秦佐和子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|進学校に通っていた

 

元SKE48のメンバーで現在は声優として活動している秦佐和子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は秦さんは進学校の出身で公立大学にも通学していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

秦佐和子(はた さわこ)

 

 

1988年9月14日生

身長161㎝

血液型はA型

 

大阪府出身の声優

アイドルグループ「SKE48」の元メンバー

本名同じ、愛称は「しゃわこ」

 

以下では秦佐和子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

秦佐和子の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:京都府立大学 生命環境学部環境情報科学科 偏差値53(中の上)

 

 

 

秦佐和子さんは高校卒業後、公立の京都府立大学に進学しています。

 

この大学には一般受験で入学しています。

 

また大学時代はプログラマーなどを目指す学部に在籍していたと述べており、生命環境学部環境情報科学科に在籍していたようです。

 

この大学でドイツ語の講義を聞いて以来、ドイツの電子音楽グループ「クラフトワーク」を好きになったそうです。

 

当時の秦さんは宝塚歌劇団の大ファンで中でも花組の男役だった蘭寿とむさんが好きでした。

 

宝塚歌劇団の話になると人格が変わったほど熱くなり、タカラジェンヌのものまねをすることもあったようです。

 

加えて当時から声優志望でした。

 

そのため大学1年生の頃から養成所の「日本ナレーション演技研究所」に通学して声優を目指しています。

 

秦さんは大学3年生だった2009年に、「SKE48」の3期生オーディションを受けて合格しています。

 

 

「SKE48」に入るまでは声優として演じたくてもなかなか恵まれない環境だったようです。

 

秦さんが「SKE48」のオーディションを受けた理由は1期生の松下唯さんがアイドル活動と並行して声優の仕事をしていたため、自分も「SKE48」に加入すれば声優の道が開けると思ったからでした。

 

秦さんは「SKE48」に入って良かったと本当に思ったようで、インタビューで次のように話しています。

 

「自分が『やりたい』って発信すれば歌とか舞台とかを試させてくれるので。SKEの中にいながら私もゲームやアニメの声をやらせてもらえたし、やってみて夢が変わった子もいっぱいいるんですね。なので『入ってよかったな』って本当に思います。」

 

大学4年生だった2010年に正規メンバーに昇格していますが、大学はキッチリと卒業しています。

 

 

大学を卒業した2011年に、「のらのらの~ら」で声優としてはじめてテレビアニメに出演しています。

 

アイドルと声優の2足のわらじを履いていましたが、グループ内でも選抜メンバーに6度も選ばれており主力メンバーとして活躍していました。

 

 

その後本格的に声優を目指して声優学校に通うために、24歳だった2013年5月の握手会を最後に「SKE48」を卒業しています。

 

 

以降は本格的に声優として活動を開始しています。

 

テレビアニメやゲームの声を担当するほか、ラジオパーソナリティなどでも活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

秦佐和子の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:京都府 京都女子高校 偏差値63~69(コース不明のため)

 

 

 

秦佐和子さんの出身高校は、私立の女子校の京都女子高校です。

 

この高校は1899年開校の伝統校で、古くから地元では「お嬢様学校」として知られています。

 

このところは京都大学や大阪大学などの難関国立大学にコンスタントに合格者を送り出しています。

 

また同校は以下の2つのコースを設置していますが、秦さんがどちらのコースに在籍していたかは不明です。

 

Ⅱ類:偏差値69

ウィステリア:偏差値63

 

Ⅱ類は国立大学、ウィステリアは私立大学を目指すコースなのでⅡ類に在籍していた可能性が高そうです。

 

秦さんは第一志望の公立校に不合格だったためこの高校に進学しました。

 

その際に共学の私立校にも合格していますが、偏差値が高かったこの高校に入学しています。

 

高校時代はオーケストラ部に所属しており、ヴァイオリンを担当していました。

 

クラシック音楽を聴くことが好きだそうです。

 

秦さんは中学・高校と学生時代は全て部活動で廻っていたとインタビューで話しています。

 

「中学と高校は、吹奏楽部とオーケストラ部の部活をしに行く場所で、私の学生生活はすべて部活で廻っていました。単純に“学校”だけでいうと、特に不満があったわけではありませんが、いつも慢性的な“お休みしたい病”にかかっていて、「どうして水曜日が休みじゃないんだろう?」というのが日々の疑問でした。そんな私を「部活に行きたい!」という気持ちにさせて、学校に登校させてくれたので、部活には感謝しています」

 

また秦さんは高校時代は勉強をしっかりとおこなっており、高校2年生の時は東京大学の受験も検討したほどです。

 

しかしよくよく調べてみると東京大学の受験に必要な科目を取得していなかったことから、東大受験はあっさりと断念しています。

 

さらに高校時代の現代文の先生の影響で当時はかなり読書もしており、夏目漱石や宮沢賢治などの著書を愛読していました。

 

加えて当時から声優志望でした。

 

【主な卒業生】

藤山直美(女優)

白井貴子(歌手)

富司純子(女優)

 

スポンサードリンク

 

秦佐和子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

秦佐和子さんの出身中学校は大阪府の公立校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

なお出身校には京都女子中学校(偏差値63)という系列の中学校が併設されていますが、秦さんは高校受験をして入学していることを明らかにしており、こちらの中学校の出身者ではありません。

 

中学時代も吹奏楽部に所属していました。

 

 

高校時代と同様に部活動中心の生活だったようでした。

 

なお中学時代は難関公立校校の進学を目指していましたが、「滑ってしまった」とインタビューで話しており前記の高校に進学しています。

 

秦佐和子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

秦佐和子さんの出身小学校は大阪府内の小学校のようですが、校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は両親と姉、兄の5人家族です。

 

 

12歳上の姉の誕生日は9月13日で秦さんとは1日違いだそうで、幼少期の頃は敬老の日に姉と一緒に誕生日会をしていたようです。

 

また人として尊敬している人は母親だそうで、懐の深いところと忍耐力がすごく本当によくできた人だと話していました。

 

秦さんは子供の頃はクラシックバレエを習っていました。

 

また小学生の頃からお芝居とアニメが好きだったそうで、声優になりたかった理由をインタビューで次のように話しています。

 

「子供の頃からお芝居が好きで、最初は女優さんになりたいと思ったのですが、声優さんという職業があるのを知って、声優さんなら自分とまったく違うものになれると思ったからです。」

 

また小学校時代に遠足でプラネタリウムに行ったことから、当時は天体にも興味があったと話しています。

 

加えて秦さんは小学校時代からパソコンを使ってゲームをするなど、PC関連は非常に得意です。

 

以上が秦佐和子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

声優を目指すためにアイドルになっていますが、見事に夢を実現させています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ