米倉涼子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代や経歴

人気女優米倉涼子さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をご紹介します。熱心にバレエに励んだ中学時代や高校時代などの学生時代のエピソードも併せてご紹介します

 

米倉涼子(よねくら りょうこ)

 

%e7%b1%b3%e5%80%89

 

197581日生

168cm

血液型はB型

 

神奈川県出身の女優

本名同じ

 

以下では米倉涼子さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
17歳:1992年に国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し、芸能界入り。 

18歳:1993年にモデルデビューし、「CanCam」などのファッション誌に出演。 

21歳:1996年にはユニチカとキリンビールのキャンペーンガールに起用される。 

23歳:1999年に女優宣言し、翌年のテレビドラマ「恋の神様」で女優デビュー。

26歳:2001年には映画「ダンボールハウスガール」で初主演。 

27歳:2002年の「整形美人。」で連続ドラマ初主演。 

29歳:2004年に出演した「黒革の手帖」の悪女ぶりが話題となる。 

37歳:2012年には主演作「CHICAGO」で本場ブロードウェイでデビュー 

39歳:私生活では201412月に2歳年下の一般人男性と結婚したが、2016年に離婚。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 旭高校 偏差値46(容易)

 

 

米倉涼子さんの出身校は横浜市にある県立の共学校の旭高校。

 

同校はサッカー部が全国的な強豪で、部活動が盛んなことで知られています。

 

女優の須藤理彩さんもこの高校の卒業生です。

 

米倉さんは高校時代は部活動はおこなっていませんでしたが、バレエに熱心に取り組んでおり、インタビューでも次のように話しています。

 

「20才くらいまでバレエ漬けの毎日で、夏休みに海や山に行った経験もなくて。だから今でも泳げないんです(笑い)。でも練習やお稽古がないといいものができないという計算式はバレエで培ったものから学びましたね」

 

当時は名門バレエ団の谷桃子バレエ団にも通っており、コンクールにも出場するほどの腕前でした。

 

 

そして高校2年生の時に友人の推薦で国民的美少女コンテストに出場したところ、ファイナリストとなって審査員特別賞を受賞しています。

 

 

ちなみにこのコンテストのグランプリは女優の佐藤藍子さんで、タレントの鈴木紗理奈さんも演技部門賞を受賞しています。

 

(左から鈴木紗理奈、田中千鶴、佐藤藍子、谷あい、米倉涼子)

 

そして米倉さんは高校3年生の頃にファッションモデルとしてデビューを飾っています。

 

(デビュー当時)

 

ちなみに当時の米倉さんの制服姿などはありませんが、38歳の時に出演したテレビドラマ「35歳の高校生」では女子高生役を演じて制服姿を披露して話題になりました。

 

(35歳の高校生)

 

そして米倉涼子さんは高校卒業後は、大学に進学していません

 

当時は英語の専門学校かトリマーの専門学校に通おうとも思っていましたが、仕事が多忙だったことから芸能活動に専念しています。

 

「学生の時はトリマーになりたいと思っていました。バレリーナにもなりたかったけど、途中で無理だろうなと思ったし。留学もしたかったです」

 

20歳の時に「CanCom」の専属モデルに起用されると、人気ファッションモデルの仲間入りを果たしています。

 

 

当時の「CanCom」には藤原紀香さんや長谷川京子さんといった人気モデルが在籍していましたが、米倉さんもこの2人と肩を並べるほどの人気を誇っていました。

 

(長谷川京子と)

 

ちなみに米倉さんは「CanCam」のモデル時代に、山田優さんら明石家さんまさんやくりぃーむしちゅーの有田哲平さんらお笑い芸人たちと合コンをしたことがあることをバラエティー番組で明らかにしています。

 

さらに21歳の時にはユニチカとキリンビールのキャンペーンガールに起用されたことで、モデルとしての人気を不動のものにします。

 

 

しかし米倉さんはファッションモデルとして人気絶頂だった23歳の時に女優宣言をして、「CanCam」を卒業しています。

 

その後の米倉さんの女優としての活躍は周知の通りですが、米倉さんが女優転向したきっかけはドラマ「非婚家族」で共演し演技を指導してくれた真田広之さんの影響が大きく、当時は「真田広之のような芝居の好きな役者になりたい」と語っています。

 

(非婚家族:左から米倉涼子、真田広之、鈴木京香)

 

また女優宣言した際には所属事務所の社長と「3年以内で主演をとろう」と目標を定めていますが、女優転向からちょうど3年目に「整形美人。」で連続ドラマで初主演しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立南希望が丘中学校 偏差値なし

 

 

米倉涼子さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校・南希望が丘中学校です。

 

米倉さんは中学時代はクラシックバレエに打ち込んでおり、当時の夢はバレリーナかプロのダンサーになることでした。

 

 

ちなみに中学生の時は、タレントの神田うのさんと一緒にレッスンを受けたり舞台に出演したこともありました。

 

 

これは当時の谷桃子バレエ団のプログラムですが、ACT2のジプシーたちに米倉涼子さんの名前が、娘たちに神田うのさんの名前があることが分かりますね。

 

(中学時代)

 

なお中学校時代の米倉さんは非常に真面目な生徒で、学習塾にも通って勉強にも励んでいました。

 

また意外にも当時はネクラだったと話しており人前に出ることも苦手でしたが、高校時代にファッションモデルをはじめたことがきっかけで性格も前向きになったとのこと。

 



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 横浜市立希望ヶ丘小学校

 

 

米倉涼子さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校の希望ヶ丘小学校です。

 

家族構成は両親と4歳年下の弟の4人家族です。

 

 

父親は元ホテルマンと言われており、母親は元英語教師です。

 

米倉さんは高校卒業後に英語の専門学校に進学しようとしたり、後に英語をマスターしてブロードウェイミュージカル「CHICAGO」にも出演していますが、英語に関しては母親の影響が大きいようです。

 

子供の頃はピンクレディーの大ファンでした。

 

5歳の頃からクラシックバレエをはじめています。

 

そして小学校3年生の頃には、名門バレエ団の「牧阿佐美バレヱ団」に入団しています。

 

このバレエ団は東京の中野区にあって、女優の草刈民代さんも出身者です。

 

米倉さんはスポーツは苦手でしたが、小学生時代の成績はよかったとのこと。

 

 

以上が米倉涼子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

芸能界入り後はファッションモデル経て、連ドラなどでも引っ張りだこの高視聴率女優へと成長しました。

 

 

女優としてはどんな役柄に対しても真摯な姿勢で臨み、その演技力も業界内では高く評価されています。

 

正統派のヒロインだけではなく「黒革の手帖」などで見せた悪女の演技も好評で、女優としての引出しも多いことで知られています。

 

 

またアジア人初となるブロードウェイデビューなどをみても、かなりの努力家であることもわかります。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク






ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ