ザブングル加藤歩の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

加藤歩(かとう あゆむ)

 

 

19741026日生

身長172㎝、体重64kg

 

三重県四日市市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「ザブングル」のボケ担当

本名同じ

 

以下ではザブングル加藤歩さんの高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:名古屋商科大学 偏差値35(かなり容易)

 

 

加藤歩さんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て名古屋商科大学に進学しています。

 

この大学は商学部と経営学部のみを設置している大学で、加藤さんがいずれの学部に在籍したかは不明ですが、いずれの学部も偏差値は35程度です。

 

加藤さんは大学時代にお笑い芸人を志しています。

 

ただし加藤さんの大学時代の情報はほとんど見当たらず、学生生活の詳細などは不明です。

 

25歳の時に現在の相方の松尾陽介さんとお笑いコンビ「ザブングル」を結成しますが、下積み生活も長く続きます。

 

 

鳴かず飛ばずの時代が長く続いていますが、そんな時にも加藤さんは「絶対にいける!」と思っていたことをインタビューで述べています。

 

そんな心意気もあって33歳だった2007年にコンビは「M-1グランプリ」の決勝に進出(優勝はサンドウィッチマン)。

 

 

キャッチフレーズの「奇跡の顔面」とネタもウケて、翌年にはテレビ番組への出演が飛躍的に増えたことを述べています。

 

 

以降は大ブレイクこそありませんが、コンビや単独で数多くのテレビ番組に出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:三重県 四日市四郷高校 普通科 偏差値40(容易)

 

 

ザブングル加藤歩さんの出身高校は、県立の共学校の四日市四郷(よごう)高校です。

 

この高校は現在は普通科に加えてスポーツ科学コース(偏差値39)を設置していますが、加藤さんが在学中は普通科のみの設置でした。

 

また同校はスポーツが盛んで、ハンドボール部や体操部、レスリング部などが県内でも強豪として知られいます。

 

加藤さんは高校時代はモテたいがためにハンドボール部に入部しています。

 

しかし元来の運動神経の良さを発揮してハンドボール部では主力選手として活躍し、チームも県大会のベスト4に進出したほどです。

 

そのため加藤さんは高校時代は「部活しかしなかった」と話しており、大学入学後も1浪後となったようです。

 

また中学校時代までは太っており丸顔でしたが、厳しい練習の結果、顔のエラが出てきたとのこと。

 

強烈な顔のイメージで売っている加藤さんですが、人気芸人になれたのは高校時代のハンドボール部の練習にあったとも言えそうですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:三重県 四日市市立南中学校 偏差値なし

 

 

ザブングル加藤歩さんの出身中学校は、地元の四日市市内の公立校の南中学校です。

 

中学時代に「ヤンキー」と呼ばれていた生徒に脅されて、それがトラウマになっていると話しています。

 

また実家は「敬文堂」という三重県内でも有数の書店チェーンを経営していましたが、加藤さんが中学2年生の時に倒産しています。

 

加藤さん自身もこのことに関しては「まだバブルの時代にオヤジが(会社を)潰しよった」とバラエティー番組内で話しています。

 

なお運動神経のよさで知られる加藤さんですが、中学時代の部活動の詳細などは不明です。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:三重県 四日市市立中央小学校

 

 

ザブングル加藤歩さんの出身小学校は、地元四日市市内の公立校の中央小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

父親が日本将棋連盟の指導員の資格を有するほど将棋好きだったことから、「歩」と命名されています。

 

加藤さんも小学校時代から将棋が好きでした。

 

実家の会社が倒産するまでは、3階建ての部屋数20という豪邸に住んでいました。

 

また小学校時代に大きな壺から現金を鷲づかみにしたエピソードもバラエティー番組で明らかにしています。

 

以上が加藤歩さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「カッチカチやで!」などのギャグで売れっ子になった後は、様々なバラエティー番組に出演しています。

 

 

またその個性的な容姿を活かして俳優としても活動しており、「相棒」や「35歳の高校生」、「科捜研の女」などの人気ドラマにも出演しています。

 

 

何よりも個性が光る数少ない芸人ですから、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ