桜田ひよりの学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

桜田ひより(さくらだ ひより)

 

 

20021219日生

身長159

血液型はA

 

千葉県出身の女優、ファッションモデル

本名は成田ひより

 

以下では桜田ひよりさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク

 

出身高校:不明

 

桜田ひよりさんが入学した高校は不明です。

 

高校に進学したことについてはインタビューで話しており、間違いないでしょう。

 

「高校生になって新しいことを始めたいと思ったんです。高校生になる、ということは自分の中でとても大きな節目で、ずっと女優さんとしてお仕事をさせてもらってきましたが、もっと色々な環境に行って刺激を受けたいなと感じていました」

 

ただし桜田さんは高校生活や学校行事について話したりすることはなく、入学した高校の手がかりは掴めません。

 

このような状況から考えると、日出高校や堀越高校などの芸能コースのある高校よりも通信制高校のほうが可能性が高いように思われます。

 

また桜田さんは高校に入ると中学校の友達と会う機会が少なくなったとインタビューで話しています。

 

「高校生になって、友だちと会う機会が減ったので少し落ち着きました。中学のときは毎日のように友だちと遊んでましたけど、みんな部活に入って、会うのも厳しくなってきちゃいました」

 

その一方で高校時代の友達については語っていないことから、このあたりも通信制高校に通学してるように思われます。

 

このあたりにつきましては何か判明しましたら追記しておきます。

 

とは言え高校入学後の桜田さんの活躍は目覚ましく、高校1年生の4月には連続ドラマ「あなたには帰る家がある」のレギュラーキャストに起用されています。

 

 

また高校1年生の時には「ミスセブンティーンオーディション」に参加して、専属モデルにも選ばれています。

 

 

ちなみにこの際にはNMB48の山本彩加さんや永瀬莉子さん、髙橋アリスさんらも専属モデルに選ばれています。

 

またSEVENTEENのモデルとなってからは色々な人からおしゃれになったと言われるようになったとインタビューで話しています。

 

「セブンティーンモデルになってから、洋服選びのテイストが全然変わってきました。前はシンプルな黒や白ばかりだったのが、ブラウン、青、薄ピンク……とか色味が増えて、いろいろな方に「オシャレになったね」と言ってもらえるのでうれしいです」

 

また高校1年生の1月には映画「咲阿知賀編」の主演に起用されています。

 

 

高校2年生の時にはテレビドラマ「向かいのバズる家族」にも出演しており、女優としての人気も急上昇しています。

 

 

今後も出演作が増えていきそうなので、注目です。

 

ちなみに桜田さんの女優としての目標は、NHKの朝ドラに出演することです。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立鶴見中学校 偏差値なし

 

 

桜田ひよりさんの出身中学校は、横浜市内の公立校の鶴見中学校が有力です。

 

 

この中学校が桜田さんの母校とされるのは、桜田さんが公式ブログで校内で百人一首の大会があったことを綴っており、実際にこの学校では百人一首の大会がおこなわれていること。

 

また桜田さんが在学中のこの学校の修学旅行は長崎市や唐津市方面だったところ、公式ブログで修学旅行に長崎市に行ったことを綴っており、この点もこの中学校が桜田さんの母校の理由となっています。

 

これらに鶴見区内で桜田さんの目撃情報などもあることから、この中学校が有力視されているのです。

 

後述しますが桜田さんは小学校時代から芸能活動をしており、中学校に通学した3年間も女優として活動しています。

 

中学校1年生の時には連続ドラマの「ワイルド・ヒーローズ」のヒロインに起用されて注目されています。

 

 

また中学校3年生の時にはテレビドラマ版の「咲阿知賀編」の主演に起用されています。

 

中学時代も数々のテレビドラマや映画に出演していましたが、毎日友達と遊んだと話しています。

 

 

また当時の得意科目は体育と言っているように、運動やスポーツは得意なようです。

 

ただし仕事をしていたこともあって、桜田さんは中学校時代は部活動をおこなっていないようです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:神奈川県 横浜市立鶴見小学校(有力)

 

 

 

桜田ひよりさんの出身小学校は、横浜市内の公立校の鶴見小学校が有力です。

 

 

家族構成は両親と2歳年上の兄の4人家族です。

 

 

お兄さんとの仲については、次のように述べています。

 

「実際に2歳年上の兄がいますが、年齢が近いとどうしてもケンカが絶えなくて。仲がいいときは一緒にアニメを観たりゲームをしたりして優しいけど、わたしのお兄ちゃんはちょっとツンデレなところがあるんです」

 

桜田さんは幼稚園の頃に母親に演技がしたいと言い出して芸能事務所に所属したエピソードをインタビューで話しています。

 

「お母さんがドラマを見ながら、表情が笑顔になったりころころ変わるのを見て、私もこういうふうに誰かの表情を変えられるような演技をしてみたいなと思って。幼稚園の年中さんのとき、お母さんに演技のお仕事をしたいって言いました」

 

ちなみにその時にお母さんが見ていたドラマは「相棒」です。

 

ただし当時はキッズモデルの仕事が中心で、お兄さんも同じ事務所に所属してモデルとして活動していました。

 

そして小学校4年生の時に現在の所属事務所の研音のオーディションに合格して、子役としての活動を開始しています。

 

「最初はモデル事務所に入って活動をしてたんですけど、私が目指してたのは女優さんだったので、小学4年生のとき、演技のお仕事ができる研音に応募しました」

 

小学校6年生の時に連続ドラマの「明日、ママがいない」のオーディションで主要キャストの「ピア美」役を勝ち取っています。

 

「最初は10人で受けてたんですけど、1回目のオーディションで半分以下になって。2回目のときは、ピア美の役をずっと私がやって、もうひとつの役をほかの子たちが交代でやってたので、今思うと、そこで(ピア美役に)決まってたのかも…」

 

ちなみに当時から泣きの演技が得意で、「小さい時は3秒で泣けた」と述べています。

 

その甲斐もあって桜田さんはこのドラマの演技で注目されて、以降は立て続けにテレビドラマや映画に子役として起用されています。

 

 

以上が桜田ひよりさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

人気子役からの脱皮は難しいところ、桜田さんは見事に人気若手女優に成長しました。

 

このところはテレビドラマや映画でも主要キャストとして起用されており、今後は主演作も製作されそうな勢いです。

 

 

子役出身だけあって演技力には定評がありますが、さらに演技を磨けば女優として大ブレイクする可能性も秘めています。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ