横山裕の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と生い立ち

「関ジャニ∞」の人気メンバーの横山裕さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りします。壮絶な生い立ちと幼少期、ジャニーズ事務所に入所した中学時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

横山裕(よこやま ゆう)

 

 

198159日生

身長176

血液型はA型

 

大阪府出身の歌手、タレント、俳優

関ジャニ∞のメンバー

本名は横山候隆(きみたか)




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1996年にジャニーズ事務所に入所。 

同年の「堂本剛のDOYA」でテレビ初出演。  

1998年の連続ドラマ「ドンウォーリー!」でテレビドラマ初出演。 

同年の「新宿少年探偵団」で映画初出演。 

2002年の関ジャニ∞結成に参加して、2004年にグループは「浪速いろは節」でメジャーデビュー。 

2005年の「劇団演技者。」でテレビドラマ初主演。 

20113月から情報番組「ヒルナンデス!」の曜日レギュラーを務める。 

2012年の映画「エイトレンジャー」で映画初主演。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪府 西野田工業高校(中退) 偏差値39(全日制)

※現在は西野田工科高校

 

 

横山裕さんは当初は中学校卒業後は高校に進学していないと思われましたが、当サイトの読者の方からこの高校に在籍したとの情報提供がありました。

 

提供者の方、ありがとうございます。

 

在籍したのは全日制ではなく、定時制課程です。

 

詳細は後述しますが横山さんは母子家庭に育っており生活が厳しかったこともあり高校進学とともに建設会社にも就職しています。

 

また当時は「早く自立したい」との思いもあったそうです。

 

中学3年生の時にジャニーズ事務所に入所していたことから、高校時代も関西ジャニーズJr.の一員として活動していますが、ニッカポッカ姿で通ったこともありました。

 

ただしその際には「ジャニーズは夢を売る仕事だから」ということで注意を受けたとのこと。

 

加えて横山さんは建築現場でも他の社員に迷惑をかけないように一生懸命働いたことから社長や同僚にも非常にウケがよかったそうです。

 

そのため後に芸能活動に専念して会社を退社する際には、社長から「芸能界がダメになったらいつでも戻ってきなさい」との言葉を贈られており、今でもその温かい言葉が耳に残っているとインタビューで述べています。

 

芸能活動が多忙になったことから建設会社は半年ほどで辞めて、以降は日雇いの肉体労働などをしながら芸能活動を続行しています。

 

また高校も入学から1年程度で中退してしまっています。

 

なお2016年にバラエティー番組「関ジャニ∞の仕分け」内の企画で、大倉忠義さん(高校中退)とともに高卒認定試験を受験して合格しており、最終学歴は高卒相当です。

 

 

ちなみに高卒認定試験を突破するにあたっては、芸能活動の傍らで231時間も勉強しており、努力家の一面をのぞかせています。

 

その際には横山さんはインタビューで次のように述べています。

 

「試験勉強を始めて、この二ヶ月間はすごく貴重な時間になりました。これまでの人生の中で一番勉強をしたと思います。最初、先生に心配されるほど、勉強ができませんでした。だから、最後までやり遂げられるかとても不安でいっぱいでした」

 

仕事面では当時からトーク力があったことから、「Kanjani Knight」や「ピカンチ」といったバラエティ番組に出演しています。

 

また17歳だった1998年には近藤真彦さんが主演した連続ドラマ「ドントウォーリー!」でテレビドラマに初出演しています。

 

 

ただし当時の横山さんは「タッキー&翼」として売れていた滝沢秀明さんを非常にひがんでいたことを明らかにしています。

 

「めっちゃひがんでましたよ。タッキーが売れてるのめっちゃ腹立ってましたもん。俺らが売れてないのはタッキーが売れてるからやと思ってました」

 

そして横山さんが21歳だった2002年に村上信五さんや丸山隆平さん、安田章大さんや大倉忠義さん、渋谷すばるさんや錦戸亮さん、内博貴さんと「関ジャニ∞」を結成。

 

2004年にグループは「浪花いろは節」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

以降の活躍は周知の通りでグループでの活動のほか、俳優や司会者・MCとしても数々のテレビ番組に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪市立此花中学校 偏差値なし

 

 

横山裕さんの出身中学校は、大阪市内の公立校の此花(このはな)中学校です。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍しており、主力選手として活躍しています。

 

また当時はバスケットボールの大阪選抜にも選ばれており、かなりの実力でした。

 

 

その一方で家庭が経済的に厳しかったことから、横山さんは中学時代からアルバイトをして家計を支えています。

 

中学3年生の時に同級生のジャニーズJr.がテレビに出ているのを見た母親が、「うちの子も入れるんちゃうか?」と思い、勝手に履歴書をジャニーズ事務所に送付したところ書類審査を通過しました。

 

面接では審査員だった滝沢秀明さんに落とされかけますが、たまたま帰りのトイレでジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんと一緒になって、「You、舞台観に来る?」と誘われて奇跡の合格を果たしています。

 

 

ちなみに横山さんがジャニーズ事務所に入所した1996年は他にも「嵐」の松本潤さんや二宮和也さん、相葉雅紀さん、「関ジャニ∞」の渋谷すばるさんや村上信五さん、そして生田斗真さんや山下智久さんらが入所しており「花の96年組」とも呼ばれています。

 

横山さんは中学3年生の10月にはバラエティ番組「堂本剛のDO-YA」のレギュラーに抜擢されています。

 

なお当初は全日制高校を受験するつもりでしたが、受験予定日にジャニー喜多川さんから「受験の日に予定がなかったら一緒にハワイに来るか?」と誘われて、ウソをついてハワイに同行したことから全日制高校受験はしませんでした。

 

帰国後に前記の西野田工業高校の定時制課程を受験して合格しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:大阪市立高見小学校

※入学は大阪市立伝法小学校

 

 

横山裕さんの出身小学校は、大阪市内の公立校の高見小学校です。

 

家庭環境は複雑で幼少期に両親が離婚して、しばらく母ひとり子ひとりの家庭に育った後に母親が再婚。

 

横山さんが6歳の時に次男、8歳の時に三男が生まれています。

 

 

また血のつながっていなかった義理の父親とはうまくいっておらず、木の棒で叩かれたエピソードをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

そのため4歳の時には一時横山さんだけが母方の祖父母の家に預けられて、母親や兄弟たちとは別々の生活をしたこともありました。

 

しかしその後に祖父が亡くなったことから小学校低学年の時に実家に戻っていますが、義父の暴力は激しくなって虐待を受けています。

 

ちなみに義父は血のつながっている弟たちには手を挙げずに、横山さんだけが虐待の対象になっています。

 

ところが母親が再び離婚したことから、以降は三兄弟で母子家庭に育ています。

 

 

母親は料理が苦手だったことから、マヨネーズごはんなどを食べたこともありました。

 

とは言え横山さんは女手ひとつで兄弟を育ててくれた母親にたびたび深い感謝をしています。

 

「おかんの性格は適当だけど心配性。めちゃくちゃ何回も電話してくる。僕が電話してくるなと言うので、もうだいぶ減りましたけど。でも、やっぱりね、できるときに何かしてあげな、と思います。おばあちゃんやおじいちゃんが亡くなってより一層そう思うようになりました。コンサートを見に来ることが楽しみであれば、来てもらって楽しんでもらえればいいなって。体にだけは気をつけてほしいと思っています」

 

また小さい頃の夢は「お母さんと結婚することだった」とも話しており、母親に対する深い愛情も感じることができます。

 

しかし2010年5月に母親はスーパーマーケットでの買い物中に突然倒れて、50歳の若さでそのまま亡くなっています。

 

当時の横山さんは29歳でしたが、このような子供時代の経験などもあって「生い立ちが壮絶」と言われるゆえんです。

 

ちなみにこのような経験がありながら弟たちの面倒はしっかりと見ており、学生時代は父親のように接していたほか、大学や専門学校の学費を負担して進学させています。

 

なお横山さんは子供の頃から運動神経が非常によく、小学校時代も体育の授業やスポーツは得意でした。

 

以上が「関ジャニ∞」横山裕さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

所属する「関ジャニ∞」は関西ジャニーズJr.から初のメジャーデビューをして大きな話題になりましたが、以降はジャニーズ事務所でも有数の人気アイドルグループに成長しています。

 

 

ただし内博貴さんや渋谷すばるさんに加え、2019年9月にはグループの中心的な存在だった錦戸亮さんがグループから脱退してジャニーズ事務所も退社したことから、グループの先行きは不透明な状態となってしまっています。

 

現在では横山さんはグループの活動のほか、タレントや俳優としても売れっ子となりマルチな活動を展開しています。

 

またトーク力に長けており、「ヒルナンデス!」の曜日MCも務めており、司会などを務めることもできる器用さを兼ね備えています。

 

 

かなりの苦労人ですがそれぞれのジャンルで高い人気を誇っているだけに、今後のいっそうの活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ