森保一の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

森保一(もりやす はじめ)

 

 

1968823日生

身長174

 

長崎県出身(静岡県生まれ)の元サッカー選手、指導者

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

弟は元サッカー選手の森保洋。

 

1987年にJSLのマツダ(現サンフレッチェ広島)に入団。

 

1989年にJSL2部でデビュー。

 

1991年にプロ契約を結んで、マツダのJSL1部昇格に貢献。

 

1992年に日本代表に初招集。

 

 

1993年にJリーグが開幕するとサンフレッチェ広島のレギュラーとして活躍し、1994年にチームはステージ優勝。

 

1998年に京都パープルサンガに移籍するも、翌年に広島に復帰。

 

2002年にベガルタ仙台に移籍して、翌年に現役引退。

 

 

指導者としては2012年から広島の監督に就任し、4年間で3度の優勝を飾る。

 

 

201710月にU-23の監督に就任し、2018年のロシアワールドカップでは日本代表のコーチを務めた。

 

学歴~出身小中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長崎日本大学高校 偏差値40台前半(当時)

 

森保一さんの出身校は、私立の共学校の長崎日大高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特に硬式野球部は県内では強豪として知られています。

 

また近年は進学コースなどを設置して進学実績が向上していますが(偏差値は4360)、森保さんの時代はレベルはさほど高くありませんでした。

 

唐津市立鏡山小学校から長崎市立深堀中学校を経て、同校に進学しています。

 

当初はサッカーの強豪校の国見高校に進学しようとしていましたが、父親に反対されて同校に進学しています。

 

高校時代は主力選手としてチームをけん引して、国体の長崎県選抜にも選出されています。

 

しかし国見高校や島原商業高校などの強豪に阻まれて、チームは全国大会には出場できませんでした。

 

【主な卒業生】

大瀬良大地(プロ野球選手)

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

森保一さんは高校卒業後は、日本リーグのマツダに入団したため大学などには進学していません。

 

入団当時は5人の新人のうちもっとも評価が低かったのですが、後に日本代表の監督も務めたハンス・オフトに見いだされています。

 

森保さんはJSLからJリーグ黎明期に活躍し、日本代表に選ばれるほどのプレーヤーでした。

 

また指導者としてもサンフレッチェ広島を率いて4年で3度のリーグ優勝に導くなど、辣腕を振るっています。

 

日本代表の監督候補に名前が挙がっていますが、その手腕にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ