桜井日奈子の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

人気女優の桜井日奈子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。部活動に打ち込んだ中学時代、「岡山の奇跡」と呼ばれた高校時代など、学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

桜井日奈子(さくらい ひなこ)

 

桜井

 

199742日生

身長160

血液型はO型

 

岡山県出身の女優、タレント

本名同じ




 

経歴/プロフィールの詳細

 
20147月の「岡山美少女・美人コンテスト」でグランプリを獲得して芸能界入り。 

当初はCMや広告のモデルを中心に活動し、出演した「いい部屋ネット」や「白猫プロジェクト」のCMが話題となる。 

同年7月の「そして、誰もいなくなった」で連続ドラマ初出演。 

10月にも連続ドラマ「ラストコップ」に起用された。

12月にはネットドラマ「恋の503」で主演。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:日本大学 文理学部英文学科 偏差値53(普通)

 

 

 

桜井日奈子さんは高校卒業後は、現役で日本大学の文理学部に入学しました。

 

2016年の2月に自身のブログで私大の受験を報告していましたから、推薦入学などではなく、一般受験で合格したものと思われます。

 

後述するように桜井さんは高校は進学校に通学していましたが、芸能活動をしながらも大学受験であっさりと合格してしまうあたりには、やはりそれなりの頭脳明晰さを感じてしまいます。

 

(大学の入学式・母親と)

 

なおこの大学に合格した際は本人よりも先にお母さんが合格を知ったことを公式ブログに綴っています。

 

「お母さんの反応でなんとなく合格してることを察しました(笑)私よりも誰よりも1番お母さんが喜んでました。塾の送り迎えをしてくれたりとか、夜食準備してくれたりとか、1番近くで支えてくれて、だから合格できたんだろうなって改めて思います お母さんありがとう」

 

大学では文理学部に在籍しており、英文学を専攻しています。

 

桜井さんは高校時代のインタビューで英語を得意科目と述べており、さらに英語力を磨くためにこの学科に進んだようです。

 

また雑誌「With」の読者モデルをしている川北佳純さんも同じ日大の文理学部に通学しており、公式ブログに桜井さんの写真がアップされたこともあり大学進学後に友達になったそうです。

 

他の仲間に富士急ハイランドに行った際にも、桜井さんの写真付きで報告しています。

 

 

仕事で忙しい中でも大学生活を楽しんでいるようです。

 

高校時代に芸能界入りした桜井さんですが、大学時代に女優としてデビューを飾っています。

 

大学1年生の6月には藤原竜也さん主演の連続ドラマ「そして誰もいなくなった」で、いきなり主要キャストとして起用されています。

 

 

また同じ年には唐沢寿明さんと窪田正孝さんがW主演したテレビドラマ「THE LAST COP」にも立て続けに出演しています。

 

 

ちなみにこの作品で共演した女優の武田玲奈さんとはすぐに意気投合して、現在では親友の仲です。

 

武田玲奈の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値と高校時代

 

大学3年生の4月には「マーマレード・ボーイ」で映画にはじめて主演しています(吉沢亮とW主演)。

 

 

さらに大学3年生の1月にはテレビドラマ「僕の初恋を君に捧ぐ」ではじめてヒロインを務めています(主演は野村周平)

 

このように桜井さんは大学時代に話題作の連続ドラマや映画に続々と起用され、瞬く間に人気女優になっています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:岡山一宮高校 偏差値61(やや難関)

 

 

 

桜井日奈子さんの出身校は、県立の共学校の岡山一宮高校です。

 

この高校は1980年開校の比較的新しいこうこうですが、地元では進学校として知られ、難関大学に進学する卒業生も少なくありません。

 

在学中はバスケットボール部に所属しており、芸能活動をおこなう傍ら、学業と部活動を両立させました。

 

「はい。今は3年生なので引退してしまったんですけど、バスケは幼稚園のころからやっているんです。父がバスケのコーチで、兄も弟もバスケをやっていたので家族でやっていて」

 

バスケットボールは家族ぐるみで取り組んでおり、実家の近所の祖母の家の庭にはバスケットゴールも設置されており、そこでシュートの練習をしています。

 

ポジションはガードで、シュートには自信があるとインタビューで話しています。

 

「引退試合の時にフリースローを6本か7本打ったんですけど、全部入れることができました。結果は負けちゃったんですけど、悔いはないです」

 

ちなみに桜井さんは「8×4」のCMに出演した際に、見事なバスケットボールの腕前を披露しています。

 

(CMの演出上、前半はわざと下手にプレーしており、後半の動きが見事です)

 

ただし高校が進学校ということもあって、高校時代の部活動の練習時間は1日1時間程度だったそうです。

 

「私は進学校ということもあって、1日1時間練習ができれば満足というような学校でした。はじめから高校は緩くやろうと思っていましたけど、段々と勝ちにこだわりたくなってきて、「少ない時間の中でどれだけ効率的に練習できるか」という目標を持ってみんなで取り組んでいました」

 

本人も「バスケ部で過ごした時間が高校での最高の思い出」と語っており、親や先生、友達などに感謝の言葉を贈っています。

 

 

健気な彼女ですが、高校生活はかなり充実したものだったようです。

 

そして高校2年生の7月に岡山市で開催された「岡山美少女・美人コンテスト」の「美少女グランプリ」に輝いて芸能界入りしています。

 

 

 

実は桜井さんはこのコンテストに出場するまで芸能界に興味はなく、友達と一緒にディズニーランドにいくために応募したそうです(コンテストにはディズニーランドに行ける賞があった)。

 

「そうなんです。『ディズニーランド行きたいな』って提案されて。それでもし、その賞がとれたらびっくりさせられるかなと思って、みんなに内緒で応募しました」

 

なおオーディションの際も歌やダンスで自己アピールする出場者が多い中、桜井さんは得意のバスケットのドリブルを披露したことをインタビューで話しています。

 

「私は本当は30秒間、自己紹介で終わろうと思っていたんですが、それじゃあつまらないなと思い直して、急いでお母さんに「バスケットボール持って来て」って電話でお願いしました。その30秒間に自分は何ができるかなって考えたら、ドリブルがいいかなと(笑)。ヒールをはいて、ドレスを着てドリブルしたんです」

 

高校3年生の時から本格的に芸能活動を開始しています。

 

そしてその年の5月に出演した「LINE MUSIC」のCMで美少女ぶりがSNSを中心に話題になって、「岡山の奇跡」のキャッチフレーズで大きな注目を集めました。

 

 

またその当時は芸能界での夢を「女優」としています。

 

ただし桜井さんは高校時代はあくまでも「学業優先」のスタンスで、広告やCMの仕事が中心でした。

 

桜井 高校

 

そのため仕事のたびに上京する生活をしていました。

 

ただし高校時代は芸能界の仕事を抑えていたので、学校生活もほとんど変わらなかったと述べています。

 

「学校での生活はほとんど変わっていないんです。もっと騒がれるかなと思ったんですけど(微笑)。でもほんとに何もなくて」

 

受験期間は塾にも通学しており、しっかりと勉強したお陰で大学も現役で合格しています。

 

 

部活動と学業に打ち込んで充実した高校時代を送ったようですね。

 

ちなみに意外にも桜井さんはずっとバスケットボールに打ち込んでいたことから、高校時代までファッションやおしゃれにはまったくといっていいほど興味がなかったそうです。

 

そのため服は主に兄からのお下がりで、ファッション誌などを読むこともなかったとのこと。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:岡山市立吉備中学校 偏差値なし

 

 

 

桜井日奈子さんの出身中学校は、地元岡山市内の公立校の吉備(きび)中学校です。

 

中学校時代もバスケットボール部に所属して、部活動に打ち込んでいました。

 

 

桜井さんは中学校時代はバスケ部のキャプテンに自ら立候補して務めています。

 

中学時代は結構ガッツリやっていて、遠征なども行っていましたね。当時は「話し合いでキャプテンを決めよう」ということで、私が立候補してキャプテンをやりましたが向いてなかったなって(笑)

 

ただしキャプテンとしては「まとめる力がなかった」と当時を振り返っています。

 

「キャプテンとしてチームをまとめる器がなかったなと。ピンチになると自分のことしか考えられなくて、みんなを気にかけることができなかったです」

 

さらに中学校時代の最後の試合がバスケ人生のなかで、一番悔いの残った試合だとも話しています。

 

「最後の大会で「勝てるだろう」と思っていたチームに負けちゃったんですけど、その負け方が残り30秒で逆転されるという大逆転負けでした。そのとき逆転された時点で、諦めていた自分がいたんですよ。「もう絶対無理じゃん」って半泣きになって。諦めムードがキャプテンの自分から出ていたら周りに伝染してしまいますし、「何であのとき、もうひと踏ん張りしなかったのだろう」って、今でもその悔しい気持ちを思いだしてしまいます。私のバスケ人生で一番悔いが残った試合です」

 

とは言え中学校時代がもっともバスケットボールに打ち込んだそうで、部活動が青春だったと話すほどです。

 

 

そんな中でも前記のような進学校に進んでいますから、文武両道型の生徒だったようですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:岡山市立吉備小学校

 

 

 

桜井日奈子さんの出身小学校は、地元岡山市内の公立校の吉備小学校です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です。

 

 

父親がバスケットボールのコーチをしていたことから、幼稚園の頃からバスケットボールをはじめています。

 

「父がバスケットのコーチをしているということもあり、幼稚園の頃から始めていました。当時ミニバスのコーチをしていた父に早くから(ミニバスの)チームに入れてもらって、幼稚園から高校3年生までの13年間はずっとバスケをしていましたね」

 

また父親の指導は厳しく、幼い頃から礼儀やマナーなどを叩きこまれており、時には正座をして怒られたそうです。

 

さらに当時の桜井家にはお父さんが作った次のような家訓があったことをバラエティ番組「今夜くらべてみました」に出演した際に明らかにしています。

 

1、外食時には大きな声でお礼を言う

外食した時は「ごちそうさまです。美味しかったです」と奥にいる店員まで聞こえる大きな声量で言う。声が小さいと「聞こえるまで言いなさい」と聞こえるまで続けさせる

 

2、休日は家族で秘密の特訓

休日は、父と兄と弟の4人で秘密の特訓内容は、ひたすら腹筋、背筋、腕立て伏せをやる

 

 

ちなみにこの秘密特訓の成果で小学校時代から桜井さんの腹筋はバッキバキになったそうで、クラスの男子にそのことを自慢したら、あだ名が「キン肉マン」になってしまったとのエピソードも残っています。

 

また声出しをおこなっており、大切な仕事や気合を入れたいときは大声を出していると話しています。

 

加えてこのような感じで育てられたことやきょうだいが男の子だったことから、桜井さんは子供の頃から男勝りな性格で、小学校時代から女の子がやるような遊びはせずに「仮面ライダーごっこ」などが大好きだったと述べています。

 

かなりの美貌で頭脳明晰な桜井さんですが、それでいてその素顔はかなりの体育会系のようですね。

 

さらに小学校時代からアクティブだったため、小学校の先生からは「猪突猛進」だと言われています。

 

以上が桜井日奈子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代には「岡山の奇跡」として注目を集めましたが、大学進学後に女優デビューを果たすと話題作の連続ドラマや映画に立て続けに起用されています。

 

 

そのためあれよあれよといううちに人気の若手女優となりましたが、主演作が制作されるほど高い人気を誇っています。

 

演技力にさらに磨きをかければ、女優として大きく成長するかもしれませんし、ブレイクの予感もします。

 

年齢的にも伸び盛りですから、彼女の頑張りにも期待です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ