【芸能人の偏差値】堀越高校トレイトコースの実態!なぜジャニーズ御用達?年度別卒業生一覧や同級生と学費などまとめ

 

多くの芸能人たちの母校として知られる堀越高校トレイトコース(旧芸能活動コース)

 

現在でもジャニーズ事務所やホリプロ所属のタレントたちを中心に、多くの芸能人が在籍しています。

 

なぜ堀越高校のトレイトコースが芸能人の進学先に選ばれるのでしょうか?

 

堀越高校のトレイトコースの実態をまとめてみました。

 

 




 

堀越高校のトレイトコースとは?

 

スポンサードリンク

 

堀越高校には4つのコースが設置されており、その内訳は以下の通りです。

「育英コース」(偏差値42

「進学・進路選択コース」(同39

「体育コース」(同37

「トレイトコース」(同37

 

ただし「トレイトコース」の場合多くの予備校の偏差値は37程度とされていますが、実際には書類審査で合否が決まるので実質的には偏差値なありません。

 

育英コースは他の高校の特別進学コースに相当し、進学・進路相談コースは通常の普通科、体育コースは部活動に特化したコースです。

 

トレイトコースは高校生でありながら才能を活かして俳優や歌手、プロスポーツ選手などとして活躍している人のために設置されているコースです。

 

課外活動で出席日数が不足した場合のサポート体制が充実しており、芸能活動をおこないながらも高校卒業の資格を取得しやすいのが特徴です。

 

仕事の都合で本来の平日に通学が困難な場合には、週末や夏休みなどを利用して補講などを受けて埋め合わせができます。

 

さらには芸能活動が非常に多忙で補講すら受けられない場合でも、学校側の判断でまったく登校、出席できなくても進級・卒業できるケースもあります。

 

また高校と芸能事務所が直接的にやり取りできるシステムが確立されており、所属事務所にとっても通学している芸能人の高校生活の実情を把握しやすかったり、管理しやすいというメリットもあります。

 

またトレイトコースと他のコースは基本的に隔離されており、入り口も別々です。

 

堀越高校では他の教室に立ち入ること自体が校則で禁止されているので、他のコースの生徒がトレイトコースの教室に入ることはできません。

 

そしてトレイトコースの生徒が授業中はカーテンが閉められたりするので、外からはその様子がわかりません。

 

加えて校舎自体にも高い塀で内部を見えなくしたり、監視カメラも多数設置して、登校時には教員が監視するなどセキュリティは万全です。

 

マスコミや報道関係などから生徒を守るための配慮ですが、トレイトコースの生徒と他のコースの生徒が接触するのも、文化祭や運動会など限られているようです。

 

 

トレイトコースにどうすれば入学できるの?意外にも難しかった!

 

堀越高校は推薦入学の定員がすべてのコース全体で180名に定められていますが、特にトレイトコースの枠や定員は明確に定められていません。

 

しかし例年生徒数は40人から501クラス制になっており、このあたりの数字がトレイトコースの実質的な定員のようです。

 

堀越高校のトレイトコースには一般的な受験などのシステムではなく、推薦入試による書類審査と面接のみで判断します。

 

しかし入学は意外にも難しいようです。

 

これは学力的な問題ではなく、所属事務所の問題です。

 

基本的にはトレイトコースは、以前から高校と付き合いのある芸能事務所所属の芸能人のみ受け入れています(プロスポーツ選手の場合は別)

 

前記のようにトレイトコースは高校と事務所の連携が密ですから、このような形になっています。

 

堀越高校と付き合いのある主な芸能事務所は以下のとおりです。

 

ホリプロ

アミューズ

オスカープロモーション

ワタナベエンターテインメント

ジャニーズ事務所

ソニー・ミュージック・アーティスツ

ヒラタオフィス

スターダストプロモーション

東宝芸能

バーニングプロダクション

サンミュージック

イトーカンパニー

サムデイ

舞プロモーション

 

大手事務所ならほぼ付き合いがあるようなので、トレイトコースへの入学のハードルはかなり下がります。

 

なおトレイトコースに入学するためには既に芸能事務所に所属していることが必要で、芸能事務所に所属しておらず、これから芸能人を目指す人は入学できません。

 

スポンサードリンク

 

トレイトコースの学費や校則は?

 

堀越高校の学費は次の通りです(2017年度)

 

他のコース:入学金45万円、授業料546,000

トレイトコース:入学金75万円、授業料546,000

 

授業料は他のコースと同様ですが、入学金が30万円ほど高いです。

 

堀越高校自体が比較的学費の高い高校ですが、トレイトコースの場合は初年度納付金が130万円ほどの高額になってしまいます。

 

またトレイトコースに限らず、堀越高校は非常に校則が厳しいことで知られています。

 

髪形やスカートの丈、持ち物などにも厳格な規制があり、髪を染めることも禁止です。

 

ただし仕事で髪の色を染めなければならない場合は、届け出をして許可を得れば可能です。

 

そのため堀越高校の生徒で髪を染めていれば、トレイトコースに在籍していることになります。

 

さらに有名なのが「男女交際の禁止」です。

 

遊びたい盛りの高校生ですが、アイドルや芸能人にとってはスキャンダルにもなりますし、この校則は所属事務所にとっては歓迎されるところ。

 

この校則の存在も、進学先に堀越が選ばれる理由のひとつにもなっています。

 

とは言え、過去にともさかりえさんと堂本剛さん、「9nine」西脇彩華さんと八乙女光さん、福田沙紀さんと三浦春馬さんらが在学中に交際を噂されています。

 

また柳楽優弥さんと豊田エリーさんは在学中から交際していたことが判明(後に結婚)していますので、厳しい校則をスルーしている生徒もいるのは確かなようです。

 

ちなみに登下校中にサインを記入することも校則で禁止されています。

 

 

年度別:堀越高校の卒業生

 

周知のとおり堀越高校は古くから芸能人を受け入れてきたことから、かなりの数の芸能人の卒業生がいます。

 

 

主な卒業生は以下のとおりです。

 

※年号は卒業年

 

1990年:工藤夕貴、酒井法子、西村知美、田中律子、仁藤優子

1991年:筒井道隆

1992年:石田ひかり、高岡早紀、田村英里子

1993年:稲垣吾郎、赤坂晃、佐藤アツヒロ、深津絵里、高橋由美子、

    桜井幸子、夏川りみ

1994年:草彅剛、鈴木蘭々、早坂好恵

1995年:松岡昌宏、浜崎あゆみ(中退)

1996年:市川海老蔵、松たか子

1997年:本田大輔、中山エミリ

1998年:堂本剛、ともさかりえ、佐藤仁美、山口紗弥加、水樹奈々

1999年:岡田准一、高橋一生、山崎裕太(中退)、野波麻帆、新山千春、北川弘美、木村由姫、秋山純

2000年:中村勘太郎、金子ノブアキ、徳山秀典、安達祐実、佐藤江梨子

2001年:藤原竜也(中退)、塚本高史(中退)、深田恭子、加藤あい

2002年:松本潤、中村七之助、松田龍平(中退)、水川あさみ、平山あや

2003年:生田斗真、尾上松也、綾瀬はるか

2004年:小池徹平、城田優、山下智久、田中聖、北山宏光、蒼井優、

    大塚千弘、上戸彩

2005年:勝地涼、紗栄子

2006年:手越祐也、長澤まさみ、鈴木杏

2007年:石黒英雄、戸田恵梨香、多岐川華子、西脇綾香(パフューム)、

    高部あい、豊田エリー

2008年:柳楽優弥、薮宏太、青柳塁人、黒川智花、小林涼子、林丹丹

2009年:三浦春馬、八乙女光、戸谷公人、福田沙紀、蓮佛美沙子、尾高安奈

2010年:有岡大貴

2011年:永嶋柊吾、忽那汐里、河北麻友子、成海璃子

2012年:神木隆之介、阪本奨悟、山田涼介、知念侑李、中島裕翔、

    中村隼人、野村周平、大後寿々花、川島海荷、志田未来

2013年:須賀健太、川口春奈、清水富美加

2014年:田中樹、森本龍太郎

2015年:佐藤勝利、松村北斗

 

これ以前の主な卒業生の一覧

 

1950年代生まれ

 

あいざき進也、郷ひろみ、城みちる、おりも政夫、野口五郎、

岩崎宏美、岡田奈々、林寛子、片平なぎさ、石川さゆり、

榊原郁恵、森昌子、坂口良子

 

1960年代生まれ

 

永瀬正敏、川崎麻世、真田広之、堀ちえみ、浅野ゆう子、

香坂みゆき、松田聖子、松本明子、松本伊代、石田えり、

石野真子、いしのようこ、島田歌穂、石原真理子、井森美幸、

武田久美子、南野陽子、大場久美子、森口博子、森高千里、

荻野目洋子、長山洋子、柏原芳恵、山瀬まみ、清原亜希、

早見優、渡辺美奈代

 

なおトレイトコースはプロスポーツ選手も受け入れていますが、実際にはほとんど在籍者はいません。

ただし、サッカー解説でお馴染みの松木安太郎さんが唯一の卒業生です(旧芸能活動コース)

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ