小松彩夏の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

小松彩夏(こまつ あやか)

 

 

1986723日生

身長160

血液型はA

 

岩手県一関市出身の女優、ファッションモデル

本名同じ

 

以下では小松彩夏さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:岩手県 一関第二高校 偏差値45(容易)

 

 

小松彩夏さんの出身校は、県立の共学校の一関第二高校です。

 

この高校は1907年開校の伝統校で、前身が高等女学校だったことから現在でも生徒の7割を女子が占めています。

 

小松さんの高校時代は複雑な経緯を辿っており、入学したのは私立の共学校の一関学院高校(偏差値4050)です。

 

この高校は部活動が非常に盛んで、特に硬式野球部や陸上競技部は全国大会の常連です。

 

小松さんもこの高校に在学中は卓球部に所属しています。

 

 

高校2年生の時にローティーン向けのファッション誌「CANDy」のモデルオーディションに応募したことがきっかけで芸能界入りしています。

 

しかし一関学院高校が芸能活動を禁止していたことから、高校2年生の時に公立校の一関農業高校に転校しています。

 

ところが転校先の一関農業高校が高校3年生の時に一関第二高校に統合されたことから、この高校に移って卒業しています。

 

このように小松さんは高校時代は一関市内の3校に在籍していたことになります。

 

高校2年生の時に実写版の「美少女戦士セーラームーン」のセーラーヴィーナスや役に起用されていきなり注目を集めています。

 

 

ちなみにこのドラマには北川景子さんや泉里香さん、安座間美優さん、沢井美優さんもレギュラー出演しており、現在でも交流があってたびたび「セーラー戦士の会」を開催しています。

 

(左から安座間美優、泉里香、沢井美優、北川景子、小松彩夏)

 

また小松さんは高校時代にグラビアアイドルとしても活動を開始して、高校3年生の時には「日テレジェニック2004」にも選ばれています。

 

 

なお芸能界デビュー後も首都圏の高校などには転校することはなく、仕事のたびに地元の一関市から新幹線で上京しています。

 

そして小松彩夏さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

在籍した高校のレベルなどを考えると、当初から大学進学するつもりはなかったのかもしれません。

 

高校卒業とともに上京し芸能活動を本格化させていますが、上京直後は「(東京に)山がなくて落ち着かない」とインタビューで話しています。

 

20歳の時には「ダンドリ娘。」で連続ドラマの主演に起用されています。

 

 

また同じ年には映画「ドリフト」にも主演するなど、かなり高い期待を背負っていました。

 

以降も「バンビ~ノ」や「ブザー・ビート」、「美咲ナンバーワン!!」などの人気ドラマにレギュラーとして起用されています。

 

 

またファッションモデルとしても「東京ガールズコレクション」などにも出演していました。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:岩手県 一関市立南小学校

 

出身中学校:岩手県 一関市立一関中学校 偏差値なし

 

小松彩夏さんの出身小学校は、地元一関市内の公立校の南小学校です。

 

家族構成は両親と2人の兄の5人家族です。

 

子供の頃から髪の色が茶色がかっており、学生時代には自毛証明書を提出したり、高校時代には髪の色を理由に先輩に呼び出されたそうです。

 

 

小松さんは子供の頃から運動神経がよく、小学校時代は地元のスポーツ少年団に所属してバスケットボールをやっていました。

 

中学校も地元の公立校に進学して、卓球部に在籍していました。

 

(ツイッターに登校した中学時代の写真)

 

以上が小松彩夏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

全盛期にはアイドルなみの人気を誇っており、これまでも数多くのテレビドラマや映画に出演してきました。

 

 

ところが20193月にこれまで16年間所属してきた大手事務所のアミューズを退社しています。

 

今後の活動なども心配ですが、未だに根強い人気を誇る人物だけに、頑張ってほしいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ