河合優実の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|勉強が得意で進学校に通っていた!

 

女優の河合優実さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は河合さんは勉強も得意で、高校は進学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

河合優実(かわい ゆうみ)

 

 

2000年12月19日生

身長166㎝

 

東京都出身の女優

本名は孫優実

 

以下では河合優実さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

河合優実の学歴~出身大学(日本大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学科演劇学科(中退) 偏差値50(普通)

 

 

 

河合優実さんは高校卒業後は、私立大の日本大学に進学をしています。

 

在籍したのは芸術学部で、演劇を専攻していました。

 

 

女優の見上愛さんは、同じ大学学部学科の同学年に在籍していました。

 

このことについて河合さんはインタビューでは次のように話しています。

 

「同じ学校で同じく演劇を学んでいます。プライベートでも仲がいいので」

 

またこの大学に進学をした理由についてはインタビューで次のように話しています。

 

「物心ついたときから絵を描くのが好きだったので、例えば舞台美術を学ぶとか、役者でなくてもエンターテイメントや芸術に関わるような学部に通いながら、映画や舞台のオーディションを受けたらいいかなと思っていたんです。でも高校3年生の夏休みの終わりというギリギリのタイミングで、『やっぱりお芝居に賭けよう!』みたいなものがあって、演技コースのある大学に行きました。」

 

 

しかし河合さんは大学3年生だった2021年に大学を中退をしており、その理由については次のように話しています。

 

「コロナ禍が大きかったです。実習ができる演技の大学を選んだのですが、授業が全部リモートになってしまって。学校じゃないと学べないこともあるなと改めて思うんですが、また勉強したいって思うタイミングが来たらでいいかなと思って、今は現場で頑張ろうと思います。」

 

とは言えこの年に連続ドラマ「さまよう刃」にレギュラー出演しています。

 

 

またこの年には映画「由宇子の天秤」の演技が評価されて、高崎映画祭やヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受賞しています。

 

 

 

この映画で女優として注目されたことから、「任天堂」や「木下不動産」などのCMにも起用されています。

 

 

メディアへの出演も急増しています。

 

 

今後は出演作も増えていきそうなので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

河合優実の学歴~出身高校(都立国際高校)の詳細

 

出身高校:東京都 都立国際高校 国際学科 偏差値68(難関)

 

 

 

河合優実さんの出身高校は、都立の共学校の国際高校です。

 

この高校は1989年開校の都立高校で、都立高校で唯一の国際学科を設置しており語学教育に定評があります。

 

河合さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

なお河合さんは出身高校を明らかにしていませんが、高校2年生の時にエッセイコンテストに入賞しており、当時の記録が残っていたことからこの高校の出身者であることが判明しています。

 

高校時代はダンス部に在籍をしていました。

 

 

河合さんはこの高校について「キャンプや体育祭などの行事でも踊っていて。ダンスが好きじゃない子はちょっとしんどい学校だったかもしれません。」と話していました。

 

高校時代はダンス部で大会にも出場をしており、インタビューでは次のように話しています。

 

「高校時代に部活単位で出ていました。でも大会にバリバリ出るタイプの部活ではなくて、どちらかというと年に何回かある校内のステージを大事にしていました。80人くらいの大所帯の部活で、音にも衣装にもこだわっていました。」

 

ダンス部で活動をしているうちに演技の世界に興味を持ちはじめており、インタビューでは次のように話しています。

 

「はじめは『役者になりたい』というより、漠然と『表現の仕事がしたい』と思っていたんです。それは高校でダンス部に入ったことが大きかったと思います。私が入ったダンス部は、自分たちでダンスの構成や振り付けをゼロから作ることが多かったんです。そこで作ったものを舞台で踊ることで、『何かを作って、人に見てもらう楽しさ』を知ることができて。高1のうちには『将来は人の心を動かせるようになりたい』と思うようになってました。」

 

当初は家族もお芝居をすることについて賛成をしてくれていましたが、進路を一般の大学から演技の大学に変更することを話すと反対しはじめたといいます。

 

河合さんは当時のことについては次のように話しています。

 

「進路を一般の大学から演技の大学に変える、事務所を探し始めると言い出した頃から、家族も『ちょっと待って、本気で言ってるの?』という空気になり始め、若干揉めました。『私は役者になりたいんです!』みたいな話をするのが恥ずかしくて、事後報告でいいやと思って勝手に事務所を決めちゃって、もう行動で説得しました。」

 

高校3年生だった2019年2月に、現在の所属事務所に入っています。

 

 

そして同じ月にa flood of circleの「Center Of The Earth」のミュージックビデオでデビューを果たしました。

 

 

【主な卒業生】

ホラン千秋(タレント)

小川紗良(女優)

水野真裕美(アナウンサー)

KREVA(ラッパー)

藤岡みなみ(タレント)

 

スポンサードリンク

 

河合優実の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

河合優実さんの出身中学校は、地元東京都練馬区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

出身小学校は判明していますが、進学先の中学校は3校あるのでこのうちのいずれかの可能性が高そうです。

 

練馬区立練馬中学校

練馬区立谷原中学校

練馬区立光が丘第二中学校

 

中学時代はバスケットボール部に在籍をしていました。

 

ちなみに中学でもダンス部に入部しようと思っていましたが進学先の中学校にダンス部がなかったことから、仕方なくバスケットボール部に入部しています。

 

河合さんはダンスやバスケットボールをやっていましたが、実は運動は苦手でインタビューで次のように話していました。

 

「中学時代はバスケ部だったんですけど、ダンスとバスケをやったおかげで、やっと人並みになれたといってもいいくらいで、それまでは体力テストなんかは全部Cでした(笑)。ダンスを通して、振付を真似したり、人に言われたことを吸収して体で表現するということを鍛えられたかなと思います。」

 

また学生時代は社交的な性格ではなく、母親に心配されたこともありました。

 

河合さんは自身の性格については次のように話しています。

 

「どっちかといえば根は内向的なタイプだったと思います。昔から人見知りではなかったんですけど、自分からめちゃくちゃ積極的に友達を作りに行くほうでもないし、ひとりだけ別行動をするのが好きなコでしたし。」

 

河合優実の学歴~出身小学校(練馬区立高松小学校)の詳細

 

 

出身小学校:東京都 練馬区立高松小学校

 

 

 

河合優実さんの出身小学校は、地元練馬区内の公立校の高松小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族のようです。

 

河合さんは小学3年生のときに妹の影響でダンスをはじめており、当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「妹がバレエをやっていたので、私もやってみたくなって、同じダンススタジオのバレエの体験教室に行ったんです。でも自分にはバレエが合わなくて、キッズダンスという括りだったんですけど、ヒップホップっぽいものから始めました。」

 

また子供の頃から人前で披露をすることが好きだったようで、インタビューでは次のように振り返っていました。

 

「お盆に親戚の家に行くと、一芸をしなきゃいけないというルールがあって、できないとご飯が食べられないんです(笑)。小さい頃から、お母さんに『世界に一つだけの花』の手話と歌を仕込まれていました。身内のレベルではありますが、人前に出て芸をするようなことは小さい頃から身近にありました。」

 

以上が河合優実さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代の終盤にデビューしていますが、女優としては順調にキャリアを重ねています。

 

2021年に映画「由宇子の天秤」で注目されたことから、今後は話題作のテレビドラマや映画に起用されそうですね。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ