山下智久の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

人気俳優の山下智久さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも勉強嫌いだった中学校・高校時代や学業と仕事を両立させた大学時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

山下智久(やました ともひさ)

 

山下

 

198549日生

身長174

血液型はA型

 

千葉県出身の俳優、歌手

アイドルグループNEWSの元メンバー

本名同じ、愛称は山P

 

以下では山下智久さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1996年に滝沢秀明に憧れてジャニーズ事務所入り。

2000年の「池袋ウエストゲートパーク」で連続ドラマ初出演。 

2003年にNEWSの結成の際にメンバーとなり、「NEWSニッポン」でデビュー。 

2005年に亀梨和也とのユニット修二と彰で「青春アミーゴ」をリリースし、ミリオンセラーとなる。 

同年の「野ブタを。プロデュース」で連続ドラマ初主演。 

同年「抱いてセニョリータ」でソロデビュー。 

2008年の「クロサギ」で映画初出演にして主演。 

2011年にNEWSを脱退して、ソロ活動に専念。 

その後も「SUMER NUDE」や「アルジャーノンに花束を」などの連続ドラマに主演。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治大学 商学部 偏差値60(やや難関)

 

 

山下智久さんは高校卒業後は、自己推薦で明治大学の商学部に進学します。

 

推薦と言えども高校は芸能コースに通っていましたから、このレベルの大学に進学するのはまさに異例です。

 

高校時代にも多くのテレビドラマに出演しましたから、このあたりは彼の真面目である面も垣間見ることができます。

 

大学に進学したのは嵐の櫻井翔さんがすごい勉強しているのを見てたことが影響したそうです。

 

その際の経緯についてはインタビューで次のように話しています。

 

「僕も人生に悩んだ時期があったといいますか。デビューできるかどうかも分からない状況だったので、一応大学に行ってちゃんと勉強して、万が一のために備えようっていう刺激を(櫻井から)いただき、大学行かせていただきました」

 

また商学部に進学したのは実家が商売をしていることから、経済や商業に興味があったからということです。

 

「経営学とかマーケティングを学んでみたくて…。どういう商品が消費者に求められているのかを勉強すれば、例えばコンサートをやった時に自分たちがグッズを作ったり、デザインをさせてもらう際にも、生かせると思うんです」

 

大学1年生の時にNEWSが結成され、大ブレイクを果たしますから、大学時代は仕事と学業に多忙だったはずです。

 

(大学時代)

 

それでも必須科目の多かった大学2年生までは、山下さんは毎日大学に通学していたことをインタビューで述べています。

 

当時は卒業するために「気合で何とかする」と語っていましたが、さすがに合コンはできないとも話しています。

 

また大学の1年後輩に女優の北川景子さんが在籍しており、在学中は交際が報道されたこともありました。

 

 

北川景子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代

 

またグループでの活動のほか、大学2年生の時には亀梨和也さんとのユニット「修二と彰」で「青春アミーゴ」をリリースしています。

 

 

なお驚くことに「修二と彰」の結成時には、同い年の亀梨さんとは不仲だったことをインタビューで明らかにしています。

 

「バチバチしていました。グループ的にも、NEWSとKAT-TUNで同じ世代だったのでバチバチしていて、その中で亀(亀梨)は華麗にウインクとか決めて『キャー』っていうのがある。僕は男とばかりつるんでいたんで、そういうの恥ずかしいというところで嫉妬していたんだと思うんですけど、今考えると、亀のプロ意識に対して、できない自分がふがいないというか、それで亀に“ちょっとな”ってなってたんだと思います」

 

しかし亀梨さんとはその後にお互いの嫌いな点を言い合ったことがきっかけで関係も修復されて、現在は親友の仲です。

 

亀梨和也の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

そして同時期には「野ブタ。をプロデュース」で連続ドラマに初主演しています。

 

 

大学3、4年生の時には「プロポーズ大作戦」と「コード・ブルー」にも主演するほど、俳優としての人気が高まっていました。

 

ただしわずか3科目6単位足りなかったことから、大学は半年遅れでの卒業となりました。

 

「追試でリポートも提出したんですが、出席日数が足りませんでした」

 

とは言え当時の山下さんの多忙ぶりを考えれば、仕事の傍らで大学を無事に卒業したのは立派ですね。

 

 

また本人も大学に行ったことで外の世界を色々と知ることができたと語っています。

 

「大学に行ったことで外の世界をいろいろと知ることができたことと、大学時代の友達が社会に出て頑張っている話を聞いたりしていたら、僕は役のためや、自分のことを応援してくれるみんなのために頑張っているけど、友達もみんな会社や家族や守る者のために頑張っているんだなって思ったんです」

 

加えて英語が堪能なことで知られている山下さんですが、大学卒業後に妹の家庭教師との会話がきっかけで英語を独学で学びはじめています。

 

現在は通訳なしでアンジェリーナ・ジョリーやエル・ファニングにインタビューできるほどです。

 

 

YOUTUBEに山下さんがMCを務めた「大人のKISS英語」でアンジェリーナ・ジョリーさんとエル・ファニングさんと英語で話している動画がありましたのでご紹介いたします。

 

(アンジェリーナ・ジョリーさんとの対談は4:56あたりからはじまり、エル・ファニングさんとの対談は13:16あたりからスタートします)

 

ちなみに中学時代の山下さんの英語の成績は「2」で、決して得意科目ではありませんでした。

 

このあたりにも山下さんの向学心の高さや努力家であることが窺えるエピソードですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

山下智久さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

中学時代から芸能活動をおこなっていたので、より幅広く活動するために同校の芸能コースに進学しました。

 

当時の同級生には城田優さん、小池徹平さん、蒼井優さん、上戸彩さん(中退)などがいました。

 

山下さんは高校1年生までは成績がオール2と、勉強が苦手でした。

 

たびたび追試を受けており、進級も危ぶまれました。

 

ところが高校1年生の時に現在でも親友である城田優さんが勉強を教えてくれたおかげで、成績もかなり良くなりました。

 

(高校時代・城田優と)

 

当時の山下さんは「勉強をやっても意味がない」と考えていましたが、成績が優秀だった城田さんが手を差し伸べてて勉強を教え、テスト前には山下さんの家の近所のファミレスまでわざわざ出向いてくれたこともあったほどです。

 

また追試の勉強にも付き合ってくれて、それまでの山下さんは苦手だった英語は17点ほどしかとれなかったのが、89点をとるなど城田さんのお陰で急激に成績もよくなったそうです。

 

その際にはこれ以上城田さんに迷惑をかけられないと思ったことから、以降は勉強にも力を入れて、追試を受けることもなくなったばかりか城田さんを追い抜くほどの優秀な成績となったそうです。

 

なお前述のように山下さんは明治大学に自己推薦で入学していますが、相当いい成績だったことが推測されます。

 

世話好きで知られる城田さんですが、持つべきものは真の友達ですね。

 

そんな城田さんに関しては山下さんも次のように述べています。

 

「仕事で一緒にならなかったからこそ、10代の多感な時期をライバルと意識せず付き合えたのかもしれない。ながーい青春の日々を一緒に過ごした親友」

 

加えて山下さんは高校入学直後は「友達なんかいらない」と考えていたそうですが、城田さんと出会ったことで考えも変わったようです。

 

城田優の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

山下 高校時代

(高校時代)

 

また山下さんは高校時代は「学校が楽しくてたまらない」とインタビューで述べており、かなり充実した高校生活だったようです。

 

高校3年生の時には大学進学に備えて塾にも通学していました。

 

当初の勉強嫌いからしてみれば、山下さんは高校時代にかなり意識が変わったようですね。

 

加えて高校時代は俳優として注目されはじめた頃で、「ロングラブレター」や「ランチの女王」などの話題作の連続ドラマにレギュラーキャストとして起用されています。

 

 

そんな中でも留年することなく高校は卒業しており、公私ともに大きな実りのあった高校時代でした。

 

 

ちなみに同い年のKiss-My-Ft2の北山宏光さんも堀越高校に通学していましたが、体育コースだったことから山下さんとは校舎が別でした。

 

しかし高校時代に何度か見かけた山下さんの影響で、高校時代にジャニーズ事務所に入所しています。

 

北山宏光の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 船橋市立高根台中学校 偏差値なし

 

 

山下智久さんの出身中学校は、船橋市内の公立校の高根台中学校です。

 

小学校を卒業後は、松戸市立和名ヶ谷中学校に進学しています。

 

中学生の頃は既にドラマやバラエティー番組などに出演していたので、部活動などはおこなっていないようです。

 

また中学2年生の時に実家の転居に伴って、船橋市立高根台中学校転校して卒業しています。

 

(中学時代)

 

ただし山下さんは中学校時代には先輩からジャニーズタレントであることを冷やかされたりしたことから、当時を振り返って「学校は嫌いだった」とインタビューで述べています。

 

また仕事の都合で中学校にはあまり通えなかったこともあって、成績も悪かったとのこと。

 

「中学の頃はめっちゃアホでした」

 

それでも高校時代に仕事をしながら勉強も巻き返して、大学にまで進学したのですから大したものですね。

 

 

加えて山下さんはインタビューで、初恋が中学校時代だったことを明らかにしています。

 

「ぼくの初恋は中学の頃。遅い? そんなことないよ、だんだん女の子に興味が出てくるようになる年齢じゃない? クラスも学校も違う子だったけど、その頃は価値観のすべてが恋愛だったんだ。その子といる時間が全てだった。初恋は切ないし痛かったよね。ドキドキの毎日だったな…忘れかけていたものを思い出した。っていうか、どこまでも話しちゃうけど、相手が誰かなんて調べないでね!」

 

「相手が誰が調べないでね」とか「学校も違う」と言っていることから、もしかしたら芸能関係者だったかもしれませんね。

 

なお中学校時代はジャニーズJr.での活動の傍ら、山下さんは中学校1年生の時に「BOYS BE…Jr.」で俳優デビューしています。

 

また中学校2年生の頃には「っポイ!」で早くも連続ドラマの主演に起用されています(相葉雅紀さんとW主演)。

 

 

このように中学時代に俳優としても注目を集めはじめていました。

 



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:千葉県 松戸市立大橋小学校

 

 

山下智久さんの出身小学校は、地元である千葉県松戸市内の公立校の大橋小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

幼少期に両親が離婚して、妹とともに母親に引き取られて母子家庭で育ちます。

 

ちなみに父親は整骨院を経営していると言われています。

 

また2歳年下の妹は日本大学芸術学部に進学しておりアナウンサーを目指していましたが夢は叶わず、現在はWEBデザイナーをしているとのこと。

 

 

さらに母子家庭に育ったこともあって、母親や妹とも非常に仲がいいそうです。

 

また母親が働いているときには祖母が面倒を見ており、子供の頃はおばあちゃん子だったとのこと。

 

小学生の頃は水泳や空手、そろばんといった習い事をしており、特に小学校4年生まで習っていた空手では市内の大会で2位になったこともあります。

 

空手は幼稚園の頃からはじめていますが、「紫帯」だったそうで3級から7級の腕前です(流派により異なる)

 

また他にも野球をやっており、スポーツは得意でした。

 

小学校5年生の時にテレビで観た滝沢秀明さんに影響されて、芸能界に憧れを持ちます。

 

当時の滝沢さんは中学生ながらもドラマに主演するなど、高い人気を誇っていました。

 

母親の後押しもあって、ジャニーズ事務所に履歴書を送ったところ合格してその年の9月に入所します。

 

 

また事務所入りした後は、憧れだった滝沢さんにかなり面倒を見てもらったそうです。

 

「(事務所に)入った後も、すごい面倒見てもらったので。家に泊めてもらったりとか。テレビで観てた人が目の前で会えて本当に興奮してましたね、当時」

 

また山下さんは小学校6年生の時にジャニーズJr.の一員としてアメリカのロサンゼルスをはじめて訪れており、その時以来この地が憧れとなっています。

 

そのため現在では年5回もロサンゼルスを訪れるほどで、2018年5月には現地のアクターズスクールに2か月間通学して、演技も学んでいます。

 

「アナザースカイ」に出演した際には、山下さんは勝手知った街であるロサンゼルスを紹介していました。

 

また前記のように英語が堪能な山下さんですが、何度もこの地を訪れていることも彼の英語力とは無縁ではないはずです。

 

 

以上が山下智久さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

NEWS時代は押しも押されぬトップアイドルになりました。

 

脱退後はソロ歌手としても俳優としても人気を博しましたが、最近では俳優業に重きを置いているようです。

 

 

演技にも定評があり、絶大な人気も誇りますから、今後の動向にも注目ですね。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ