江口のりこの学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値|中卒だった!

 

女優の江口のりこさんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は江口さんは中学卒業後は高校に進学しておらず、最終学歴は中卒でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

江口のりこ(えぐち のりこ)

 

 

1980428日生

身長170

血液型はO型

 

兵庫県夢前町(現在は姫路市)出身の女優

本名及び旧芸名は江口徳子(とくこ)




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1999年に劇団東京乾電池の研究生となって、翌年に正式に入団。 

 

2001年の「こちら本池上署」でテレビドラマ初出演。 

2002年の「金融破滅ニッポン 桃源郷の人々」で映画初出演。 

2004年の「月とチェリー」で映画初主演。 

2006年のテレビドラマ「時効警察」の演技で注目されて、以降はたびたび連続ドラマにレギュラーとして起用される。 

2010年の「野田ともうします」でテレビドラマ初主演。 

以降も数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は、「マッサン」や「花燃ゆ」、「コウノドリ」など。 

「砂の影」や「ソロモンの偽証」、「あさひなぐ」などの映画にも出演している。

 

江口のりこの学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:進学せず

 

江口のりこさんは中学校を卒業後は、高校に進学していません。

 

そのため最終学歴は中卒でした。

 

江口さんは高校に進学しなかった理由については、インタビューで次のように述べています。

 

「うちは兄弟も多いし、父親は定職につくということができない男だったんですよ。人に使われるのが嫌で、仕事をしてもすぐ辞めちゃう」と前置き。続けて「経済的にも余裕がなくて、お小遣いがなかった。中学を卒業してすぐ働けばお金もあって自分の好きなことが出来るって思ったので」

 

また勉強が面白いとは思わなかったとも述べています。

 

中学卒業後はうどん屋やカラオケ店、喫茶店やパチンコ屋などでアルバイトをしています。

 

ただし家の近くでは中学の同級生と会う可能性があるので、少し離れた場所で働いていました。

 

また江口さんは飽き性でどのアルバイトも長続きせず、1日で辞めたものもありました。

 

ちなみに1日で辞めたのはアイスクリーム店で、やめたのは中学の同級生の女子が店に来たからでした。

 

当時の江口さんはプライドが高かったので、高校も行かずに働いていると思われたくなかったそうです。

 

またバラエティ番組に出演した際には、もっとも長続きしたのがパチンコ屋で2か月半続いたと述べています。

 

ちなみにインターネット上には江口さんはヤンキーとの情報もありますが、ヤンキーだった事実はないようです。

 

フリーター時代は映画館によく通っており、姫路市内のみならず大阪の映画館に行ったことがありました。

 

映画に出演している俳優に影響されて、子供の頃だった夢である女優を目指します。

 

劇団東京乾電池のオーディションを受けて合格し、19歳だった2000年の誕生日に2万円だけ持って上京しています。

 

ちなみに母親に女優を目指すため上京することを述べた際には、その反応は「あっそう」だったとのこと。

 

ただし決して不仲だったわけではなく、放任主義だったそうです。

 

上京後は朝日新聞の新聞販売店に住み込んで、新聞配達の仕事をしていました。

 

「住むところも決めず、わずかなお金を持って上京しました。新聞販売店なら家賃がただで、食事も出るので生活にお金がかからない。新聞配達も自分のペースでできるので合っていましたね。早く終わらせたければ早く配るし、余裕があるときは少しのんびり配る。それに、一括払いの劇団の授業料を販売店の所長に前借りしていたので、転職する選択肢はなかったです」

 

さすがに飽き性の江口さんですが、生活がかかっていたことから新聞配達の仕事は長続きしています。

 

ちなみに当時住んでいた物件は3畳1間の風呂なしでした。

 

研究生を経て2001年に劇団員に昇格しています。

 

 

この頃からテレビドラマにも出演しはじめますが、当初は端役がほとんどでした。

 

26歳だった2006年に出演した時効警察で注目を集めています。

 

 

ちなみ江口さんは翌年まで風呂なしの物件に住んでいました。

 

その後はわき役として、数々の作品に出演しています。

 

 

その他にもバラエティ番組やCMでも活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

江口のりこの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:兵庫県 夢前町立菅野中学校 偏差値なし

※現在は姫路市立菅野中学校

 

 

 

江口のりこさんの出身中学校は、地元兵庫県夢前町内の公立校の菅野(すがの)中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍して、部活動に励んでいます。

 

陸上部では800m走などの中距離走をおこなっていました。

 

「800メートル走で、表彰状もけっこうたくさんもらいました。先生が怖くて、一生懸命やらされていましたね。いつもやめたいと思っていました」

 

中学時代は姫路地区の大会の800m走で3年連続2位になっています。

 

なお意外にも江口さんは走るのは速いのですが、運動は苦手と述べています。

 

中学時代は田舎暮らしだったこともあって、とても退屈だったとインタビューで話しています。

 

そのためテレビで放送している映画にハマったとのこと。

 

また当時の江口さんは布袋寅泰さんの熱狂的なファンでした。

 

なお江口さんは中学時代から勉強が非常に嫌いで、さらに3年間続くことは考えられなかったそうです。

 

ちなみにお兄さんも中卒だったことから、高校に進学しないことについては家族に反対されませんでした。

 

スポンサードリンク

 

江口のりこの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

江口のりこさんの出身小学校は、地元夢前町の公立校のようですが校名などは不明です。

 

なお出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

夢前町立菅生小学校

夢前町立上菅小学校

夢前町立莇野(あぞの)小学校

※現在はいずれも姫路市立

 

家族構成は両親と5人きょうだいの7人家族です。

 

きょうだいの中では4番目で、妹とは双子です。

 

父親は江口さんが子供の頃は金融業を営んでいましたが、その後に職を転々として定職についていない時期もありました。

 

そのため母親も会社員として働いて、家計を助けていました。

 

江口さんは兵庫県明石市で生まれています。

 

小学校に上がる前に加古川市に転居しています。

 

そのため当初は加古川市内の小学校に通学していましたが、校名などは不明です。

 

また当時は県営住宅に住んでいましたが、小学校4年生の時に一軒家を建てた際に夢前町に転居しています。

 

その際には江口さんははじめて自分の四畳半部屋を持てたことから喜んだとのこと。

 

また母親の教育方針で、小学校時代から自分のことは自分でおこなっていたとのこと。

 

そのため早くから自立心が芽生えたそうです。

 

以上が江口のりこさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優デビュー以降は演技力を武器にのし上がってきました。

 

このところは話題作のテレビドラマや映画に起用されるほどの人気女優になっています。

 

 

現在では個性派のバイプレーヤーとして重宝されており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ