山里亮太の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

人気お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。本格的にお笑い芸人を目指した大学時代や部活動に打ち込んだ高校時代など、学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

山里亮太(やまざと りょうた)

 

04

 

1977414日生

身長178㎝ 80kg

血液型はAB型

 

千葉県出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のツッコミ担当

本名同じ

 

以下では山里亮太さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1999年に吉本総合芸能学院(NSC)に第22期生として入校 

卒業後は「侍パンチ」や「足軽エンペラー」を経て、2003年に山崎静代とお笑いコンビ「南海キャンディーズ」を結成。 

2004年に無名ながらもM-1グランプリの決勝に進出して、メディアの露出が大幅に増える。 

2006年のドラマ「アテンションプリーズ」で俳優デビューし、「まるまるちびまる子ちゃん」や「パパドル!」などのドラマにも出演している。

コンビでの活動のほかにも、「スッキリ!!」や「ヒルナンデス!」、「ナカイの窓」などの情報番組やバラエティー番組への出演が多い。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:関西大学 法学部 偏差値55(中の上)

 

 

 

山里亮太さんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て関西大学に進学します。

 

実は当初はお笑い芸人を目指すために吉本総合芸能学院(NSC)に入校するつもりでしたが、母親に反対されています。

 

ただし「大阪の人10人に聞いて10人がいいと言う大学に合格したら、吉本の学校に行かしてあげる」ということで「関関同立」レベルの大学へ合格する決意をしています。

 

後述するように高校時代はバスケットボールに熱中していたことから勉強しておらず成績も悪かったのですが、浪人時代はかなり勉強しています。

 

その甲斐もあって山里さんは関西の名門私大の関西大学に合格しています。

 

 

山里さんは大学時代は学生寮に入寮して、キャンパスライフを楽しんだことをインタビューで述べています。

 

「大学では学生寮に入ったんですけど、寮の仲間と過ごした毎日が楽しかったですね。大学生活が楽しすぎて、1回お笑いから遠ざかりそうになったぐらい。お祭りやダンスパーティーを寮で開いたり、学園祭でみんなべろべろ酔いながら肩組んで学歌を歌ったり。合コンや飲み会もあって、これぞキャンパスライフっていうようなキャンパスライフでした」

 

また大学時代はバスケットボールサークルに入部しています。

 

大学時代は歌手の矢井田瞳さんと同級生で、矢井田さんは既に歌手デビューしていたことから、「大学時代、めっちゃ格好良くて有名でした」と述べています。

 

大学3年生の時にNSCに入校し、キングコングやなかやまきんに君が同期です。

 

また入校した年からお笑いコンビでの活動も開始しますが、相次ぐコンビの解散など滑り出しはあまりよくありませんでした。

 

しかしNSCの卒業から3年後に山崎静代さんと「南海キャンディーズ」を結成すると、翌年にはいきなりM-1グランプリの決勝に進出して注目されます。

 

 

その後は快進撃を続け、現在では人気と実力を兼ね備えたコンビとして知られています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉経済大学附属高校 偏差値51(普通)

 

 

 

山里亮太さんの出身校は、私立の共学校の千葉経済大学附属高校です。

 

同校は硬式野球部が県内では強豪として知られ、多くのプロ野球選手を輩出しています。

 

山里さんは第一志望は公立校でしたが、その高校の受験に失敗して滑り止めだったこの高校に進学しています。

 

子供の頃から運動神経がよく、高校時代はバスケットボール部に在籍しています。

 

練習は1日も休まずに真面目に打ち込みましたが、レベルが高かったことからレギュラーにはなれませんでした。

 

また当時は薬剤師に憧れていましたが、高校2年生の時に好きな女子が文系志望だったので、山里さんも文系に変更したことから、薬剤師になることは断念しています。

 

加えて高校時代に周囲から「面白い」と言われたことに感化されて、お笑い芸人になることを決意しています。

 

なお「女子にモテたい」という気持ちもお笑い芸人を目指した動機のひとつだったそうです。

 

そして現役時代は関関同立レベルの大学を中心に10校(学部違いも含めて)ほど大学を受験していますが、全滅に終わっています。

 

ところがこの際の大学の受験料30万円は3歳年上のアルバイトをしていた兄が出していたことをインタビューで明らかにしています。

 

「親としては、この3年間の生活を見ているので「今年は絶対無理だ。無駄金になる」と受験をあまりさせないつもりだったみたいなんです。でも、3歳年上の兄貴が「ひょっとしたら受かるから」って、自分の貯金30万円を全部引き出して、僕の受けた10回分の受験料を出してくれたんです」

 

そのため山里さんは意識が変わり、東進ハイスクール千葉校で過ごした浪人時代は勉強に明け暮れています。

 

朝の7時から9時までは予備校の費用を一部ねん出するためにティッシュ配りのアルバイトをして、そこから予備校に通学して自宅でも夜の11時くらいまで毎日勉強をしています。

 

また当時は同じ高校の出身者でアルバイトも一緒の慶応義塾大学を目指している友人がおり、彼が非常に頑張ったことから大きな刺激を受けたとも述べています。

 

【主な卒業生】

忍足修吾(俳優・中退)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉市立さつきが丘中学校 偏差値なし

 

 

 

山里亮太さんの出身中学校は、地元千葉市内の公立校のさつきが丘中学校です。

 

中学校時代もバスケットボール部に在籍しています。

 

05

 

中学時代は成績がよかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「僕、中学生の時すごい優秀な成績だったんですよ。相性のいい個人塾に通って。千葉県で上位の高校に受験できるぐらいでした」

 

しかし中学3年生頃に好きな女子が通学している進学塾に移りましたが自身に合わずに、成績が落ちていったことを明らかにしています。

 

高校時代も好きな女子のために薬剤師の道を断念するなど、学生時代の山里さんはどうも好きな女子の影響をかなり受けたようですね。

 

そのため高校受験に失敗して、第一志望の高校には進学できませんでした。

 

ちなみに中学時代の山里さんは女子にまったくモテませんでしたが、女子たちのトランプの罰ゲームでファーストキスを経験しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:千葉市立さつきが丘東小学校

 

 

 

山里亮太さんの出身小学校は、地元千葉市内の公立校のさつきが丘東小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

父親は元プロボクサーのサラリーマンで、母親は元スケバンという家庭に育っています。

 

そのため山里さんは子供の頃は非常にやんちゃでした。

 

小学校時代は学校一の問題児で先生の言うことも聞かなかったことから、何度も親が学校に呼び出されたほどです。

 

小学校時代は女子にモテる同級生のサッカーボールを彫刻刀で刺して、困っているところを助けるといった「自作自演」で女子にモテようとしたあざといエピソードも残っています。

 

ただし当時から勉強もスポーツも得意な文武両道型の生徒でした。

 

以上が山里亮太さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

芸人デビュー後は下積み生活も経験していますが、26歳の時に山崎静代さんと南海キャンディーズを結成すると瞬く間にブレイクして、人気お笑いコンビになっています。

 

 

また2019年6月には女優の蒼井優さんと結婚し、プライベートも充実しているようです。

 

 

蒼井優の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代や経歴

 

コンビでの活動のほかにも、MCや司会としても数多くの番組に起用されており、今後の活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ