ヒコロヒーの学歴|出身高校どこ?大学や中学校の偏差値とかわいい画像

 

お笑い芸人のヒコロヒーさんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実はヒコロヒーさんは大学に進学しており、「霜降り明星」のせいやさんの先輩でした。学生時代のエピソードや情報、かわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

ヒコロヒー

 

 

1989年10月15日生

身長165㎝

血液型はAB型

 

愛媛県松山市出身のお笑い芸人

本名非公表

 

以下ではヒコロヒーさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

ヒコロヒーの学歴~出身大学(近畿大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:近畿大学 文芸学部芸術学科舞台芸術専攻 偏差値50(普通)

※現在は造形芸術学部

 

 

 

ヒコロヒーさんは高校卒業後は、近畿大学に進学しています。

 

在籍したのは文芸学部で、舞台芸術を専攻していました。

 

そのため映像の編集やデザインなどをおこなうことができます。

 

ヒコロヒーさんは当初は大学に進学せずに就職しようと思っていましたが、親の強い希望もあってこの大学1校だけを受験して合格しています。

 

大学時代は落語研究会に所属していました。

 

大学2年生の時に、落語研究会のメンバーに勧められて学園祭に出演してネタを披露しています。

 

そのことがきっかけでスカウトされたことをインタビューで話しています。

 

「大学2年のとき、落語研究会の先輩に誘われて出演した学園祭で、落語ベースのコントをやったことがきっかけです。ゲストだった松竹芸能所属のお笑いコンビ、なすなかにしさんのマネジャーから声を掛けていただきました」

 

そのため以降は大学に通学しながら、松竹芸能のタレントスクールにも通学しています。

 

スクールには特待生として入学しており、授業料も免除されています。

 

ただし当初はあまり本気にお笑い芸人を目指しておらず、大学卒業後は普通に就職するつもりでした。

 

スクールに入った当初についても次のように話しています。

 

「松竹というと、映画にも関係があるから、役に立つんじゃないかってことで、もらった名刺を見て連絡して。そしたら(松竹芸能の)養成所という、わけのわからん小さい部屋で、若者たちが「天下とったる」みたいな顔して集っているところに入ることになって、なんなんだろうこれはというところからスタートしました。私は「天下とは?」という感じでした」

 

とは言えスクールに通ううちに、本気にお笑い芸人を目指したとのこと。

 

当時から芸名をヒコロヒーにしていましたが、由来については次のようにインタビューで話しています。

 

「かくかくした字にしたくて『ヒコロヒー』にしました。意味は特にありませんが、2人の韓国人から別々に『ハングル語に起こすと殺す、という意味がある。あなたはスパイでしょ』と言われたことがあります(笑)」

 

加えて当時同じ関西圏で活動していたお笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さんとせいやさんとは、大学時代から面識があります。

 

しかもせいやさんは大学の2年後輩です。

 

 

霜降り明星せいやの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

なおWikipediaにはヒコロヒーさんは学業と両立できなくなったことから、23歳だった2013年春に大学を中退したと記載されています。

 

しかし「近畿大学卒」とするメディアもあり、大学を中退したのか卒業したのかは不明です。

 

24歳だった2014年4月から上京して、松竹芸能に所属しています。

 

 

ヒコロヒーさんはスナックなどの水商売でアルバイトをしていたとのこと。

 

ただしライブなどもありアルバイトができない日も多かったことから、「本当に貧乏暮らし」と述べています。

 

 

ちなみに19回もアルバイトをクビにされた経験があります。

 

ホステスのアルバイトは向いてなかったとのこと。

 

「最初にやったのはスナックのホステス。2週間でやめて、その次にクラブホステス。時給は4000円でした。話すのが嫌だったので、お客さんの話が聞こえないフリをして、お酒を作って、勝手にカラオケに歌を入れて歌わせて、自分がしゃべらなくてもいいようにしていましたね」

 

そのため生活費などの借金が積り積もって、MAXの借金額は200万円になりました。

 

とは言え2020年からピン芸人として注目を集め、「ウチのガヤがすみません!」や「有吉の壁」などのバラエティ番組に出演しています。

 

 

さらに2021年4月からは、日向坂46の齋藤京子さんとの冠番組「キョコロヒー」が放送されています。

 

 

 

またYOUTUBEの公式チャンネル「ヒコロヒーの金借りチャンネル」も好評となっています。

 

 

ちなみにこのチャンネルは、ヒコロヒーさんがひたすら色々な人からお金を借りるという動画をアップしています。

 

加えて女優の伊藤沙莉さんに似の美人と評判で、バラエティ番組「ロンドンハーツ」に出演した際の「奇跡の一枚」は話題になりました。

 

 

いずれにしてもこのところは「ネクストブレイク」の声もあり、今後に注目です。

 

スポンサードリンク

 

ヒコロヒーの学歴~出身高校(済美平成高校)の詳細

 

出身高校:愛媛県 済美平成高校(有力) 偏差値60(現在・やや難関)

※現在は済美平成中等教育学校

 

 

 

ヒコロヒーさんの出身高校は、私立の共学校の済美平成高校が有力です。

 

この高校は2002年開校の私立高校で、現在は済美平成中等教育学校になっています。

 

また現在は進学実績が向上して偏差値も高くなっていますが、当時は現在ほどのレベルではありませんでした。

 

バラエティ番組に出演した際には、ヤンキーの多い学校に通学したと述べていました。

 

ヒコロヒーさんは高校時代はヤンキーだったことを明らかにしています。

 

ただし本格的なものではなく「二軍のヤンキー」だったとのこと。

 

また田舎暮らしだったことから「退屈だった」とインタビューで述べています。

 

高校時代は部活動などはおこなっておらず、帰宅部だったことをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

やることがなかったことから高校時代に麻雀にハマって、指先の感覚だけで牌の種類がわかる「盲牌」ができるほどになっています。

 

「田舎(愛媛県)で遊ぶ場所もなかったので、高校生のときからマージャンをやっていました」

 

そのため後に麻雀番組の「THEわれめDEポン」に出演できた際には嬉しかったそうです。

 

 

ちなみに高校時代に覚えた麻雀の影響か、ヒコロヒーさんはギャンブル好きで競馬も好きだそうです。

 

ただし前記の借金はギャンブルなどではなく、すべて生活費とのこと。

 

加えてヒコロヒーさんは高校時代に「M‐1グランプリ」の影響でお笑い好きになっていますが、当時はプロの芸人になることは考えていませんでした。

 

とは言え高校時代はお笑い芸人が出演していたラジオ番組をよく聞いていました。

 

「高校になると芸人のラジオを好きになって、ブラックマヨネーズさんの『ずぼりラジオ』とか、くりぃむしちゅーさんの『オールナイトニッポン』とかを聞いてました」

 

高校3年生の時に就職活動をしており、地元のガソリンスタンドに就職が決まっています。

 

ただし前記のように親の希望で大学を受験して合格したので、近畿大学に進学しています。

 

このあたりの経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「高校時代はガソリンスタンドでバイトしてて、そのままそこに就職しようと思ってたんですけど、どうしても親が大学に行ってくれということで進学しまして。ぜんぜん勉強してなかったので、自分でもようやりましたねって思います。学校の友達よりは地元の友達と遊んでる感じでした」

 

ぜんぜん勉強しなくても近畿大学に合格しているので、地頭はいいようですね。

 

なおヒコロヒーさんは英語が得意で、日常会話レベルなら普通に話せるとのこと。

 

【主な卒業生】

堀菜保子(アナウンサー・転校)

高岡薫(AKB48)

大森靖子(シンガーソングライター)

 

スポンサードリンク

 

ヒコロヒーの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

ヒコロヒーさんの出身中学校は、地元愛媛県松山市の学校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

済美平成高校には系列の済美平成中学校(現在は済美平成中等教育学校)もあったので、こちらの中学校の出身者の可能性もあります。

 

特技を剣道としているので、中学では剣道部に在籍した可能性があります。

 

ただしヒコロヒーさんの中学時代の情報やエピソードはほとんど見当たりませんでした。

 

ヒコロヒーの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

ヒコロヒーさんの出身小学校は、地元松山市内の学校のようですが校名などは不明です。

 

現時点では家族構成や兄弟姉妹の情報も不明です。

 

インターネット上には実家は財閥企業との情報もありますが、真偽のほどは不明です。

 

財閥ならば松山市ではなく、東京都などに在住するのが自然だとも思いますが…

 

なおヒコロヒーさんの子供の頃や小学校時代の情報やエピソードも、現時点では見当たりませんでした。

 

以上がヒコロヒーさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー以降はコンビを組まずにずっとピン芸人として活動しており、「R-1ぐらんぷり」や「THE W」には準決勝まで進出した経験があります。

 

2020年からバラエティ番組への出演が多くなり、このところは「ネクストブレイク」の呼び声まであるほどです。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ