黒沢ともよの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と子役時代のかわいい画像

 

人気声優の黒沢ともよさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は黒沢さんは子供の頃から子役として活動しており、数々のテレビドラマに出演しています。学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

黒沢ともよ(くろさわ ともよ)

 

 

1996年4月10日生

身長149.5㎝

血液型はO型

 

埼玉県秩父市出身の声優、女優、歌手

本名は黒沢朋世(読みは同じ)

 

以下では黒沢ともよさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

黒沢ともよの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:法政大学 偏差値53~63(学部不明のため)

 

 

 

黒沢ともよさんは高校卒業後は、法政大学に進学しています。

 

2019年3月に大学を卒業した際に、この大学の出身者であることを明らかにしています。

 

 

ただし在籍した学部や専攻した学科などの詳細は判明していません。

 

後述するように黒沢さんは高校時代には声優として活動を開始していたことから、大学時代も4年間にわたり芸能活動をおこなっています。

 

大学1年生だった2015年には、テレビアニメ「響け!ユーファニアム」と「アイドルマスターシンデレラガールズ」の主演に起用されて注目を集めます。

 

 

以降も数々の人気アニメの主役級の声に起用されて、大学3年生だった2018年3月に「声優アワード」の主演女優賞を受賞しています。

 

 

またミュージカル女優としても活動しているので、大学時代は「アイ ワズ ライト」や「世界の終わりに君を乞う」などの舞台にも出演しています。

 

 

ただし黒沢さんは役者としてのキャリアを武器に声優業をしていたのですが、大学時代に次第に声優業が仕事のメインとなってしまったことに悩んでいました。

 

とは言え大学時代は仕事と学業を両立させて、大学は留年などすることなくキッチリと卒業しています。

 

大学卒業後はもう一度舞台の仕事に情熱を注ぐことを決意して、舞台への出演が増えています。

 

また2020年からは空いた時間を利用して英会話・スペイン語・オンラインにてボイストレーニングを行うなど、「自分の仕事ぶりに対してギャランティが発生するのだから、自信を持って貰いたい」と考え、学びに対してストイックな生活を送り、自分自身に厳しくしているとインタビューで話しています。

 

スポンサードリンク

 

黒沢ともよの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 日本大学第二高校 偏差値67(難関)

 

 

 

黒沢ともよさんの出身高校は、私立の共学校の日本大学第二高校です。

 

この高校は日本大学の系列校ですが日本大学に進学する卒業生は3割程度で、他の難関大学に進学する生徒が多数います。

 

黒沢さんも当初は系列の日本大学に進学したのでは? と思われましたが、前記の通り法政大学に進学しています。

 

高校時代は家庭部、さらに軽音楽部にも所属していた経験があり、ギターを担当していました。

 

 

芸能活動を一時休止していましたが、黒沢さんの芝居に対する情熱は周りにも伝わったのか、高校1年の時に子役時代に知り合った人達から仕事に依頼が来るようになります。

 

ここまで仕事が入ってくるならどこか事務所に所属した方が良いと考えた黒沢ともよさんは、すでに面識のあったマウスプロモーションへ所属することになります。

 

高校時代は女優の仕事をする一方で、声優業に力を入れていくことになります。

 

高校1年生の時にテレビアニメ「アイカツ!」の主役に起用されました。

 

 

この作品のヒットもあって、黒沢さんの代表作にもなっています。

 

【主な卒業生】

春日俊彰(お笑い・オードリー)

若林正恭(お笑い・オードリー)

松坂慶子(女優)

伊藤蘭(女優・キャンディーズ)

おのののか(タレント)

 

スポンサードリンク

 

黒沢ともよの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 日本大学第二中学校 偏差値58(中の上)

 

 

 

黒沢ともよさんの出身中学校は、私立の共学校の日本大学第二中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学で進んでいます。

 

またこの中学校には中学受験で入学しています。

 

黒沢さんは小学校時代から子役女優として活動していましたが、中学2年生だった2010年に劇場版アニメ「宇宙ショーへようこそ」の主人公・小山夏紀役で声優デビューを果たします。

 

(真ん中が黒沢さん)

 

ただしより学生生活を楽しみたいという思いからそれまで続けていた児童劇団を辞めてしまいます。

 

同時に芸能活動も、一時的に休止する事を決意しました。

 

芸能活動を休止したものの、「やっぱり自分はお芝居が好きだ」という気持ちが強かったようで、一般公募のオーディションに応募をしていたようです。

 

そのため以降は出演は多くないもののたびたび舞台に出演していました。

 

黒沢ともよの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

黒沢ともよさんの出身小学校は、地元秩父市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

黒沢さんは演技を3歳の頃から学んでいます。

 

そして4歳だった2000年には、NHKの大河ドラマ「葵 徳川三代」ではじめてテレビドラマに出演しています。

 

 

さらに2003年には舞台「新 美空ひばり物語」で、幼少期の美空ひばり役という大役に抜擢されました。

 

尊敬する女優に大竹しのぶさんを挙げており、7歳の頃に本人から「良い役者になりたかったら、良い人間になりなさい」とアドバイスされたことがあります。

 

そして2003年に舞台「奇跡の人」に出演したのをきっかけに「将来はお芝居で食べて行きたい」と思うようになったそうです。

 

当時の黒沢さんにとって、劇団に行って芝居をするのは「友達の家へ遊びに行くような感覚」だったとインタビューで話しています。

 

 

親からは子役の世界でやっていくという事もあり、礼儀や挨拶といった基本的なことには厳しかったようですが、この頃から芝居を通じて、多くの人と出会うようになります。

 

9歳の頃に「モーツァルト!」でミュージカル初出演をし、一緒に舞台に立っていたシンガーソングライターで俳優の中川晃教さんの歌唱力に魅了され、この作品の歌唱指導を受けたことが、後の歌をはじめるきっかけとなったそうです。

 

小学校6年生だった2008年に日本の音楽ユニット「Sound Horizon」にサポートメンバーとして参加して、歌手としての活動も開始しています。

 

その他にも小学校時代は数々のテレビドラマに出演していました。

 

 

以上が黒沢ともよさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子供の頃から子役女優としてキャリアを重ねてきましたが、高校から大学時代にかけて声優としてブレイクとしています。

 

 

とは言え女優としてもミュージカルの舞台などで活躍しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ