吉住(芸人)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|超進学校に通学していた

 

お笑い芸人の吉住さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は吉住さんは「超」のつくような進学校に通学しており勉強も得意でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

吉住(よしずみ)

 

 

19891112日生

身長160

血液型はO型

 

福岡県北九州市出身のお笑いタレント

本名は吉住暢子(よしずみ のぶこ)

 

以下では吉住さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

吉住の経歴

 

2014年に人力舎のお笑い芸人養成所のスクールJCA23期生として入所して、同期にはアナクロニスティックやなかよしらがいる。

20155月にJCAの同期だったかわえなつきとお笑いコンビ「ムテンカナンバー」を結成。 

20168月に「ムテンカナンバー」が解散し、以降は芸名を吉住にしてピン芸人として活動。 

20181月の「ぐるナイ」内の企画「おもしろ荘」に出演して、ダンボール芸を披露して知名度が上昇。 

他にも「にちようチャップリン」や「爆笑!スライダー」などのバラエティー番組に出演。

女芸人日本一を決める「THE W 2018」の決勝に進出した。

 

吉住の学歴~出身大学(熊本県立大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:熊本県立大学 環境共生学部居住環境学科 偏差値45(普通)

 

 

 

吉住さんは高校卒業後は、公立大学の熊本県立大学に進学しています。

 

この大学は熊本市東区に位置し、文学部と環境共生学部、総合管理学部の3学部で構成されています。

 

吉住さんは環境共生学部に在籍して建築学を学んでいます。

 

ただし高校卒業後あたりから「芸人になりたい」と思いはじめたことから、大学時代はそのための資金作りのためにアルバイトばかりしていました。

 

そのため大学ではサークルにも入らずに、学校行事にもほとんど参加していませんでした。

 

大学祭にも参加していません。

 

このような大学生活を送っていたので、友達も少なかったことをインタビューで明らかにしています。

 

また建築学科のクラスメイトが建築関連の話で盛り上がった際には、あまり勉強していなかったので輪に入ることができませんでした。

 

それでもアルバイト先の同僚とは仲良くしており楽しかったそうで、インタビューでも次のように話しています。

 

「バイト先は女の子しかいなくて……。すごく楽しかったんですけど(笑)。年下の子とかも多かったんですけど、みんなしっかりしていて。その子たちがいてくれたから、私は大学に友達が少なくても生きてられたな、あの時代を乗り越えられたなって思うぐらい仲よくさせてもらいました」

 

吉住さんはこのような学生生活を送っていましたが最低限度の単位は取得しており、大学は留年することなく卒業しています。

 

ちなみに卒論は「木造応急仮設住宅システムに関する研究」でした。

 

またインタビューでは芸人にならなかったら事務職に就いていたそうです。

 

ただしバラエティ番組「深イイ話」に出演した際には、就職したくなかったから芸人になったとも話しています。

 

23歳だった2013年4月に「人力舎」が主宰するスクールJCAに入所してお笑い芸人を目指していますが、その動機は「単なる思いつき」としています。

 

また吉住さんはスクールJCAに入校したことは次のようにインタビューで話しています。

 

「人力舎の芸人さんにはネタのイメージがありました。東京03さん、おぎやはぎさん、ラバーガールさんのネタが好きで。福岡出身なので大阪の松竹さんか吉本さんに行こうかなとも思ったんですが、好きな芸人さんがたくさんいたJCAに入りました」

 

なおスクールJCAに入校した際はまったくの素人で、漫才やコントなどのお笑いをやったことがありませんでした。

 

そのため「ネタの書き方もわからなかった」と述べています。

 

加えて学生時代は周囲から「面白い」と言われていましたが、養成所では壁にぶち当たっています。

 

そのため当初は1年間の養成所ですが人力舎に所属するためのオーディションに合格しなかったことから、吉住さんは異例の「留年」を経験しておりトータルで2年間養成所に通っていました。

 

当初は女性2人のコンビ「ムテンカナンバー」で活動しましたがわずか1年ほどで解散しています。

 

 

ちなみにデビューしたての頃は吉本興業の若手芸人との対抗戦がありましたが、無名時代の「にゃんこスター」と対戦してボロ負けしています。

 

2017年からはピン芸人として活動しています。

 

ピン芸人になってからはシュールなネタでマニアックな人気を誇っています。

 

 

28歳の時に出演した「おもしろ荘」で知名度が上昇して、バラエティー番組にも出演しはじめています。

 

 

 

さらに2020年にはYOUTUBEに自身のチャンネルを立ち上げています。

 

動画数は少ないのですが、相変わらずシュールな内容の動画をアップしています。

 

 

そしてこの年の「THE W」ではまさかの優勝を果たしています。

 

この際にはゆりやんレトリィバァさんやはなしょー、ぼる塾などの優勝候補を下しています。

 

 

今後は大ブレイクの可能性もありますね。

 

ちなみに吉住さんはラーメン店の「野方ホープ」でアルバイトをしていますが、アルバイト生活にもピリオドを打ちそうですね。

 

 

スポンサードリンク

 

吉住の学歴~出身高校(福岡県立東筑高校)の詳細

 

出身高校:福岡県 東筑高校 偏差値69(難関)

 

 

 

吉住さんの出身高校は、県立の共学校の東筑(とうちく)高校です。

 

この高校は1898年開校の伝統校で、福岡県内では古くからの進学校として知られています。

 

また約80%の生徒が部活動に参加しており、特に硬式野球部はたびたび甲子園に出場するほどの強豪です。

 

2020年の同校の主な進学実績は次のようになっています。

 

東京大学:4名

京都大学:6名

大阪大学:6名

九州大学:60名

 

同志社大学:15名

立命館大学:31名

西南学院大学:68名

福岡大学:60名

 

この高校には一般受験でしか入学できないので、吉住さんはかなり勉強ができたようです。

 

吉住さんは高校時代は硬式テニス部に所属して部活動に励んでいます。

 

 

硬式テニス部ではダブルスのメンバーとしてレギュラーでした。

 

またテニス部ではキャプテンを務めていました。

 

ただし高校3年生の時に出場した福岡県大会では初戦で敗れており、チームも普通の公立校にストレートで敗戦して1回戦負けとなっています。

 

そのため当時のテニス部はあまり強くなかったようです。

 

また吉住さんは特技をテニスではなく「球技」としているので、スポーツは得意なようです。

 

加えて高校時代は「落ちこぼれていた」とインタビューで話しており、学校の成績は悪かったようです。

 

またがむしゃらに勉強することもできなかったそうです。

 

このようなこともあったことから、自分の好きなことで頑張ろうと思っています。

 

加えて当時は東京03が好きでした。

 

そのため当初は大学に進学しないで、養成所に入所しようとも思いました。

 

しかし両親は反対されており、「一応、大学は行ってくれ」と言われたことから、とりあえず大学に進学しています。

 

【主な卒業生】

高倉健(俳優)

仰木彬(元プロ野球監督)

 

スポンサードリンク

 

吉住の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

吉住さんの出身中学校は、地元福岡県北九州市若松区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

若松区には以下の6校しか中学校はありませんが、現時点ではこれ以上絞り込みはできませんでした。

 

北九州市立洞北中学校

北九州市立二島中学校

北九州市立高須中学校

北九州市立若松中学校

北九州市立向洋中学校

北九州市立石峯中学校

 

中学時代もテニス部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

また中学時代は学習塾に通って、勉強もしっかりとおこなっていました。

 

そのため前記の進学校に合格しています。

 

吉住の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

吉住さんの出身小学校は、地元北九州市若松区内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

子供の頃はお笑いよりもバラエティ番組のほうが好きだったとのこと。

 

ただし吉住さんの幼少期や小学校時代の情報やエピソードはほとんど見当たりませんでした。

 

以上が吉住さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

玄人受けするシュールな芸風でマニアックな人気を誇っていましたが、2020年の「THE W」で下馬評を覆してまさかの優勝を飾っています。

 

そのため今後の大ブレイクの可能性もあります。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ