宮崎吾朗の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

アニメ映画監督の宮崎吾朗さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。世界的なアニメーターの宮崎駿さんの息子として知られていますが、宮崎さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

宮崎吾朗(みやざき ごろう)

 

 

1967年1月21日生

身長非公表

血液型はO型

 

東京都出身の映画監督

本名同じ

 

以下では宮崎吾朗さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

宮崎吾朗の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:信州大学 農学部森林工学科 偏差値50(普通)

 

 

 

宮崎吾朗さんは高校卒業後は、国立大の信州大学に進学をしています。

 

在籍したのは農学部で、森林工学を専攻していました。

 

宮崎さんがこの大学に進学を決めた理由について、インタビューで次のように話しています。

 

「高校のあいだ山登ってたってこともあって、何か山関係の勉強にしようと思いまして。普通、林学科っていうのが、農学部だとあるんですけど。森林工学っていうのは、自然保護的なことだとか、造園とかいろんなカリキュラム含んだ学科だったものですから。信州に行けば、山が近いし、いつでも登れると思って、信州大学にしたんですよね。」

 

大学受験で進路を決める際に当時何を考えていたのか覚えていないと話していますが、アニメーション関係の道は反対されたこともこの大学に進んだ理由の一つのようです。

 

また同大の農学部に関しては「私は農学部でしたが、あのときは学校と下宿の間に畑と森しかなかった(笑)」と話しています。

 

宮崎さんは進路相談などは母親にしていましたが、大学に入るときに父親の宮崎駿さんに言われたことがありインタビューで次のように話しています。

 

「実は私が大学に入るときに、一つだけ親父に言われたことがあって、大学というのは4年間丸々暇があると。暇な時間をちゃんと暇にしてろと言われたんです。大学とはある種の時間が存在する場所だと。そういう時間を過ごすには、信州はとてもいい場所だったと思います。やはり10代の終わりから20代の初めは一番多感な時期だし、いろんなものを吸収する時期だと思うんです。」

 

また宮崎さんは大学では新入生歓迎会の人形劇が面白かったことから、児童文化研究会に在籍をしていました。

 

なお大学卒業後は造園設計の事務所に就職をしています。

 

以降は建設コンサルタントや環境デザイナーとして活動していました。

 

宮崎さんはこのような経験があることから、後に三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインも手掛けています。

 

31歳だった1998年に設計事務所を退職して、スタジオジブリに入社しています。

 

入社後はアニメーションの演出をはじめています。

 

そして39歳だった2006年には、アニメーション映画「ゲド戦記」で監督デビューを飾っています。

 

 

 

この映画では挿入歌の「テルーの唄」の作詞も担当しています。

 

2011年には映画「コクリコ坂から」の監督を務めています。

 

 

この作品は日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞しています。

 

 

また「山賊の娘ローニャ」や「アーヤと魔女」といったテレビアニメの監督も務めています。

 

 

加えて宮崎さんはスタジオジブリの取締役として、その経営にも関わっています。

 

宮崎駿の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

宮崎吾朗の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:埼玉県 所沢高校 偏差値61(やや難関)

 

 

 

宮崎吾朗さんの出身高校は、県立の共学校の所沢高校です。

 

この高校は1898年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に山岳部は全国大会の常連です。

 

宮崎さんも高校時代は山岳部に在籍をしており、部活動に励んでいました。

 

山岳部に入部したきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「母親の影響でもあるんですけど。やっぱり、山登りなんかもしてた人だったもんですから。それもあって、けっこうハイキングなんかにも連れていってもらっていて。で、山を登るのは好きだったっていうんですかね。」

 

ちなみに監督デビュー作となった「ゲド戦記」の原作は、高校時代に読んでいました。

 

【主な卒業生】

NAOTO(三代目J SOUL BROTHERS)

小林由未子(アナウンサー)

滝口悠生(芥川賞作家)

 

宮崎駿の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

宮崎吾朗の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 所沢市立東中学校 偏差値なし

 

 

 

宮崎吾朗さんの出身中学校は、埼玉県所沢市内の公立校の所沢市立東中学校です。

 

この中学校に在学中は、2学年上にタレントのYOUさんも在籍していました。

 

宮崎さんは小・中学生の時の将来の夢はアニメーターでしたが、母親から「アニメーターにだけはなってくれるな」と泣きつかれたことで断念しています。

 

ちなみに出世作となった「コクリコ坂から」の原作漫画は、中学時代に読んでいたとのこと。

 

【主な卒業生】

鈴木亜久里(元F1ドライバー)

YOU(タレント)

 

宮崎吾朗の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:埼玉県 所沢市立松井小学校

 

 

 

宮崎吾朗さんの出身小学校は、所沢市内の公立校の所沢市立松井小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

父親はアニメーション監督の宮崎駿さんです。

 

 

母親もアニメーターで東映動画のアニメーションのスタジオで仕事をしていました。

 

 

生まれたのは東京都でしたが、3歳の頃から埼玉県所沢市で育っています。

 

宮崎さんは自身の子供の頃について、インタビューで次のように話しています。

 

「頼りない子どもだったと思いますね(笑)。わりと気も弱いし、内気だしっていう。」

 

また小学校低学年の時は九九をなかなか覚えられなかったことから母親から厳しく言われており、インタビューで次のように話しています。

 

「ぼくが全然ダメだったもんですから。例えば、2年生で九九を習うじゃないですか。全然覚えられないもんですから。だから、厳しく範唱させられた覚えはありますね(笑)。そういうときぐらいですよね。」

 

母親は普段は勉強に関して厳しい人ではなかったと言います。

 

また父親の仕事はどんどん忙しくなっていったことから、母親は父親代わりもやっておりほとんど母子家庭状態でした。

 

そのため宮崎さんは自身の進路を決めるときにも父親ではなく母親に相談をしていました。

 

以上が宮崎吾朗さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「ゲド戦記」でアニメーション映画の監督としてデビュー後は、順調にキャリアを重ねています。

 

父親はあまりにも大きな存在ですが、一歩でも近づきたいところですね。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

宮崎駿の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ