のぶみ(絵本作家)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|池袋連合総長は本当なの?

 

絵本作家ののぶみさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。のぶみさんは逮捕歴33回で暴走族の池袋連合の総長だったとされていますが本当なのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

のぶみ

 

 

1978年4月4日生

身長非公表

血液型非公表

 

東京都品川区出身の絵本作家、イラストレーター

本名は斎藤信実(さいとう のぶみ)

 

以下ではのぶみさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

のぶみの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 蒲田高校 偏差値38(かなり容易)

 

 

 

のぶみさんの出身高校は、都立の共学校の蒲田高校です。

 

この高校は1977年開校の都立高校です。

 

のぶみさんの次のような過去の発言で、この高校の出身者であることが判明しています。

 

「それで僕、三者面談のときに、都立の開成高校(※)でも行けるって言われたんですよ。開成高校は一番上の高校なんですけど。でも僕、カンニングしてるってわかってるから、(倍率)0.5倍の蒲田高校を受けました(笑)」

※開成高校は私立

 

また著書では高校には補欠合格で入学したことを明らかにしています。

 

この高校では必修科目で美術を選択していたそうです。

 

また自身の高校時代の見た目についてはインタビューで次のように話しています。

 

「高校のとき、金髪でロン毛で、ヒップホップ系の格好して、警棒を入れて、靴は安全靴を履いてたんですよ。」

 

後述するように小学生時代にいじめに遭っていたことの反動で、高校時代は160人ほどの暴走族「池袋連合」の総長を務めていたそうです。

 

 

他でも160名のチーマーの総長だったことを明らかにしています。

 

 

当時の生活について「夜家を出て、悪いことをして、朝6時に帰る生活」だったと話しています。

 

そのため高校にもほとんど通学はしていなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

のぶみさんはテレビ番組に出演した際は、33回も逮捕されたことを明らかにしています。

 

 

ただしこの件に関しましては異論もあるようです。

 

まず33回逮捕という数についてはあまりにも多く、現実的ではないとの声があります。

 

またそもそも「池袋連合」なる暴走族の存在も疑問視されています。

 

のぶみさんの1歳年下で、都内の不良で有名だった「キング・オブ・アウトロー」の異名をとる瓜田純士さんは「池袋連合」やのぶみさんについては聞いたことないとインタビューで話しています。

 

さらに瓜田さんは池袋の暴走族の歴史については次のように語っています。

 

「俺の記憶が正しければ、池袋界隈の暴走族だと、古くは「群龍會」「龍神會」あたりが有名です。あと、これは暴走族じゃなくてチーマーだけど、俺の3つ4つ上くらいの世代だと、「変態倶楽部」っていうチームが90年代後半に幅を利かせてましたね。で、そのあと彗星の如く現れたのが「全日本TC連盟」という暴走族です」

 

瓜田さんは「池袋連合」については自分が知らないだけの可能性があるとしながらも、のぶみさんの顔写真についてはまったく見覚えがないと続けています。

 

元関東連合の総長だった石元太一氏も「池袋連合」の存在については否定的なコメントをしています。

 

Wikipediaも「「池袋連合」の存在を知る第三者や物的証拠は無く、真偽は不明」としています。

 

このようにのぶみさんは高校時代は問題児であったことは間違いなさそうですが、不明確な点が多々あるようです。

 

【主な卒業生】

ほんまかよこ(グラビアアイドル)

Reina(モデル)

 

なおのぶみさんは高校卒業後は、日本児童教育専門学校(偏差値なし)に進学しています。

 

 

 

この専門学校は新宿区高田馬場にあり、保育士や幼稚園教諭を育成しています。

 

のぶみさんはこの専門学校に進学した理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「僕、高校のときはチーマーで(笑)。卒業後は優しい女の子がいっぱいいるだろうっていう理由から保育士の専門学校に進むんです。もちろん保育士になろうと思っていたわけではなく。学校には金髪でヒップホップ系の格好で通って。」

 

そのため保育士や幼稚園教諭の資格は取得していません。

 

のぶみさんはこの専門学校で一人の女子との出会いがきっかけで絵本作家になっており、インタビューで次のように話しています。

 

「かわいい女の子がいて声をかけたんですけど、それまでの僕とは住む世界が違う子だったので、全然話が合わなかったんですね。でも彼女があるとき、『絵本が好き』って言ったんです。それを聞いて思わず『俺、絵本描いてるよ』って嘘ついちゃって(笑)」

 

のぶみさんは画材を買って帰り、次の日には彼女に実際に描いた作品を見せたところ「かわいい」と言われたそうで、ほかの友人にも面白いと言われたことがとても嬉しかったそうです。

 

その後、彼女に自身の思いを告白をすると「絵本で賞をとったらね」という返事をもらったそうで、のぶみさんは何作も絵本を描いて見事に賞を受賞しています。

 

賞を受賞した時に将来は絵本作家として生きていくことを本格的に考えたそうで、絵本を描くきっかけとなった女性とはのちに結婚をしています。

 

のぶみさんは独学で勉強をして2年間で600冊ほどの絵本を描いたそうです。

 

2015年には「ママがおばけになっちゃった!」がヒットして、シリーズ累計部数が50万部を突破したことから、絵本作家として有名になっています。

 

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネル「絵本作家のぶみチャンネル」を開設しています。

 

 

なおのぶみさんは2021年7月に、参加していた五輪・パラリンピックの文化プログラムの辞任を表明しました。

 

辞任の理由は過去の著書に記載されていた内容が問題視されたためで、中学時代に担任の先生に腐った牛乳を飲ませて嘲笑していたとメディアで報じられています。

 

この月には五輪・パラリンピックの音楽担当だった小山田圭吾さんが過去のイジメ告白で炎上しており、大きな問題にもなりそうです。

 

小山田圭吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメの内容があまりにも酷い!

 

スポンサードリンク

 

のぶみの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 品川区立伊藤中学校 偏差値なし

※現在は品川区立伊藤学園

 

 

 

のぶみさんの出身中学校は、地元東京都品川区内の公立校の品川区立伊藤中学校です。

 

この中学校は2016年4月に近隣の品川区立原小学校とともに廃止されて、小中一貫校の品川区立伊藤学園になっています。

 

のぶみさんは小学生の時に一人部屋が与えられて以降、部屋に閉じこもるようになったようで中学時代はほとんど引きこもりの状態だったそうです。

 

前記のように中学時代に黒板消しのクリーナーの後ろに3か月以上隠して腐らせた牛乳を、教師に飲ませていたことをツイッターの自伝で告白しています。

 

その際には先生は吐き出してしまったようですが、のぶみさんは謝罪などはなく「若いってスゴイ(笑)」と締めくくっていました。

 

【主な卒業生】

郷ひろみ(歌手)

鈴木あきえ(タレント)

真田広之(俳優)

 

スポンサードリンク

 

のぶみの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 品川区立原小学校

※現在は品川区立伊藤学園

 

 

 

のぶみさんの出身小学校は、地元品川区内の公立校の品川区立原小学校です。

 

この小学校も2016年4月に伊藤学園になっています。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

両親は牧師だったことからのぶみさんがどんなことをしても「あなたは良い子」と言われて育てられたそうです。

 

そのため母親の財布からお金を抜き取ろうとしたことがバレた時や警察に捕まった際にも怒ることはなかったそうです。

 

母親からは構ってもらうことができずに寂しさを抱えていたそうで、幼稚園にも一人で歩いて登園していたとインタビューで語っています。

 

小学生の頃には女の子のような名前や自宅が教会だったことからいじめに遭っており、学校を休むことばかり考えていたそうです。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「学校に行くといじめられて、それでも母には『学校に行きなさい』と言われる。その頃から家にも学校にも居場所がなくて、近所の公園にいるようになりました。学生時代はずっとそんな感じで。」

 

学校が本当に嫌いで2度の自殺未遂をしたこともあったと言います。

 

以上がのぶみさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

絵本作家としては2015年の「ママがおばけになっちゃった!」以降、数々のヒット作を執筆しています。

 

ただしたびたびツイッターやインスタグラムが炎上する人物としても知られています。

 

 

今後の動向にも注目です。

 

小山田圭吾の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|イジメの内容があまりにも酷い!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ