井上真央の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|高校時代はオール5だった!

 

人気女優の井上真央さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は井上さんは勉強もでき、高校時代はオール5の成績もとっていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

井上真央(いのうえ まお)

 

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e7%9c%9f%e5%a4%ae

 

1987年1月9日生
身長158㎝

血液型はO型

 

神奈川県出身の女優

本名同じ

 

以下では井上真央さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

4歳で劇団に入り、5歳で子役としてデビュー。

1997年に三井のリハウスのCMで、リハウスガールの池脇千鶴の妹を演じて注目される。

1999年の昼ドラ「キッズウォー」で人気を博し、同作はシリーズ化される。

2005年「花より男子」で連続ドラマ初主演し、その後も「ファーストキス」「ダーリンは外国人」などの話題作のドラマや映画に出演し人気女優となる。

2011年ではNHKの朝ドラ「おひさま」で朝の顔に。

同年公開の映画「八月の蝉」では日本アカデミー賞主演女優賞を受賞し、演技派としての地位も確立。

2015年「花燃ゆ」でNHK大河ドラマに初主演を果たす。

 

井上真央の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:明治大学 文学部文学科演劇学専攻 偏差値63(やや難関)

 

 

井上真央さんは高校卒業後は、明治大学に進学しています。

 

ただし一般受験ではなく、自己推薦制度(AO入試)での進学です。

 

そのため高校3年生だった2004年は、大学進学のために芸能活動を一時休止して受験勉強に励んでいます。

 

詳細は後述しますが井上さんは他大学の系列校に通っていましたが、系列の大学に進学せずによりレベルの高い明治大学に進学しています。

 

 

また井上さんが大学に進学したきっかけは、タレントの檀ふみさんに「学業は女優業に邪魔にはならないわよ」との言葉だったことをインタビューで話しています。

 

加えて文学部に在籍して演劇を専攻したことについては次のように話しています。

 

「文学部で演劇学を専攻していました。単純に興味があったのと、今まで子どもの頃から演技をしてきて、実践のなかだけで学んできたので、知識をつけるという意味でちゃんと演劇理論も学んでみたいなと思って選びました」

 

なお井上さんがこの大学に在籍した当時は、同じ学年に女優の北川景子さん、1学年上に山下智久さんも在籍していました。

 

井上さんは大学1年生だった2005年に芸能活動を再開していますが、学業との両立はそれほど苦ではなかったとインタビューで述べています。

 

「レポートに追われる日々でしたね(笑)。朝イチでロケに行って、終わって合間の時間があったら学校に行って1限から授業に出て、そのあとまた現場に戻って夜の撮影をこなして……。空き時間もずっとレポートを書いているなど、大変といえば大変でしたが、義務教育の頃のほうがもっと大変だったので、それほど苦ではなかったです」

 

なお撮影のない時はびっちりと授業を入れていたため、大学1、2年生の時は大変だったそうです。

 

また大学で出会った友達とは、卒業後も付き合いがあるそうです。

 

特に仲が良かった5人組で、大学時代は友達や花火などのイベントに行ったり能なども観劇したそうです。

 

さらに井上さんは大学時代の思い出を次のように振り返っています。

 

「憧れていた「大学生活」が実現できたことですかね。よくある、大講堂のいちばん上で講義を聞いているあの感じとか(笑)、食堂に友達みんなで行って学食を食べるとか、そういう大学生らしい生活ができたことは楽しかったですね。学食に行ったあと、次の時間に授業がないと屋上に行ってのんびりしたり、授業の合間にカラオケに行ったり。それで、「間に合わない!」って走って学校に帰ったり(笑)……、青春でしたね」

 

なお友達と一緒に卒業したかったので、大学は留年することなく4年間で卒業しています。

 

 

ちなみに卒論のテーマは尊敬する女優の杉村春子でした。

 

仕事面では大学1年生だった2005年に「花より男子」で、連続ドラマにはじめて主演しています。

 

 

ちなみにこの作品には松本潤さんや小栗旬さん、貫地谷しほりさんや大政絢さんなど当時の有望な若手俳優・女優が複数出演していました。

 

また大学3年生だった2007年には「ファーストキス」で、はじめて月9ドラマの主演に起用されています。

 

 

映画でも「花より男子F」や「僕の初恋を君に捧ぐ」などの作品に主演しています。

 

このように仕事に大忙しの大学時代ですが、学業と両立させたのは立派ですね。

 

女優としても大学時代にその人気を揺るぎないものとしています。

 

スポンサードリンク

井上真央の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 日本大学藤沢高校 偏差値63(やや難関)

 

 

井上真央さんの出身高校は、私立の共学校の日本大学藤沢高校です。

 

この高校は1946年開校の私立高校で、硬式野球部が強豪として知られています。

 

また文字通り日本大学の系列校ですが、大学は他の難関大学に進学する生徒も少なくありません。

 

早稲田大学や慶応大学、上智大学など難関大学にもコンスタントに合格者を輩出しています。

 

井上さんはこの高校に一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

井上さんは高校入学時には若手女優として多くの作品に出演していましたから、このような進学校に進んだのは大変な努力の賜物でしょう。

 

高校時代は仕事があったことから部活動などはおこなっていません。

 

井上さんの母親は大変厳しいことで知られており、高校時代は成績が落ちたら仕事を辞めることを言い渡されていました。

 

そのため井上さんは高校時代も勉強を頑張って、オール5の成績をとっています。

 

高校1年生だった2002年には「キッズ・ウォー4」、翌年には「キッズ・ウォー5」などに出演しながら、学業との両立をしています。

 

 

特に高校時代は国語の勉強を頑張っており、古典も好きでした。

 

高校3年生の時は受験勉強のため芸能活動を一時休止していますが、その際には朝の7時から夜の23時まで勉強をしていました。

 

とは言え仕事もしていたので両立が大変だったとインタビューで述べています。

 

「3年生のころは学校と仕事の両立が大変で、時々は勉強に集中できなくなることもありました。それでも受験を乗り越えた経験が大きな自信になったことも確か」

 

ちなみに受験勉強の時は「家庭教師のトライ」を利用しており、後に広告にも出演しています。

 

 

【主な卒業生】

瀬川亮(俳優)

館山昌平(プロ野球選手)

山本昌(プロ野球選手)

 

スポンサードリンク

 

井上真央の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立浜中学校 偏差値なし

 

 

井上真央さんの出身中学校は、地元横浜市内の公立校の浜中学校です。

 

中学時代は美術部に在籍していました。

 

美術部では防犯ポスターなどを制作していました。

 

%e4%ba%95%e4%b8%8a%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%ad%a6

(中学時代)

 

井上さんは6歳で子役デビューしていることから、中学時代も3年間にわたって芸能活動をおこなっていました。

 

そして中学1年生だった1999年から昼ドラの「キッズ・ウォーシリーズ」に出演して、女優として注目を集めています。

 

 

なおこの作品は2003年の「5」まで4年間にわたって放映されていますが、井上さんは人気が高かったことから全作品の全話に出演しています。

 

加えて井上さんは中学時代は個別指導塾に通学して勉強も頑張っており、学校の成績も非常に優秀でした。

 

【主な卒業生】

HIRO(EXILE)

向井理(俳優)

 

井上真央の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:神奈川県 横浜市立梅林小学校

 

 

井上真央さんの出身小学校は、地元横浜市内の公立校の梅林小学校です。

 

家族構成は両親と14歳年上の兄の4人家族です。

 

井上さんは4歳の時に母親の勧めで劇団東俳に入団して、翌年に子役としてデビューしています。

 

 

デビュー作は1992年のテレビドラマ「真夏の刑事」で、パトカーにはねられて死んでしまう少女役でした。

 

子供の頃は人見知りで、家で遊ぶのが好きな少女でした。

 

小学校に進学すると活発になり、男の子とケンカもするようになっています。

 

 

小学校時代には日舞とクラシックバレエを習っていました。

 

10歳だった1997年に出演した「三井のリハウス」のCMで、池脇千鶴さんの妹役で子役として注目されています。

 

 

ただし小学校時代はテレビに出演していたことが原因でイジメに遭ったこともありました。

 

なお当時から井上さんは勉強が得意で、学校の成績も優秀でした。

 

また運動神経もよく、スポーツも得意でした。

 

以上が井上真央さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に女優としてブレイクしていますが、以降も話題のテレビドラマや映画に主演するほどの人気女優となっています。

 

2011年にはNHKの朝ドラ「おひさま」のヒロインに起用されています。

 

 

また2015年には「花燃ゆ」で大河ドラマの主役にも起用されています。

 

 

子役出身者で演技力も評価も高いことで知られていますが、女優としても円熟期を迎えていますので今後の一層の飛躍も期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ