トリンドル玲奈の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値とかわいい学生時代の画像

 

タレントやファッションモデル、女優として活動しているトリンドル玲奈さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。各方面で高い人気を誇るトリンドルさんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

トリンドル玲奈(とりんどる れいな)

 

11

 

1992123日生

身長167

血液型はA型

 

オーストリア出身のタレント、モデル、女優

本名同じ

 

以下ではトリンドル玲奈さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2008年にスカウトされて芸能事務所入り。 

2009年から広告モデルに起用され、以降はモデルとしてファッション誌JJ」や「ViVi」の専属モデルを務める。 

2010年頃からタレント活動をはじめ、「リンカーン」や「テラスハウス」などに出演。 

2011年にふかわりょうとコラボした「LOVE DISCO」で歌手デビュー。 

2012年のドラマ「黒の女教師」で女優デビューし、以降も「ロストデイズ」や「ごめんね青春!」、「女囚セブン」などの連続ドラマに出演。 

2013年の「劇場版BAD BOYS J」で映画初出演し、2015年の「リアル鬼ごっこ」では映画初主演。 

2015年の「いつかティファニーで朝食を」をドラマ初主演。 

モデルとしては「東京ガールズコレクション」や「神戸コレクション」への出演経験もある。

 

トリンドル玲奈の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 環境情報学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

トリンドル玲奈さんは高校卒業後は、慶応大学の環境情報学部に進学します。

 

ただし一般入試ではなく、AO入試での入学です。

 

またトリンドルさんは高校時代から芸能活動をしており大学には進学しないつもりでしたが、高校時代の担任の先生の勧めで大学に進学したことをインタビューで明らかにしています。

 

「もともと高校のときから芸能に力を入れていくつもりだったので大学に行く予定はありませんでした。ですが、当時の担任の先生に背中を押されたこともあり、オープンキャンパス周りを始めたんです」

 

また慶応義塾大学の環境情報学部に進学したことについては、次のように話しています。

 

「環境情報学部は専門的な知識というよりかは色んな分野の講義を受けられるということで受験を決めました。インターネットや、ITのプログラミング、音楽の授業などもありましたね」

 

日本テレビの岩本乃蒼アナウンサーは大学の同期で同学部です。

 

 

大学時代にはそれまでのモデルとしての活動に加え、タレントや女優としても活動して高い人気を誇ったので非常に多忙でした。

 

そんな中「笑っていいとも!」にも出演しています。

 

 

大学1年生の時には「めざましテレビ」にレギュラーとして起用されています。

 

 

大学進学後に立て続けに仕事が入ったことから、大学は入学直後に休学してしまったことをインタビューで述べています。

 

「仕事のスケジュールを優先的に入れているから全然大学に行けなくて、すぐ休学しちゃったんです。仕事も入れすぎちゃったし、大学に行けなくて単位を取れないのが一番もったいないなと思って。もちろん「せっかく入ったのに……」っていう後ろめたさはありました。みんなはもう学生生活を始めてるし、自分だけ出遅れたっていう気持ちもありましたね」

 

ただし休学は半年間で、その後に復学しています。

 

とは言え1年間大学に通学した後に2度目の休学(1年間)をしています。

 

また大学3年生の時には連続ドラマ「黒の女教師」で女優デビューも飾っています。

 

 

以降も「シュガーレス」や「ビブリア古書堂の事件手帖」、「チープ・ライト」などの連続ドラマに立て続けにレギュラーとして起用されています。

 

また大学在学中の2015年には「リアル鬼ごっこ」で、映画にはじめて主演しています(真野恵里菜、篠田麻里子とトリプル主演)。

 

 

そして大学4年生の時には恋愛バラエティ番組「テラスハウス」に出演して人気を決定づけています。

 

 

トリンドルさんはこのような多忙な大学時代でトータルで1年半休学していますが、大学は5年半かけて卒業しています。

 

ただし大学は何度もやめようと思ったことをインタビューで明らかにしています。

 

「本当はその頃、周りの大人に「もうやめたいです」って言ってたんです(笑)。仕事しながら「なんで勉強しないといけないんだろう」って思っちゃって。でもずっと続けられたのは、一緒に頑張れる人がいたから」

 

しかし学生結婚をして子供を産んで同じように休学していた同級生がいたので、一緒に頑張ることができたと述べています。

 

また当時の学長や先生たちも支えてくれたそうです。

 

以降も女優やタレント、ファッションモデルとして高い人気を誇っています。

 

スポンサードリンク

 

トリンドル玲奈の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 国際基督教大学高校 偏差値72(超難関)

 

 

 

トリンドル玲奈さんの出身校は、私立の共学校の国際基督教大学高校です。

 

同校は帰国子女が全体の2/3を占めており、英語教育のレベルが非常に高いことで知られています。

 

トリンドルさんは父親の仕事の関係で、幼少期からオーストリア、アメリカ、フランスなどに住んでおり、小学校6年から中学校3年生まではオースリア在住でした。

 

高校入学のタイミングで日本に移住して、同校に進学しました。

 

 

高校時代はオーケストラ部に在籍しており、ヴァイオリンを担当しています。

 

出身地のオーストリアはドイツ語が公用語だったことから、高校時代にはドイツ語スピーチの全国大会で最優秀賞を受賞しています。

 

また同校在学中には、同じくハーフのタレントの春香クリスティーンさんが同級生でした。

 

しかし在学中はほとんど話をしたことがなく、現在もあまり話をしないということです。

 

ちなみに春香さんは高校時代のふたりについて「華と庶民だった」と語っているように、トリンドルさんは学校でもかなりの人気者でした。

 

13

(高校時代)

 

そしてトリンドルさんは高校3年生の時にタレントとしてデビューを飾ります。

 

また同じ年には「JJ」や「ViVi」といった人気ファッション誌の専属モデルに起用されて、瞬く間に人気ファッションモデルとなっています。

 

なお前記のようにトリンドルさんは当初は芸能活動に専念して、大学には行かないつもりだったことをインタビューで話しています。

 

「ちょうど事務所に入ったのが高校2年生とか3年生ぐらいだったんですね。その頃、周りの人はオープンキャンパスに行ったりして進路を明確に考えている時期で、友達がみんな進学するという環境だったんですけど、私は仕事を始めたばかりだったので「もう学校には行きたくない!」って思っていたんです」

【主な卒業生】

三上真奈(アナウンサー)

出水麻衣(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

トリンドル玲奈の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:オーストリア ウィーンの中学校

 

トリンドル玲奈さんの出身中学校は、オーストリア・ウィーンの中学校です。

 

中学時代は父親の仕事の都合で、オーストリアのウィーンに3年間在住しています。

 

 

当時のトリンドルさんは本格的にバイオリンを習っていました。

 

そのためウィーンの音楽学校にも通ってバイオリンの腕を磨いています。

 

また当時は地元のオーケストラにも参加したほどです。

 

ちなみにトリンドルさんは当時からモテており、中学1年生の頃には彼氏がいたそうです。

 

トリンドル玲奈の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

トリンドル玲奈さんの出身小学校は不明です。

 

家族構成は家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

父親がオーストリア人で、母親が日本人のハーフです。

 

ちなみに妹の瑠奈さんは一般人ですが、バラエティ番組に出演したこともあります。

 

 

なお父親はIT企業の社長を務めており、裕福な家庭に生まれ育っています。

 

トリンドルさんはオーストリアのウィーンで生まれていますが、幼少期に日本に移住しています。

 

しかしその後にフランスに移住しており、小学校低学年の時に日本に戻っています。

 

小学校3年生の時には父親の仕事の都合で一家でアメリカに渡っています。

 

このように幼少期から小学校時代は目まぐるしく引っ越しをしており、引っ越し回数は10回以上だったそうです。

 

そのため卒業した小学校もわかりません。

 

また特技であるバイオリンは幼少期からおこなっています。

 

 

以上がトリンドル玲奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ハーフタレントとしてデビューを飾りましたが、その後は女優やファッションモデルとしてデビューするなど、各方面で高い人気を誇っています。

 

 

現在でも多くのメディアに出演するほどの人気者ですから、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ