日向坂46金村美玖の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

金村美玖(かねむら みく)

 

 

2002910日生

身長162

血液型はO

 

埼玉県出身の歌手、タレント

日向坂46(けやき坂46)のメンバー

本名同じ

 

以下では金村美玖さんの学歴や出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身高校

 

出身高校:獨協埼玉高校 偏差値66(難関)

 

 

 

金村美玖さんが入学したのは、私立の共学校の獨協埼玉高校です。

 

この高校は獨協大学の系列校ですが、獨協大学よりも他の難関大学に進学する卒業生が多いことで知られています。

 

この高校の2018年の主な進学実績は次のとおり。

 

立教大学:33

法政大学:28

学習院大学:21

東京理科大学:14

上智大学:8

早稲田大学:7

 

金村さんは一般受験でこの高校に入学したのではなく、系列の中学校からの内部進学です。

 

高校1年生の9月に同じくけやき坂46のメンバーの渡邉美穂さんと丹生明里さんとともに、地元である埼玉県警の1日交通部長に就任しています。

 

 

また高校時代も中学時代に引き続き、「ひらがな推し」や「KEYABONGO!」などのバラエティー番組に出演しています。

 

 

ただし金村さんは既にこの高校を退学しているという情報がツイッターにありました。

 

 

もしこの情報が真実ならば、通信制の高校や芸能コースのある高校への転校した可能性が高そうです。

 

所属するけやき坂4620192月に日向坂46に改名したことで、今後はグループ活動も活性化することが予想されますから、このあたりは気になります。

 

【主な卒業生】

板倉俊之(インパルス)

並木万里菜(アナウンサー)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:獨協埼玉中学校 偏差値58(中の上)

 

 

 

金村美玖さんの出身中学校は、私立の共学校の獨協埼玉中学校です。

 

この学校は埼玉県越谷市にある獨協埼玉高校に併設している系列中学校です。

 

金村さんはこの中学校に中学受験をして進学しています。

 

また金村さんは出身校を明らかにしていませんが、この学校のパンフレットに掲載されたことがあるので、出身校が特定されてしまいました。

 

 

学校案内のパンフレットに掲載されるほどですから、校内では目立つ生徒だったはず。

 

またパンフレットによれば中学時代は吹奏楽部に所属しており、アルトサックスを担当しています。

 

中学3年生の8月にけやき坂46の第2期生オーディションに合格していますが、オーディションを受けたきっかけは欅坂46や乃木坂46が好きで、DVDなどを見て憧れていたからとインタビューで話しています。

 

 

ただしオーディションを受けたのはこの時がはじめてだったとのこと。

 

そしてこの年の10月の「欅って、書けない?」でテレビに初出演しています。

 

 

本人はあまり勉強は得意でなく、得意科目は音楽と言っていますが、出身校のレベルなどを考えればかなり謙遜していますね。

 

なおこれらに加えて中学時代は「モテなかった」と話していますが、学校のパンフレットに起用されていることや金村さんの謙虚な性格を考えれば、こちらのコメントも割引が必要かもしれません。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:不明

 

金村美玖さんの出身小学校は不明です。

 

地元は越谷市とされていることから、越谷市内の公立小学校が有力ですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族で、本人によれば「普通の家庭」に育ったとのこと。

 

幼稚園時代からかなり負けず嫌いな性格で、かけっこなどの競争で負けたら悔し泣きをしていたほどです。

 

3歳の頃からクラシックバレエを、5歳の頃からピアノを習っており、どちらも小学校5年生の頃まで続けています。

 

バレエをはじめたのはバレエ経験がある親の影響でしたが、あまり上達せずに賞をとれるほどでもなかったので、他に向いていることがあるんじゃないかと考えて辞めてしまったとインタビューで語っています。

 

また小学校時代は活発で、兄の影響で「男の子みたいな子だった」と話しています。

 

以上が金村美玖さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

けやき坂46では最年少メンバーで加入当初から注目されています。

 

 

また性格がよいことで知られており、握手会での対応も非常に好評です。

 

金村さんは学校の都合などもあることからまだ活動は限定的ですが、今後は徐々にメディアへの露出も増えていきそうです。

 

更なる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ