河邑ミクの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

河邑ミク(かわむら みく)

 

 

199488日生

身長168

血液型はA

 

大阪府出身のお笑い芸人

本名は河邑美空(みく)

 

以下では河邑ミクさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 北かわち皐が丘高校 偏差値46(やや容易)

 

 

河邑ミクさんの出身校は、府立の共学校の北かわち皐が丘(さつきがおか)高校です。

 

この高校は2008年に東寝屋川高校と四条畷北高校が統合されて誕生した新しい高校です。

 

また同校は普通科を基本にしながらも、「英語アドバンスト専門コース」と「理数アドバンスト専門コース」を設置して大学進学のための専門教育をおこなっていることが特徴です。

 

河邑さんは女性2人組ロックバンド「yonige」のごっきんさんと高校で同級生だったことから、この高校が母校であることが判明しました。

 

(yonige・右がごっきん)

 

特技をバレーボールとしているので、中学校あるいは高校でバレーボール部に入部していた可能性もありそうです。

 

また高校時代に彼氏がいたことを明らかにしており、18歳の時に誕生日プレゼントとして指輪をもらったことをインタビューで話しています。

 

しかしそのお礼にお米10㎏を彼に贈って思いっきり引かれたことをインタビューで話しています。

 

「「こんな高級な物をもらったら、私も彼のために絶対、喜ぶ物をプレゼントしよう!」と決めて、お米10キロ持って彼の部屋を訪ねると思い切り引かれました。私がもらったらうれしい物をあげただけなのに……。彼は一言「形に残る物が良かった」と」

 

後述するように河邑さんは実家が貧乏だったことから、「高級品」のお米だったのでしょう。

 

また高校時代はアルバイトに精を出しており、遊園地やコンビニ、うどん屋やお好み焼き屋などで働いています。

 

多い時にはアルバイトを3つも掛け持ちしていました。

 

また河邑さんは高校時代にお笑い芸人になることを決意しています。

 

そして河邑ミクさんは高校卒業後は大学などに進学せず、松竹タレントスクール大阪校に入校しています。

 

この学校は松竹芸能が運営するお笑いタレントの養成所で、卒業生にはオセロや安田大サーカス、紺野ぶるまさんらがいます。

 

河邑さんはオセロに憧れていたことから、この学校に入校したようです。

 

なおインターネット上には河邑さんは高校卒業後は専門学校に進学したという情報もありますが、高校を卒業した年に松竹タレントスクールに入校しているので誤りでしょう。

 

そして河邑さんはこの養成所を卒業した20143月に、8歳年上の山路直子さんとお笑いコンビ「8分音符」を結成しています。

 

 

8分音符」時代には、「アルミカン」や「ベビィリッチ」、「ぺんぎんダービー」とともに8人組のユニット「イロイロジカケ」でも活動しています。

 

 

ところが20153月に相方の山路さんが療養のために芸人を引退したことから、「8分音符」は1年ほどの活動で解散しています。

 

以降は河邑さんはピン芸人として活動を開始。

 

また芸人のほかリポーターとしても「おはようコールABC」などの番組にも出演しており、食レポなどもおこなっています。

 

 

芸人としては201712月には女芸人NO.1を決める「THE W」の準決勝に進出。

 

翌年には「R-1ぐらんぷり」に大会史上最年少で進出するなど、着実にキャリアを重ねています。

 

 

またその美貌にも注目されて、NHKの朝ドラ「わろてんか」にも女優として出演しています。

 

 

20187月より拠点を東京に移しており、今後も多方面での活動が増えていきそうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 


 

出身小学校:不明

 

出身中学校:不明

 

河邑ミクさんの出身小学校・中学校は、いずれも大阪府内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

現時点で地元が判明しないことから、小学校・中学校に関しましては手掛かりも掴めませんでした。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

父親はプロパンガスを運搬する会社に勤めるサラリーマンです。

 

両親は共働きですが、父親のおしゃれのためにお金がかかり実家は貧乏であることをインタビューで述べています。

 

「今も大阪の実家暮らしなのですが、実家が貧乏といいますか、ずっとお金がないんです。母も働いて共働きなのに。なぜかというと、昔から父がムダにオシャレで服にすごいお金を使うから。それも、ブランド物の高い服。プロパンガスを運ぶ会社の社員なのに、仕事中の作業着以外はブランドの服着てます。美的意識が高く、ネイルをしていたこともある」

 

弟が生まれるまでは家賃34万円のアパート住まいで、10畳ないくらいの部屋を半分に割って両親と3人で使っていたとのこと。

 

またお金がなかったので、次のような貧乏エピソードを話しています。

 

「お金がないから、子供の頃の遊びは白い紙に丸をいっぱい書いてツイスターゲームしたり、食事はもやし炒めばかり。カップラーメンをわざと長く待って麺をのばして食べるとか。シャワーはないのでゾウさんのジョーロを使わされて、私はずっとバスグッズだと信じてました」

 

ちなみに芸人としてデビュー後もギャラの半分は家に入れているそうです。

 

河邑さんは小学校時代によく見ていた吉本新喜劇やダウンタウンの影響で、お笑い芸人に憧れています。

 

また中学校時代に文化祭で漫才を披露したことがきっかけになって、お笑い芸人を目指しています。

 

以上が河邑ミクさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ピン芸人に転身して以降は、「R-1ぐらんぷり」などの賞レースで注目されて、数々のバラエティ番組などにも出演しています。

 

 

またその美貌から「松岡茉優似」とも言われ、女優デビューも果たしています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ