木村佳乃の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

木村佳乃(きむら よしの)

 

%e6%9c%a8%e6%9d%91

 

1976410日生

身長167

血液型はA型

 

ロンドン生まれ、東京育ちの女優、歌手

本名同じ

 

以下では木村佳乃さんの学歴や経歴、大学・高校の偏差値や高校時代や大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1996年のドラマ「元気をあげる」で女優デビュー。 

1997年に「失楽園」で映画初出演し、同作で日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

1998年に1stシングル「イルカの夏」で歌手デビューし、シングル6枚、アルバム3枚をリリースするも、歌手としての活動は2000年まで。 

1999年の「オルガンの家で」でドラマ初主演。 

2000年の「ISOLA~多重人格少女」で映画初主演。 

2001年の「嫁はミツボシ」で連続ドラマ初主演。 

その後も「27歳の夏休み」や「女刑事  音道貴子」、「ぼくのいのち」などの人気作のテレビドラマに主演。 

2007年の「DREAM CRUISE」でハリウッド映画に出演。 

最近でも「僕のヤバイ妻」や「真田丸」といった話題作に出演。 

私生活では2010年に俳優の東山紀之と結婚し、ふたりの女児を出産している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:成城大学 文芸学部 英文学科(中退) 偏差値59(中の上)

 

 

木村佳乃さんは高校卒業後は、系列の成城大学に進学します。

 

得意の英語力を活かすために文芸学部の英文学科を専攻しました。

 

(大学時代のショット)

 

なお現在の同学部は偏差値56程度ですが、木村さんの時代のほうがレベルは高かったです。

 

木村さんは高校時代に読者モデルとして活動していましたが、大学1年生の1月にテレビドラマ「元気をあげる」で本格的に女優デビューを果たしています。

 

大学2年生の時には「将太の寿司」や「協奏曲」などの連続ドラマにも起用されて若手女優として注目を集めています。

 

 

そして21歳の時に出演した映画「失楽園」で女優としてブレイクしています。

 

 

の後は多くのドラマや映画に起用されるようになったことから、時期は不明ですが大学は卒業せずに中退しています。

 

確かに当時は数え切れないほどのCMにも出演していましたし、歌手デビューも果たすことから大学に通学する暇はなかったようです。

 

その後も多くのドラマや映画に主演し、安定した演技で現在も人気女優の地位を築いています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 成城学園高校 偏差値64(やや難関)

 

 

木村佳乃さんの出身校は、私立の共学校の成城学園高校です。

 

私立の男子校の成城高校とは名称が似ていますが、別の高校です。

 

成城学園高校は古くから資産家の子息が多く通うことで知られており、父親が日本航空(JAL)の幹部で、母親が元CAの木村さんも同校に進学しました。

 

後述するように中学校2年生でニューヨークに移住しましたが、高校入学のタイミングで帰国して同校に入学しています。

 

高校時代は馬術部に所属して、全国大会に出場して4位になるほどの腕前でした。

 

 

実は馬術には小学校の頃から憧れを持っており、高校では馬術部に入ることをずっと前から決めていたそうです。

 

また馬術部ではかなり練習に打ち込んでおり、「当時は馬が恋人でした」とインタビューで話すほどです。

 

また帰国子女であり、中学生の時まで海外に在住していたことからネイティブ並みの英語力を誇ります。

 

それらに加えて高校時代から既にモデルとしても活動していました。

 

まさに才色兼備で文武両道と言った、非のつけどころのない高校時代でした。

 

【主な卒業生】

小渕優子(政治家)

及川光博(俳優)

鶴田真由(女優)

山口もえ(タレント)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:成城学園中学校 偏差値64(やや難関)

※卒業はニューヨークの中学校

 

 

木村佳乃さんは小学校卒業後は、系列の成城学園中学校に内部進学しています。

 

中学2年生の時に父親の仕事の都合でニューヨークに移住して、2年間現地の学校に通学しています。

 

ただしニューヨークの学校では日本人という理由で差別を受けています。

 

当時はバブル絶頂期だったので、「お金儲けばかりする国」とも批判されたこともありました。

 

木村さんは当時のことをインタビューで次のように話しています。

 

「アメリカ人のいじめはもっとスゴイですよ! 陰湿ではないけれど、ボールや生卵をぶつけたりとか、あからさまにいじめるんです。子どもって素直だから、容赦なくいじめてしまうんですよね。わたしの場合は、日本人ということでイヤな思いをしたことがありますけど、そんなときは無視していました。相手にしないのが一番ですよ(笑)」

 

とは言え、向こうっ気の強さも発揮しており、日本語で「バカヤロー」と言い返したこともありました。

 

なお木村さんが映画に興味を持ったのは、アメリカ時代に観た日本映画がきっかけでした。

 

「中学時代、アメリカに住んでいたんですけど、夏目漱石さんの小説が大好きだったんです。『三四郎』『こころ』『それから』が大好きで、松田優作さんと藤谷美和子さん出演、森田芳光監督の映画『それから』を観た時にすごく衝撃を受けたんです。アメリカで観たんですけど。そこからですね、日本の映画に興味がわいたのは」

 

その体験をきっかけに演技や女優にも興味を持っています。

 



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:成城学園初等学校

 

 

木村佳乃さんの出身小学校は、私立の共学校の成城学園初等学校です。

 

同校は1917年開校の伝統校で、名門小学校としても知られています。

 

家族構成は両親と4歳上の姉の4人家族です。

 

木村さんはイギリスのロンドンで生まれて、3歳まで同地で育っています。

 

以降は高級住宅地として知られる世田谷区成城に移住しています。

 

子供の頃から病弱だったことから、3歳の頃から水泳を習っています。

 

小学生時代から性格は明るくおおらかで、物事にも率先して取り組む積極性も有していました。

 

その一方で空想好きでボーっとしたところのある少女でもありました。

 

小学校6年生で既に164㎝もあったので、「大木」と呼ばれていました。

 

当時はアメリカ人俳優のリバー・フェニックスのファンで、あまり乗り気でなかった友達を誘って、ちょっと怖いイメージのあった新宿・歌舞伎町の映画館で彼の映画を観たとのエピソードも語っています。

 

以上が木村佳乃さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優としては着実にキャリアを重ねて、これまでに数々の話題作のテレビドラマや映画に出演してきました。

 

 

また2010年に東山紀之さんと結婚した際には大きな話題となりました。

 

 

東山紀之の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

既に40代に突入していますが、それを感じさせない若さと大人の魅力を持っています。

 

今後の動向にも注目ですね。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ