北川景子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

北川景子(きたがわ けいこ)

 

北川景子

 

1986年8月22生

160㎝

血液型はO型

 

兵庫県出身の女優

本名同じ(現在は内藤景子)

 

以下では北川景子さんの学歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードのなどをご紹介していきます。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治大学商学部商学科 偏差値60(やや難関)

 

 

北川景子さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

一般入試ではなくAO試験での入学です。

 

とは言え北川さんは高校時代には既に芸能活動を開始していましたし、後述のように通信制の高校を卒業したにも関わらず明治大学に合格したのは立派でしょう。

 

また北川さんもAO入試には厳しい条件があって、持っていた英検が評価されて合格したと語っており、この大学が第一志望だったことから合格をもらった時にはしあわせいっぱいだったとしています。

 

後述するように高校時代は医学部を目指すほどでしたしでこのあたりに地頭の良さが感じられますし、多忙な芸能活動の中でもコツコツと努力したのですね。

 

商学部を選んだのは以前から興味があったマーケティングや広告の勉強をしたいと思ったからです。

 

商学部商学科に在籍して応用経済学を学んでいますが、商学部の1学年下には後に交際が報道されることになるジャニーズの山下智久さんも在籍していました。

 

 

大学では軽音楽サークルに在籍していました。

 

後述するように北川さんは高校2年生の時に「ミスセブンティーン」のグランプリに輝きファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルを務めていましたが、大学2年生の時に女優業に専念するために卒業しています。

 

 

また大学2年生の時にハリウッド映画の「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」に出演していますが、この時には役作りのためにアメリカに2か月間語学留学しています。

 

 

大学時代には女優としても進化を遂げて、大学3年生の時に「モップガール」で連続ドラマ初主演。

 

 

大学4年生の時には「太陽と海の教室」でフジテレビの月9ではじめてヒロインを務めています。

 

 

そんな北川さんですが、実は大学3年生の時にこのまま芸能活動を続けるか、就職するか悩んだと言います。

 

トーク番組「A-Studio」に出演した際に、この頃のエピソードを次のように話しています。

 

「大学3年生ぐらいでみんな就職活動するんですけど、まだ(仕事が)安定してなかったのでどうしようかなって。芸能界一本でいくのか就活もしなきゃいけないのかって瀬戸際だった」

 

結局は腹をくくって芸能界一本で勝負することを決めた彼女でしたが、その後の努力などもあって、今や人気女優の仲間入りを果たしました。

 

本に曰く、芸能界でやっていこうと決めた直後は、かなり「ギラギラ」していたそうです。

 

ただしやはり女優業と学業の両立は大変だったらしく、「単純に時間がないのはつらかった」と話しており、寝ないで勉強をしてテストを受けてそのまま撮影現場に入ったこともありました。

 

とは言え大学時代は充実して楽しかったともコメントしており、残念だったのはゼミに入れなかったこととも語っています。

 

また大学を卒業することは両親との約束でもあり、学びに対する強い思いもあったともしています。

 

4年間で信頼できる友人や尊敬できる先生方と出会えたことが私にとっての一番の財産になりました。大学は私にとって「HOME」。そんな気持ちにさせてくれる大切な場所でしたと大学時代を総括しています。

 

 

以降の活躍は周知の通りで、現在では連続ドラマや映画に主演するほどの人気女優となっています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪 大阪女学院高校 普通科理系 偏差値69(難関)

※3年時に通信制のクラーク記念国際高校に転校して卒業

 

 

北川景子さんの出身校は私立の女子校の大阪女学院高校です。

 

この高校は大阪市中央区にある1884年創立の歴史あるミッション系の女子校で、地元からは古くからの「お嬢様学校」として知られており、大阪の女子校の中では四天王寺高校(偏差値70)と並び女子校ではトップレベルの難易度を誇ります。

 

また週1回の礼拝や聖書の授業、学期末の聖書のテストなどキリスト教に則った教育方針が特色でミッション系の高校らしく、英語教育にも力を入れています。

 

2018年度のこの高校の主な進学実績は次のようになっています。

 

近畿大学:83名

関西学院大学:60名

同志社女子大学:39名

同志社大学:38名

立命館大学:23名

 

神戸大学:5名

和歌山県立医科大学:1名

 

なお年度によっては京都大学や大阪大学にも合格者を出しています。

 

北川さんは高校時代は数学が得意だったことから、理系に在籍していました。

 

高校時代は部活はおこなっておらず帰宅部で、予備校に通っていましたが、あまり勉強面ではうまくいっていなかったことをインタビューで次のように語ってます。

 

「大学受験をしようと勉強ばかりしていて、部活もせずに予備校に通っていました。勉強、勉強の日々。それなのに、中学ぐらいまで調子がよかった成績は高校ではなかなか上がらなくて、高校に入ってからというもの、めっきり上手く行かなくなった。勉強ばかりしている生活は、もしかしたら間違いなのかもしれない…、間違ったことを自分の夢だと思い込んでいるのかもしれない…」

 

とは言え当時の北川さんが目指していたのは医学部で、精神科医になろうと思っていたことから、目標としていた勉強のレベルはかなり高いものでした。

 

しかし勉強で壁に当たっていた高校2年生の時に、地元神戸のモデル事務所にファッションモデルとしてスカウトされています。

 

北川さんは、「環境が変われば自分の本当の道も開ける」と思っていたので、芸能事務所入りを果たします。

 

そしてモデルデビューを果たしますが、その同じ年に「ミスセブンティーン」に選ばれて、一気に道も開くことになります。

 

 

さらは高校2年生の10月には「美少女戦士セーラームーン」の実写版で女優デビューも飾っています。

 

 

そのため仕事が多忙になったことから東京に転居する必要も出てきたため、両親に相談しますが当初は大反対されています。

 

北川さん自身は「この仕事は向いているかもしれない」と思ったことから、最終的には大学を卒業することを条件に両親を説得させています。

 

また自分から何かをしたいと言い出したのは中学受験以来だったことも、両親を納得させた材料になったようです。

 

そのため高校3年生に上がるタイミングで上京し、通信制のクラーク記念国際高校に転校して卒業しています。

 

この高校の通信制は登校日を週1~5日から選べることができ、自分のペースで学習できることからこのところ在籍する芸能人が多く、AKB48の指原莉乃さんや俳優の市原隼人さん、錦戸亮さん、タレントの重盛さと美さんらも卒業生です。

 

急激に仕事が増えた北川さんにとってもマイペースで学習できるこの高校の学習スケジュールは都合がよかったようですね。

 

なお大阪女子高校時代に学校の方針で、毎年英検とTOEIC、TOEFLを受験していましたが、前述のとおり大学のAO試験で評価されたので、「やっててよかった」と話しています。

 

 

【大阪女学院高校の主な卒業生】

堂珍敦子(ファッションモデル)

東風万智子(女優・旧芸名真中瞳)

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:大阪女学院中学校 偏差値55(中の上)

 

 

北川景子さんの出身中学校は、私立の女子校の大阪女学院中学校です。

 

この中学校は高校と併設しており、系列校でもあるので高校へは一般受験ではなく内部進学の形で進んでいます。

 

なお高校からの入学は難関ですが、この中学は定員などの関係もあり高校ほど入学は難関ではなく、トップレベルの四天王寺中学校(偏差値68)などからはかなり引き離されているのが現状です。

 

北川さんは神戸市出身ですが、中学受験をしてこの中学校に入学しています。

 

幼い頃から医者になりたくて、進学実績のあるこの中学校に入学しています。

 

なお北川さんは自身のブログ内で第一志望の中学校には落ちたことを明らかにしていますが、もしかしたら進学実績が抜群の四天王寺中学校あたりが第一志望だったのかもしれません。

 

北川景子 高校

 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:神戸市立上筒井小学校

 

 

北川景子さんの出身小学校は、地元神戸市中央区の公立校の上筒井小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

インターネット上では父親の勤務先は三菱重工とも言われていますが、中学校から私立に進学して医学部を目指した経緯などからして、普通以上の生活レベルであったことは間違いなさそうです。

 

また北川さんは父親についてはほとんど語ることはありませんが、週刊新潮によれば父親は三菱重工の防衛・宇宙セグメントのナンバー2で、戦闘機や戦車を開発製造して自衛隊に収める、いわば日本の防衛産業のトップシークレットを握る立場にある人物と報じており、そんな仕事柄もあって話したがらないとしています。

 

両親は非常に躾に厳しく育てており、本人も礼儀作法に厳しかったと話しています。

 

北川さんは小学2年生だった8歳の時に阪神淡路大震災に遭っています。

 

実家は震源に近かい壊滅的な被害を受けた地域のひとつだったことから小学校の同級生を多く亡くしており、20歳の時に出演した映画「Dear Friends」の記者会見では次のように述べています。

 

「阪神大震災で同級生が半分ぐらい命を奪われたのを目の当たりにしました。あのときからわたしは、生きているということが幸せなんです」

 

また震災の当時のことをブログで次のように綴っています。

 

「近隣の県の方々からたくさんの支援をしていただいて救われたこと、被害が比較的小さかった近隣の地域の方々が被災地を慰問して下さった際に震災前と変わらぬ様子で笑顔で接して下さる事が私たち被災者にとって、とても心強かった事、そんなことを思い返していました」

 

前記の通り当初は医者を目指した北川さんでしたがそのきっかけも阪神淡路大震災に遭ったことで、人の役に立つ仕事がしたかったためです。

 

また幼い頃は病弱であったことから病院に行くことが多く、本人も病院が好きだったことも理由のひとつになっているようです。

 

そのため小学校5年生の時に、中学受験をして私立の進学校の中学に進むことを決意しています。

 

小学生時代はピアノと水泳といった習い事をしていました。

 

 

以上が北川景子さんの学歴のまとめと学生時代のエピソードです。

 

その後は「謎解きはディナーの後で」や「ハンサム☆スーツ」、「HERO」、「探偵の探偵」などの話題作のテレビドラマや映画に数多く出演。

 

現在では日本を代表するような人気女優となって、多くのファンからも高い支持を集めています。

 

またメイクや髪型、衣装などもたびたび話題となるなど、ファッションリーダーとしても注目を集めています。

 

そして29歳の時に人気タレントのDAIGOさんと結婚をして、大きな話題となっています。

 

 

公私ともに充実しており、女優としては円熟期も迎えることからさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ご拝読ありがとうございました。ご質問ご意見等あればページ上部の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ