕事の時は地元の滋賀から新幹線で通っているんですが、富士山ぐらいになると「よし! がんばろう!」みたいなスイッチが入って、地元に帰ると「普段の八木莉可子」に戻ります」

 

また将来の自分を見据えてとも語っています。

 

「今は学業とお仕事を両立するようにやらせていただいているんですが、東京の高校を選ばなかったのは、将来の自分を見据えてのことで。私は、素の自分でいられる学校生活が今の私には大切と思って、地元での高校3年間があるのとないのでは私の中で将来的に何かが変わるような気がして。高校生活を充実させることによって、演技の部分でも活かされると思うので、今の地元の高校を選ばせていただきました」

 

高校時代は周囲に芸能人扱いされなかったことからありがたかったそうです。

 

とは言え学業と仕事の両立は簡単ではなかったそうです。

 

高校時代は3年間にわたって人気ファッション誌「SEVNTEEN」の専属モデルを務めています。

 

 

また高校1年生だった2017年には、「京都きもの友禅」のイメージモデルに起用されています。

 

 

このイメージモデルは若手女優の登竜門になっており、過去に戸田恵梨香さんや忽那汐里さん、小松菜奈さんらも起用されています。

 

また女優としても「僕たちがやりました」や「チア☆ダン」などの話題作の連続ドラマにもレギュラーとして起用されています。

 

 

さらにネット配信ドラマ「&美少女」では、初の主役を演じています。

 

 

このように仕事で大忙しの高校時代でしたが、転校などせずにこの高校を卒業しています。

 

卒業の際にはインスタグラムで感謝の言葉を述べています。

 

【主な卒業生】

松居一代(女優)

福永祐一(騎手・中退)

 

スポンサードリンク

 

八木莉可子の学歴~出身中学校(守山市立守山北中学校)の詳細

 

出身中学校:滋賀県 守山市立守山北中学校 偏差値なし

 

 

 

八木莉可子さんの出身中学校は、地元滋賀県守山市の公立校の守山北中学校です。

 

出身の近江兄弟社高校には系列の近江兄弟社中学校も併設していますが、八木さんは高校受験をして入学しています。

 

中学3年生の1月には受験勉強をする姿をツイッターにアップしています。

 

 

この学校で八木さんは生徒会長を務めていました。

 

その際の経緯については、以下のようにインタビューで述べています。

 

「もともと立候補することが好きなんです。生徒会に入った時に生徒会長を務めていた人が公約を掲げて、みんなを引っ張って行く姿がすごくカッコよくて。私もそうなりたいと思って立候補しました」

 

また小学校・中学校時代は仲良し4人組で過ごしたのですが、その際には漫才をしたりしたそうです。

 

八木さんは中学2年生だった2015年に「エイジアクロス」による初めてのモデルオーディションによって7,851人の中からグランプリを受賞して芸能界入りしています。

 

 

ちなみにその際には本人も含めて家族は誰も合格すると思っていなかったので、合格した際には信じられなかったそうです。

 

「グランプリにまさか選ばれると思ってなかったので、本当にうれしかったです。家族全員、「信じられない」みたいな感じで(笑)。オーディション終わってお母さんと会ったんですけど、ポカーンとしていました。それから、受賞直後に囲み取材があることを知らなくて、私は私で「どうしよう!」とパニック状態」

 

またグランプリに輝いたことは学校でも大反響があったそうです。

 

「自転車通学でいつも一緒に通っている友だちがいて、さすがに知らないかと思いきや、自転車こけるんじゃないかと心配になるくらい猛スピードで近づいて来たことを覚えています(笑)」

 

グランプリと同時にvivi賞やパナソニック賞も受賞し、その後は水原希子さんの妹分としてモデルデビューを果たします。

 

八木さんは「とにかく目立ちたい」という思いでオーデションに応募したそうですが、グランプリを受賞した際に「今はただ驚いているだけで、実感がわかないです。」と回答していたそうです。

 

また2016年4月には大塚製薬のポカリスエットのブランドキャラクターとして、八木さんが抜擢され全国CMデビューを果たしました。

 

 

八木さんはポカリスエットのブランドキャラクターとして、選ばれたことについてインタビューで次のように話しています。

 

「とても驚きました。先輩方は凄い方ばかり。昨年の中条あやみさんが好きだったのでとてもうれしかったです」

 

ポカリのイメージキャラクターは「新人女優の登竜門」と言われていて、過去に宮沢りえさんや鈴木杏さん、綾瀬はるかさん、川口春奈さんもCM出演しています。

 

 

ちなみにこのイメージキャラクターはオーディションで選ばれたのですが、その際に八木さんはなんと「ソーラン節」を披露していました。

 

「ポカリスエットのオーディションではダンス審査があって、「好きなダンスを踊ってください」と言われたので、中学の伝統行事にもなっているソーラン節を披露しました。生徒会がメインとなって体育祭のいちばん最後にやる出し物です。マネージャーさんからは「控室に聞こえるくらい全力で踊って来て!」と言われて、しっかり声を出して踊りました」

 

なお八木さんは学校でも「ポカリダンス」を踊ったことをインタビューで話しています。

 

「たまたま私がリーダーになったクラスマッチがあって、持ち時間3分で出し物は自由。何人かが「ポカリのダンスを踊りたい」と言ってくれて、最初は冗談だと思っていたんですが、「踊れる人がいるからやろう!」と盛り上がって。ある子が「めっちゃがんばろう! 最高の3分間にしような!」と言ってくれたんです。それはすごくうれしかったです。こんなふうに思ってくれているんだって」

 

そして同年7月には「時をかける少女」でドラマデビューを果たし、次のようなコメントを残しています。

 

 

「まさか自分がいつも見ている土曜夜9時のドラマに出させてもらえて、しかもいつもテレビで見ているたくさんの素晴らしい出演者の方々と、共演出来ると知り、とても驚きました」

 

また同年8月には雑誌「seventeen」の「ミスセブンティーン2016」のグランプリに選ばれ、専属モデルになりました。

 

 

この際には杉本愛里さんや木内舞留さん、南野彩希さん、田鍋梨々花さんもグランプリに選ばれています。

 

さらにこの年には「ACジャパン」のCMにも起用されて、イジメられている平手友梨奈さんに手を差し伸べる役を演じています。

 

 

平手友梨奈の学歴|高校どこ?大学や中学校の偏差値|高校は中退?

 

このように八木さんは芸能界入り後に、一気に仕事で忙しくなっています。

 

【主な卒業生】

くっきー(お笑い・野性爆弾)

ロッシー(お笑い・野性爆弾)

 

八木莉可子の学歴~出身小学校(守山市立河西小学校)の詳細

 

 

出身小学校:滋賀県 守山市立河西小学校

 

 

 

八木莉可子さんの出身小学校は、地元守山市内の公立校の河西小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

八木さんは幼稚園時代にはなんとIKKOさんに憧れていたことをインタビューで明らかにしています。

 

「幼稚園の卒園文集で「たくさんお洋服を着たり、お化粧ができたりするモデルさんになりたい」と書いていて、その時はIKKOさんに憧れてたんです。美容に関してのスペシャリストで、ファッションもすごくオシャレで。IKKOさんみたいにたくさんの女性に憧れられるようなモデルさんになりたいと思いました。それからしばらく経っても、なかなか踏み出す勇気が湧かなくて。小さい頃から「モデルさんになりたーい!」とは言ってたらしいんですけど(笑)」

 

八木さんは小学生の6年間、新体操を習っていました。

 

また特技が書道で八段の腕を持っていることから、小学校の時から習っていたのでしょう。

 

以上が八木莉可子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

「ポカリスエット」のCMで注目され、女優としての活動を開始してからは順調にキャリアを重ねています。

 

また高校を卒業したことで今後は活動の幅も広がることでしょう。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ