渡辺江里子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校で教員免許を持っていた!

 

「阿佐ヶ谷姉妹」の渡辺江里子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は渡辺さんは進学校に通学しており、大学時代には教員免許も取得していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

渡辺江里子(わたなべ えりこ)

 

渡辺

 

1972715日生

身長162

血液型はA型

 

栃木県出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」のメンバー

本名同じ

 

以下では阿佐ヶ谷姉妹・渡辺江里子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1996年に劇団東京乾電池に入団し、相方の木村美穂とは養成所で知り合う。 

2007年にお笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」を結成。 

20089月に出演した「みなさんのおかげでした」内の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で注目される。 

以降は「エンタの神様」や「爆笑レッドカーペット」、「ロンドンハーツ」などの人気のバラエティー番組に多数出演。

女優としても「家裁調査官 晶子」や「救命病棟24時」、「しにがみのバラッド」などのドラマに出演している。 

コンビのほか単独でもバラエティー番組や情報番組への出演が多い。

 

渡辺江里子の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 文学部 偏差値63(やや難関)

 

 

 

「阿佐ヶ谷姉妹」渡辺江里子さんは高校卒業後は、明治大学の文学部に進学します。

 

栃木県から上京して大学入学とともに地元栃木県宇都宮市から上京してひとり暮らしをはじめています。

 

ちなみに渡辺さんは大学4年生の時から阿佐ヶ谷に在住して、その後も20年以上住み続けていました。

 

阿佐ヶ谷に住んだきっかけについては、次のようにインタビューで話しています。

 

「学生時代のお友達がアルバイトをしていたお店が阿佐ヶ谷にあって、そこに通っているうちに駅前のケヤキ並木の感じとか、新宿から10分くらいなのに適度なぬるま湯感があるところに惹かれまして」

 

 

大学では文学部に在籍して、国文学を専攻していました。

 

また大学時代は教職課程も履修しており、中学校と高校の国語の教員免許も取得しています。

 

ちなみに教育実習の際には女子大生であったにも関わらず、既に主任教諭のような貫禄があったそうです。

 

渡辺さんは大学4年生だった1994年に、コメディー女優を志して柄本明さんが主宰する劇団「東京乾電池」の養成所に入団しています。

 

そのあたりの経緯については、以下のようにインタビューで話しています。

 

「当時はお芝居とお笑いがすごくはやっていて、テレビなんかでもよく放送されてたのよね。東京乾電池という劇団は特に、お芝居とお笑いをニュートラルに行き来するような舞台をずっと作られていたので、ああ面白そうだなと思って」

 

「当時は柄本明さん、ベンガルさん、高田純次さんなどが、テレビのバラエティ番組でコントやお笑いの寸劇みたいなこともされていて。劇団の役者さんなんだけれども、そのボーダレスな活躍に惹かれて、20代前半にオーディションを受けさせていただきました」

 

そこで現在の相方の木村美穂さんと出会っています。

 

また木村さんとは当初からフィーリングがあったようで、すぐに意気投合しています。

 

ところが養成所時代の成績が悪かったことから、養成所は1年でクビになっており東京乾電池の劇団員にはなれませんでした。

 

当時は教育実習や卒論が重なったことからうまくいかなかったと述べています。

 

「当時はなんとなく、研究生からそのまま劇団員になれれば楽しい気持ちのままで社会人デビューできるのかなあ、なんて思ってたんですけど、大学の卒論と教育実習、劇団の活動がぜんぶ重なっちゃったものだからなにもうまくいかなくって」

 

ちなみに木村さんも成績が悪く、1年で養成所を去っています。

 

渡辺は大学卒業後は東京乾電池の劇団員に昇格できると思っていたので就職活動をおこなっておらず、コールセンターのアルバイトをおこなっていました。

 

また別の劇団に入団して舞台などに出演しています。

 

木村さんも別の劇団に入団して活動していましたが、金銭的な面から下積み時代は6畳の1Kにふたりで同居しています。

 

 

そして初めての出会いから11年後の2007年にお笑いライブに1回だけ出るために「阿佐ヶ谷姉妹」を結成していますが、ライブがことのほかウケたので活動を継続しています。

 

ただし阿佐ヶ谷姉妹を結成した時には、既に34歳でした。

 

すると結成から1年余りで出演した「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」でブレイクします。

 

 

以降は人気コンビとなって、数々のバラエティ番組に出演。

 

 

2018年の女芸人NO.1決定戦の「THE W」でも優勝をしています。

 

 

また渡辺さんもコンビでの活動のほか、女優としても活動を開始してテレビドラマに出演しています。

 

ちなみに売れっ子になった後は木村さんとの同居は解消していますが、木村さんは隣の部屋に引っ越したため、お隣どおしとなっています。

 

木村美穂(阿佐ヶ谷姉妹)の学歴|出身高校や大学の偏差値と経歴

 

スポンサードリンク

 

渡辺江里子の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:栃木県 宇都宮女子高校 偏差値69(難関)

 

 

 

「阿佐ヶ谷姉妹」渡辺江里子さんの出身校は、県立の女子校の宇都宮女子高校です。

 

同校は1875年開校の日本最古の公立の女子校であり、古くから進学校として知られています。

 

渡辺さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

渡辺さんは高校時代は演劇部に所属していました。

 

 

(高校時代)

 

学生時代のこれらの経験が、現在の芸にも活きているようです。

 

その他にも合唱部や生物部、落語研究会にも所属していました。

 

落語研究会では「ビートルズ」のジョン・レノンさんに顔が似ているということで、「じょん・のれん」の芸名で活動していたことをインタビューで話しています。

 

また高校時代の渡辺さんはTHE ALFFEの大ファンで、コピーバンドを結成するなどアクティブに活動しています。

 

ちなみに渡辺さんはバンドではドラムを担当していました。

 

典型的な「がり勉タイプ」の生徒ではなかったようです。

 

ちなみに学生時代は「エイリアン」のあだ名で呼ばれていたそうです。

 

 

また「ロンドンハーツ」で上記の高校時代の写真が紹介された際には、「引率の方ですか?」と共演者から突っ込まれています。

 

なおこの高校には珍しい付属幼稚園の「みさお幼稚園」が併設していましたが(現在は閉園)、渡辺さんはこの幼稚園の出身者であったことから、幼稚園時代の2年間と高校時代の3年間をこの高校の構内で過ごしています。

 

【主な卒業生】

賀喜遥香(乃木坂46・転校)

安藤梢(なでしこジャパン)

 

木村美穂(阿佐ヶ谷姉妹)の学歴|出身高校や大学の偏差値と経歴

 

スポンサードリンク

 

渡辺江里子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:栃木県 宇都宮市立一条中学校 偏差値なし

 

 

 

「阿佐ヶ谷姉妹」渡辺江里子さんの出身中学校は、地元の宇都宮市内の公立校の一条中学校です。

 

中学校時代は合唱部に在籍しており、コンビの得意とする歌ネタにもこの経験が活かされています。

 

ちなみに当初は剣道部に在籍していたとのこと。

 

「剣道部だったんですけど、途中から合唱に興味が出はじめて部活の掛け持ちをしていて、どっちつかずで」

 

前述のように幼稚園時代を宇都宮女子高校に併設している幼稚園で過ごしたことから、「気品や笑顔に溢れる宇高女のお姉さまに憧れていた」と話し、中学校時代も難関校の同校に入学するため勉強を頑張っていました。

 

ちなみにこの高校に入学するには一般受験しかないため、渡辺さんは中学時代もかなりの学力を有していました。

 

渡辺江里子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:栃木県 宇都宮市立西原小学校

 

 

 

渡辺江里子さんの出身小学校は、地元宇都宮市内の公立校の西原小学校です。

 

「阿佐ヶ谷姉妹」では木村さんと姉妹(渡辺さんが姉)という設定ですが、実際の兄弟姉妹には弟がいるようです。

 

 

子供の頃から読書が好きで、学校の成績も優秀でした。

 

また歌うことが大好きで、小学校時代からカラオケで歌っています。

 

 

以上が渡辺江里子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

劇団員時代は芽が出なかったものの、30代半ばで「阿佐ヶ谷姉妹」を結成すると、レベルの高い歌ネタなどでブレイクして、瞬く間に人気お笑いコンビとなっています。

 

 

ネタはもとより、ともに劇団員というキャリアを活かした演技力や美声で注目されるなど、唯一無二の路線で多くの支持を得ていますので、今後の活躍にも期待です。

 

木村美穂(阿佐ヶ谷姉妹)の学歴|出身高校や大学の偏差値と経歴

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ