小瀧望の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

小瀧望(こたき のぞむ)

 

 

1996730日生

身長184

血液型はO型

 

大阪府出身の歌手、タレント、俳優

ジャニーズWESTのメンバー

 

以下では小瀧望さんの学歴と経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 
20087月にジャニーズ事務所に入所。 

2009年に中山優馬らとHey!Say!7WESTのメンバーとなる。

同年の「サムライ転校生」でドラマ初出演。 

2012年の「寮フェス!」で映画初出演し、「仮面ティーチャー」や「近キョリ恋愛」などの映画にも出演。 

2014年にジャニーズWEST1STシングル「ええじゃないか」でメジャーデビュー。

2016年の「世界一難しい恋」で連続ドラマ初出演。 

同年からファッション誌「FINE BOYS」のレギュラーモデルに起用される。 

2018年の「プリンシパル」で映画初主演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪学芸高校 特技コース 偏差値43(容易)

 

 

小瀧望さんの出身校は、私立の共学校の大阪学芸高校です。

 

同校は特技コースを設置して、芸能人やスポーツ選手を受け入れており、今後は在籍者もますます増えていきそうです。

 

いわば関西圏の堀越高校や日出高校のような存在になりつつあります。

 

NMB48のメンバーの白間美瑠さんや古賀成美さんらも同校の特技コースの卒業生です。

 

また在学中はジャニーズjr.西畑大吾さんやNMB448吉田朱里さんらと同級生でした。

 

小瀧さんは芸能活動を優先させるコースながら、学業の成績も優秀で仕事と両立させていました。

 

 

またサッカー部にも所属しており、運動神経も万能とのこと。

 

高校時代は体育祭などでも活躍したとのこと。

 

高校1年生の時に当時在籍していた「Hey!Say!7WEST」で待望のメジャーデビューの話しもありましたが、後に流れてしまったことをインタビューで明らかにしています。

 

「最初、Hey!Say!7WESTで優馬と一緒にやってたとき、このグループでデビューできるかもしれないって話があったんですね。あったんですけど、優馬はNYC boysで活動することになって、その話はなくなって

 

当時グループでもっとも人気の高かった中山優馬さんが別のユニットに移ったことから、メジャーデビューの話しはなくなってしまったようです。

 

また小瀧さんは当時はメジャーデビューできるかどうかで、かなり悩んだそうで、グループからメンバーが脱退しても止めることができなかったと述べています。

 

「僕自身、将来のこと不安だったし、悩んだ…。俺、人の人生を、人の決断を変える権利ないなって。がんばっても、デビューできるがどうかはわかんない。もし、デビューできなくて、“あのときやめとけばよかった”ってなったら……。自分の人生なんで、自分の好きに生きたほうがいいと思うんです。だから、もちろんさびしかったけど、俺は止めることはできなくて」

 

そのため「Hey!Say!7WEST」は小瀧さんのほか、重岡大毅さん、藤井流星さん、神山智洋さんの4人のメンバーとなっていますが、この時期を経験してことからメンバーとの絆も強くなったと話しています。

 

「絆は強くなりましたね。4人で、“ふたりのためにも、俺らは絶対デビューしよう”って約束して。デビューできなかったら、ふたりも後ろめたい気持ちになっちゃうでしょ?」

 

(高校時代)

 

また当時の関西ジャニーズJr.は2004年に関ジャニ∞がデビューしてからは、メジャーデビューしたグループがない状況でした。

 

そのため小瀧さんも高校時代は将来についてかなり不安を感じており、高校卒業までにメジャーデビューが決まらなかったら、ジャニーズ事務所を辞めようとまで考えていました。

 

ところが高校3年生だった2014年4月にジャニーズWESTとしてファーストシングル「ええじゃないか」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

またメジャーデビューした際には、多くのゆかりのある人たちから祝福を受けたことをインタビューで述べています。

 

「関西Jr.のメンバーや、家族、ファンの方、いろんな人が祝ってくれて、本当にうれしかったですね。今度は、心から笑えました。幼稚園から中学までいっしょだった地元の仲いいコが、中学時代の同級生、学年2クラスだったんで、5、60人なんですけど、全員から俺あてにお祝いのメッセージをもらってきてくれて。それだけじゃなくて、幼稚園、小学校、中学の先生からの手紙とかも、アルバムにまとめて持って来てくれたんです」

 

そして小瀧望さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校3年生の時に夢にまで見たメジャーデビューを飾ったことで、芸能活動一本に絞ったようです。

 

グループは人気アイドルグループに成長しましたし、小瀧さんも俳優として注目され、「世界一難しい恋」などの連続ドラマにレギュラーとして起用されています。

 

 

また2018年には映画「プリンシパル」の主演に起用されています(黒島結菜とW主演)

 

 

グループでの活動のほか単独での活動も増えていきそうな楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:大阪府 豊中市立第八中学校 偏差値なし

 

 

小瀧望さんの出身中学校は、地元豊中市内の公立校の第八中学校です。

 

後述するように小瀧さんは小学校6年生の時にジャニーズ事務所に入所しており、その年から「Hey!Say!7WEST」のメンバーとして活動していますから、中学校3年間も芸能活動をしていました。

 

ただしそれでも中学校時代はサッカー部に在籍おり、部活動にも励んでいます。

 

またサッカーは高校限りでやめてしまっていますが、かなりの腕前だったようです。

 

なお中学時代も関西ジャニーズJr.での活動がメインでしたが、中学校3年生の3月にテレビドラマ「サムライ転校生」で俳優デビューを飾っています。

 

 

当時は初々しさも残る少年といった感じですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:大阪府 豊中市立北丘小学校

 

 

小瀧望さんの出身小学校は、地元豊中市内の公立校の北丘小学校です。

 

家族構成は両親と7歳年上の姉の4人家族です。

 

 

小さい頃は「クラスの真ん中にいる感じ」とインタビューで述べています。

 

「幼稚園とか。小学校とか。クラスの真ん中にいる感じだったかな。リーダーじゃないんですけど。人見知りもしなかったし、あんまり引っ込む感じじゃなくて。あと、人を笑わすのが好きでした」

 

とは言え幼稚園の頃からバレンタインデーのチョコレートを2、30個ももらっていた信じられないエピソードも明らかにしています。

 

「幼稚園のころとかは、バレンタインでチョコを2、30個もらってましたけど。でも、どうなんでしょうね!?幼稚園のころって、フツーに渡すじゃないですか。たぶん、モテてなかったと思いますけどね」

 

 

また小瀧さんは小学校時代から運動神経がよく、特技でもあるサッカーはこの頃からはじめています。

 

加えて「Hey!Say!JUNP」の山田涼介さんに憧れていたことから、小学校6年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送ったことがきっかけとなって芸能界入りしています。

 

 

以上が小瀧望さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

メジャーデビュー前の高校時代はジャニーズ事務所を辞めることを検討するほど悩みなしたが、高校3年生の時に待望のメジャーデビューを果たしました。

 

その後の活躍は目覚ましく、グループ内でも押しも押されぬ人気メンバーとなりました。

 

またこのところは俳優としても注目されており、話題の連続ドラマに主要キャストとして起用されたほか、主演映画も製作されています。

 

(白衣の戦士)

 

さらに演技力を磨けば俳優としても大ブレイクする可能性を秘めており、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ