田中史朗の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

田中史朗(たなか ふみあき)

 

 

198513日生

身長166㎝、体重75

 

京都府出身のラグビー選手

キャノンイーグルス所属

 

以下では田中史朗さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

田中史朗の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:京都産業大学 経営学部 偏差値50(普通)

 

 

田中史朗さんは高校卒業後は、京都産業大学に進学しています。

 

ただし後述するように田中さんは実家が裕福ではなかったことから、大学へは祖父母に援助してもらって進学しています。

 

また本当は当時ラグビー部が大学日本一だった関東学院大学へ進学したかったのですが経済的な理由から断念し、実家から通学できる同大に進学しています。

 

同大のラグビー部は関西圏では強豪として知られており、田中さんも大学時代もラグビー部に所属して主力選手として活躍しています。

 

 

また大学4年生の時は同大のラグビー部は大学選手権で9年ぶりに準決勝に進出していますが、田中さんはその原動力となっています。

 

このような大学時代の活躍を受けて、田中さんは大学時代に将来はラグビーで生きていくことを決めたとインタビューで話しています。

 

「僕は大学時代にすでに、将来はラグビーで生きていきたい!と決めていましたし、そのためにラグビーは人一倍、一生懸命練習してきました」

 

ただし大学時代はあまり勉強を重視していなかったようで、若干の後悔もあるようです。

 

「でも、もし勉学も大切だと気づけていれば、しっかり勉強して「考える力」がさらにつき、今の自分のラグビーのレベルももっとあげられていたかもしれない」

 

また実家の経済的な状況を考えて、大学を中退して社会人としてラグビーを続けることも考えたそうです。

 

とは言え大学4年間にわたりラグビーに打ち込めたことに関しては、田中さんは両親に感謝しています。

 

「大学で好きなラグビーをさせてもらったことは、親に感謝しかありません。そして、いつかラグビーで恩返しがしたいという思いがあったから4年間を頑張れたんだと思います」

 

大学卒業後は三洋電機ワイルドナイツ(現在はパナソニック)に入団して、1年目からレギュラーとして活躍しています。

 

 

また23歳だった2008年にはじめて日本代表に選出されると、以降は長きにわたって主力選手として活躍しています。

 

そして2012年には日本人としてははじめて「スーパーラグビー」のハイランダーズに在籍する快挙も成し遂げています。

 

 

2019年のラグビーワールドカップでもその活躍が期待されます。

 

スポンサードリンク



 

田中史朗の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:京都府 伏見工業高校 偏差値44(容易)

※現在は閉校

 

 

田中史朗さんの出身校は、市立の共学校の伏見工業高校です。

 

この高校のラグビー部は高校ラグビーでも全国的な名門校として知られ、ドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルにもなっています。

 

なお同校は京都市立洛陽工業高校と統合され京都市立京都工学院高校となったことから、20183月に閉校となっています(定時制課程のみ存続)。

 

田中さんは中学時代にラグビーをはじめて、高校はラグビーの名門校の同校に進学しています。

 

高校1年生の時にいきなり全国優勝を経験していますが(ただしベンチ入りはできず)、高校2年生の時には京都予選で敗退して全国大会には出場できませんでした。

 

そのため当時は情けなくてラグビーを辞めることも考えましたが、この経験がターニングポイントにもなったと述べています。

 

そして田中さんが本当にラグビーが好きになったのはこの時期と語っており、高校3年生の時には再び全国大会に出場してベスト4の成績を残しています。

 

なお高校時代の田中さんは将来についてはあまり考えておらず、「ラグビーも学生時代のスポーツで終わると思った」と語っています。

 

【主な卒業生】

平尾誠二(ラグビー元日本代表)

大八木淳史(ラグビー元日本代表)

岸部一徳(俳優)

 

スポンサードリンク



 

田中史朗の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都市立洛南中学校 偏差値なし

 

 

田中史朗さんの出身中学校は、地元京都市内の公立校の洛南中学校です。

 

この中学校のラグビー部に入部したことでラグビーと出会っています。

 

このあたりの経緯については田中さんは次のようにインタビューで話しています。

 

「でも中学に進学するとき、兄がやっていたサッカーは嫌だったし、野球は坊主にしなくてはいけない。そんなとき近所で仲良くしてもらっていたお兄さんがラグビーをやっていて勧められたのがきっかけでした」

 

田中さんは持ち前の運動神経の良さを発揮して、中学からラグビーをはじめたにも関わらずすぐにレギュラーとして活躍しています。

 

ただし中学時代はラグビーが好きだったわけではなく、友達と一緒にやっているのが楽しかったとも語っています。

 

なお中学時代も経済的に裕福ではなかったことから、スパイクなどは先輩のお下がりをもらってプレーしていました。

 

スポンサードリンク



 

田中史朗の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

田中史朗さんの出身小学校は、京都市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

京都市立上鳥羽小学校

京都市立吉祥院小学校

京都市立祥豊小学校

京都市立祥栄小学校

 

家族構成は両親と三兄弟の5人家族です。

 

実家は農家で祖父母も同居していたそうです。

 

ただし実家は裕福ではなく、子供の頃はおかずが漬物だけの時もあったそうです。

 

たまに出前でとったラーメンがご馳走だったとのこと。

 

田中さんは子供の頃から運動神経が抜群で、小学校時代はソフトボールやバスケットボールをやっていました。

 

以上が田中史朗さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

長きにわたり日本代表として活躍しており、ワールドカップイングランド大会で日本代表が南アフリカから大金星を挙げた際には試合のMVPにも選ばれています。

 

 

年齢的にも選手生活は後半戦となっていますが、さらなる活躍も期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ