ハナコ秋山寛貴の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

秋山寛貴(あきやま ひろき)

 

 

1991920日生

身長163㎝、体重58kg

 

岡山県岡山市出身のお笑いタレント

本名同じ

お笑いコンビ「ハナコ」のツッコミ担当

 

以下ではハナコ秋山寛貴さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 




 

経歴

 

20104月にワタナベコメディースクール(WCS)に第12期生として入校。 

当初はWCS同期の菊田竜大とお笑いコンビ「ウェストミンスター」として活動。 

2014年に同じくWCS同期の岡部大が加入してトリオとなり、トリオ名を「ハナコ」に変更。 

2017年の「ABCお笑いグランプリ」で決勝に進出。 

2018年の「キングオブコント」で優勝。 

以降は出演番組が大幅に増えて、「ダウンタウンなう」や「エンタの神様」、「スカッとジャパン」などのバラエティー番組に出演。

 

秋山寛貴の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:進学せず

 

「ハナコ」秋山寛貴さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

「ハナコ」の他のメンバーの岡部さん(早稲田大学卒)や菊田さん(法政大学卒)が大卒なので、秋山さんも大学卒業と思われがちですが高卒です。

 

秋山さんは高校卒業後にお笑い芸人を目指して、ワタナベコメディスクール(WCS)に入所しています。

 

WCSの同期には岡部さんや菊田さんのほか、「エイトブリッジ」や「クマムシ」がいます。

 

WCSに入校以降は菊田さんと「ウェストミンスター」というコンビを組んでいましたが、オーディションライブに2年間通った末に事務所に所属することができています。

 

 

また結成4年目の2014年に岡部さんが加入してトリオになっていますが、最初の1か月間は試用期間でした。

 

 

すると2018年の「キングオブコント」で優勝して、「ハナコ」は大ブレイクしています。

 

 

ちなみに下積み時代は築地市場の塩屋でアルバイトをしており、「キングオブコント」で優勝をするまでは、お笑い芸人としての月収は「12万円」だったことを明らかにしています。

 

秋山寛貴の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:岡山県 総社南高校 普通科美術工芸コース 偏差値50(普通)

 

 

 

秋山寛貴さんの出身校は、県立の共学校の総社(そうじゃ)南高校です。

 

この高校は1986年開校の比較的新しい高校で、普通科(偏差値50)のほか普通科美術工芸コース(同50)、普通科国際コース(53)の3つの学科を設置しています。

 

秋山さんが在籍したのは美術工芸コースで、美術系の大学や専門学校に進学するために必要な基礎能力を身に着けることを目的として教育がおこなわれます。

 

どうやら秋山さんも当初は美術系やデザイン系の大学などを進路に考えていたようです。

 

しかし高校時代に同級生とお笑いコンビ「ハイタッチ」を組んで「M1-甲子園」に出場したところ、結果はダメでしたが初めて人前で漫才をする楽しさを知って、将来の選択肢に芸人が加わったとインタビューで話しています。

 

 

剣道部に所属しており、二段の段位も取得しています。

 

高校3年生の時にワタナベエンターテインメントが主宰する高校生オーディションを見学するつもりで参加したら合格してしまったので、大学には進学しないでお笑い芸人を目指す決意をしています。

 

そのため高校卒業後はWCSに入校しており、大学へ進学していません

 

スポンサードリンク

 

秋山寛貴の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:岡山県 岡山市立高松中学校 偏差値なし

 

 

 

秋山寛貴さんの出身中学校は、地元岡山市の公立校の高松中学校です。

 

中学時代までは高松剣道スポーツ少年団に所属して、剣道に取り組んでいました。

 

また中学生時代までに見た「M-1グランプリ」や「笑う犬シリーズ」、「Mr.ビーン」などがお笑いに目覚めるきっかけだったとインタビューで話しています。

 

スポンサードリンク

 

秋山寛貴の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:岡山県 岡山市立庄内小学校

 

 

秋山寛貴さんの出身小学校は、地元岡山市の庄内小学校です。

 

 

実家は岡山市北区で「ゆずせんべい長栄堂」という土産店を経営しており、実家の校区から出身小学校が判明しています。

 

 

ただし残念ながら秋山さんの小学生時代の情報はありませんでした。

 

以上がハナコ秋山寛貴さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校卒業後からお笑い芸人の道を進みますが、8年目にしてキングオブコントで優勝して、苦労が報われました。

 

以降はバラエティー番組や情報番組などに引っ張りだこですから、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ