間瀬遥花の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|中学生日記に出演していた!

 

ファッションモデルの間瀬遥花さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は間瀬さんは小学校時代に劇団に入っており、テレビドラマ「中学生日記」にも出演したことがありました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

間瀬遥花(ませ はるか)

 

 

1997年9月29日生

身長169㎝

血液型はA型

 

愛知県名古屋市出身のファッションモデル、タレント

本名同じ

 

以下では間瀬遥花さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

間瀬遥花の学歴~出身大学(愛知県立大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:愛知県立大学 外国語学部国際関係学科 偏差値55(中の上)

 

 

 

間瀬遥花さんは高校卒業後は、公立大の愛知県立大学に進学をしています。

 

この大学は1966年開校の公立大学で、前身が愛知県立女子大学だったこともあり現在でも女子生徒が70%以上占めています。

 

間瀬さんは在籍したのは外国語学部で、国際関係学を専攻していました。

 

後述するように高校時代は英語に力を入れており、大学に入学後にはTOEICでは英語で仕事ができるレベルの845点をマークしていました。

 

大学1年生の春休みにはニューヨーク州立大学フレンドニア校に1ヶ月間の短期留学しています。

 

大学3年生の時には大学生活とアルバイトに打ち込む日々で、子供の頃に劇団で活動をしていた時のことが恋しくなっていました。

 

間瀬さんは「このまま大学とバイトを続ける毎日なのかな」と思っていたところ、大学3年生の春にモデルとしてスカウトをされています。

 

そして直感的に「やってみたい」と思ったことから、1人で決めて両親には「ここ(事務所)に入ります」といきなりパンフレットを渡しています。

 

間瀬さんがモデルをする上での両親からの条件は「大学をちゃんと卒業すること」でした。

 

モデルをはじめた当初は学生時代だけで卒業後は普通に就職をする予定でしたが、この仕事が楽しくなり続けることにしました。

 

当時のことについては次のように話しています。

 

「就活解禁クリック戦争の直前、2月28日22時頃家族に『就活はしない。このまま今の仕事を続ける』と宣言し、その場で就活サイトを全部退会しました。」

 

大学もギリギリでしたが友人やマネージャーに助けられて無事に卒業をしています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

間瀬遥花(@maseharu_929)がシェアした投稿

 

また間瀬さんはモデルの仕事をはじめてから身長が3cm伸びており、このことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「モデルを始めた時からずっと骨盤矯正に通っていて、最近は小顔矯正にも行き始めました。矯正に通うのと、普段の姿勢を意識することで、モデルのお仕事を始めてから身長が3センチ伸びました。行って良かったなってすごく思っています」

 

 

そして大学卒業後は地元でモデルとして活動をしていましたが、次第に「東京でモデルの仕事がしたい」と思うようになり2021年に上京をして事務所探しをしました。

 

当時のことについては次のように話しています。

 

「(上京は)今だって思って直感で急に決めてしまったので、周囲の方を驚かせてしまったと思うんですけど、大事な決断に限って直感的に動くことが多い」

 

2022年には「東レキャンペーンガール」に抜擢されています。

 

 

 

「東レキャンペーンガール」は若手女性タレントの登竜門になっており、藤原紀香さんや菊川怜さん、鈴木ちなみさんらも出身者です。

 

また間瀬さんはこの年の4月から情報番組「ZIP!」のリポーターにも起用されています。

 

 

今後の活動も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

間瀬遥花の学歴~出身高校(千種高校)の詳細

 

出身高校:愛知県 千種高校 国際教養科 偏差値64(やや難関)

 

 

 

間瀬遥花さんの出身高校は、県立の共学校の千種(ちぐさ)高校です。

 

この高校は1963年開校の県立校で、現在では県内でもトップレベルの公立校のひとつになっています。

 

また同校は以下の2つの学科を設置していますが、間瀬さんは国際教養科に在籍していました。

 

普通:偏差値69

国際教養:偏差値64

 

この高校には一般受験で入学しているので高い学力を有していました。

 

間瀬さんは英語に力をいれるために、普通科ではなく国際教養科を選びました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように振り返っていました。

 

「半分以上が帰国子女の中に、パスポートを持っていない私が入ってしまった(笑い)。でもクラスメートや(ネーティブの)先生に囲まれているうち英語力が伸びた」

 

高校時代は部活動などはおこなっていなかったようです。

 

一方で後述するように間瀬さんは小学校時代からNHK名古屋児童劇団に所属をして活動しており、高校3年間も地元名古屋市内の舞台などの出演していました。

 

 

ただし高校卒業と同時に芝居を辞めています。

 

【主な卒業生】

舘ひろし(俳優)

竹内香苗(アナウンサー)

池田貴族(ミュージシャン)

 

スポンサードリンク

 

間瀬遥花の学歴~出身中学校(名古屋市立植田中学校)の詳細・中学生日記に出演していた!

 

出身中学校:愛知県 名古屋市立植田中学校 偏差値なし

 

 

 

間瀬遥花さんの出身中学校は、地元名古屋市内の公立校・名古屋市立植田中学校です。

 

中学1年生と2年生の時にはNHK名古屋放送局制作の学園ドラマ「中学生日記」に出演をしています。

 

ちなみに間瀬さんは中学3年生の時には身長が既に167㎝もありました。

 

間瀬遥花の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

間瀬遥花さんの出身小学校は、地元名古屋市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

名古屋市立植田小学校

名古屋市立植田南小学校

名古屋市立植田北小学校

名古屋市立植田東小学校

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

妹は3歳年下で会社勤めをしています。

 

また間瀬さんは尊敬する人に母親をあげており、親子仲はとても良いようです。

 

自身の幼少期の性格については「子どもの時からずっとポジティブ」と話しており、緊張するタイプではなかったとのことでした。

 

間瀬さんの特技は4歳の頃から習っているエレクトーンです。

 

小学5・6年生の頃に祖母が勝手に地元の児童劇団のオーディションに応募しており、当時のことについては次のように話しています。

 

「小さな新聞広告を見つけた祖母が(勝手に)応募した地元の児童劇団のオーディションを、興味もやる気もないまま受け、なぜか合格。でもいざ舞台やってみたらとっても楽しくて、気付けば7年、高校3年まで続けてました。」

 

間瀬さんはこの劇団に入団をしてほとんどセリフのない役で舞台デビューをしていますが、大ホールの2000人ほどの観客の前に立ち拍手喝采を受けた際には快感を得たと言います。

 

この時に人前に出ることへの魅力に目覚めました。

 

以上が間瀬遥花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にファッションモデルとしてデビューしましたが、その後はタレント活動も開始しています。

 

また2022年には「東レキャンペーンガール」に抜擢されて大きな注目を集めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ