悠木碧の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|かわいい子役時代の画像

 

人気声優の悠木碧さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は悠木さんは子役出身で子供の頃から芸能活動をおこなっていました。学生時代のエピソードや情報、かわいい子役時代の画像なども併せてご紹介いたします

 

悠木碧(ゆうき あおい)

 

 

1992年3月27日生

身長147㎝

血液型A型

 

千葉県山武市出身の声優、女優、歌手

本名及び旧芸名は八武崎碧(やぶさき あおい)

 

以下では悠木碧さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

悠木碧の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 社会科学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

悠木碧さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

ただし一般受験ではなく、公募推薦(AO入試)での入学です。

 

 

悠木さんはこの大学に進学した理由は、「アニメを見ているうちに世界とか社会情勢や政治のことについて勉強したいと思ったから」とインタビューで話しています。

 

大学時代は漫画研究会に在籍していました。

 

漫画研究会ではアニメ好きの部員が多いのにも関わらず誰も悠木さんについて話題にしなかったことから、本人は気づかれていないと思っていました。

 

しかし実は最初から部員全員が悠木さんであることを知っており、気にされるのが嫌だろうと気を遣っていたというエピソードが残っています。

 

 

加えて大学時代には突然の仕事が入ったことから友達と遊ぶ約束を何度もキャンセルしたそうですが、それでも友達でいてくれたことを公式ブログで感謝しています。

 

また大学時代に隣に座った男子から「実は君のことが好きだったんだ」と、唐突な告白を受けたことをラジオ番組に出演した際に話しています。

 

その男子とはプリントの受け渡しくらいしかしたことがなく、ろくに話したこともありませんでした。

 

しかし悠木さんは突然の告白に気が動転してしまったようで、「イエーイw」と意味不明の返事をしています。

 

さらに相手は驚かせてしまったことを謝罪したのですが、悠木さんは再び「ホモォw」との意味不明な返しをしています。

 

当時を振り返って「あまりにも恋愛経験がなさすぎて、いい返しが見つからなかったんです」と述べています。

 

 

悠木さんは高校時代から既に声優として活動していたので、大学入学当初から芸能活動をおこなっています。

 

そして大学2年生だった2011年に、テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主役・鹿目まどかの声に起用されて声優としてブレイクしています。

 

 

 

翌年の3月には「声優アワード」で、史上最年少の19歳で主演女優賞を受賞しています。

 

 

この月にはミニアルバムをリリースして歌手デビューも飾っています。

 

 

以降は人気声優の仲間入りをして数々のテレビアニメの主役級に起用されていますが、そのため授業に遅れたり、友達と遊びに行けなくなったことをインタビューで話しています。

 

また何度も大学を中退しようと思っていましたが、両親の支えで中退することを思いとどまっています。

 

さらに悠木さんは大学時代はインターネット上の心ない言葉に傷ついた経験もありました。

 

「心ない言葉や、無責任なリーク、たまにされる見世物のような扱いや、二足の草鞋で遅れをとるジレンマに、何度も大学を辞めると当たり散らし、それでも受け止めてくれたお父さんお母さん」

 

それでも仕事と学業を両立させて、大学は留年することなくキッチリと4年間で卒業しています。

 

 

卒業の際には大学時代を次のように振り返っています。

 

「ドキドキしながら入学したのがつい最近のようにも、遠い昔のようにも思えます。楽しいことも、大変なことも、どうしようもなく理不尽な思いも沢山あったけれど、関わってくださった多くの方が、私に素敵なことを教えてくださりました。色んな生き方や様々な正義のあり方を、身を持って伝えて頂けたこと、本当にありがたく思っています」

 

その後も声優として数々の作品に出演するほか、ナレーターやCM、グラビアなどでも活躍しています。

 

 

また歌手としても高い人気を誇っています。

 

 

多方面で活躍しているだけに、今後にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

悠木碧の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 千葉経済大学附属高校 情報処理科 偏差値46(やや容易)

 

 

 

悠木碧さんの出身高校は、私立の共学校の千葉経済大学附属高校です。

 

この高校は1933年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校には以下の4つの学科を設置していますが、悠木さんは高校時代は情報処理を学んでいたとインタビューで答えているので情報処理科に在籍しています。

 

特進:偏差値60

普通:偏差値52

商業:偏差値46

情報処理:偏差値46

 

悠木さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの高校への在籍情報が多数見られます。

 

 

 

 

高校時代は美術部に在籍していました。

 

また悠木さんは当時はあまり目立った存在ではなく、高校時代の友達はアニメやゲームが好きなオタクばかりだったとのこと。

 

ちなみ子供の頃からアニメ好きでしたが高校時代にはアニメオタクの自覚があって、学校の友達とカラオケでアニソンを歌いに行っていたことをインタビューで話しています。

 

「高校生になると、もうはっきりと自分がオタクであると自覚していたので、オタク仲間とはアニソンを歌いに通っていました。オタク同士のカラオケって、歌を聴かせたいというよりもその作品についての話をしたいので、ラクなんですよ」

 

高校入試のタイミングで、それまで所属していた子供劇団を脱退しています。

 

 

高校入試で大変だったのと祖父が同じころに亡くなっていて、家の中があわただしかったそうです。

 

その中で自分の存在価値がわからなくなって、芸能界引退も視野に入れていたそうです。

 

しかしブログに「頑張れ!」や「やめないで」という励ましのコメントをもらって、別の芸能事務所に所属しました。事務所に入ったのを機に、現在の「悠木碧」という芸名を使用しはじめました。

 

後述するように悠木さんは中学時代までは子役の仕事が多かったのですが、高校時代を境に声優の仕事が多くなっています。

 

子役時代は役作りを徹底してもルックスでキャスティングが決まってしまうことが少なくなかったことから、たびたび悔しい思いもしてきたことを明らかにしています。

 

そのため姿や形にとらわれない声優の仕事に燃えたとのこと。

 

「声優は、姿かたちに一切とらわれない。マイク前だけは顔出しの役者以上に別の人になれる。それがすごく自由で。実力さえあれば何にだってなれるんだと思ったら、なんだかすごく、燃えましたね!」

 

高校3年生だった2009年にはテレビアニメ「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」と「夢色パティシエール」の2作品に主演として起用されています。

 

(右は佐藤聡美)

 

このような活動が評価されて、前記のように早稲田大学にAO入試で進学しています。

 

なお悠木さんは高校時代にテレビアニメ「機動戦士ガンダム00」にハマっており、作中の好きなキャラクターが死んでしまったことに衝撃を受けています。

 

その際には真剣に悩んでおり、結論として戦争や社会情勢、政治について学ばなければならないと思い大学に進学しています。

 

【主な卒業生】

山里亮太(お笑い・南海キャンディーズ)

丸佳浩(プロ野球選手)

 

スポンサードリンク

 

悠木碧の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 山武市立山武中学校 偏差値なし

 

 

 

悠木碧さんの出身中学校は、地元千葉県山武市内の公立校の山武(さんぶ)中学校です。

 

この中学校に在学中は、1学年下に女優の忽那汐里さんも在籍していました。

 

中学時代も美術部に在籍していました。

 

悠木さんは中学時代にはすでに「セントラル子供劇団」に所属していて、3年間にわたって芸能活動をおこなっていました。

 

当時は八武崎(やぶさき)碧の芸名で、声優としてもデビューを果たしていました。

 

 

中学時代は子役としての活動が中心で、テレビドラマ「夢見る葡萄」などに出演しています。

 

また声優としては「おねがいマイメロディ」に3シリーズ出演したり、「紅」では主要キャラクターの九鳳院紫を演じています。

 

ちなみに「紅」ははじめての大役で、ターニングポイントになった作品ともインタビューで述べています。

 

「たまたま、見た目や雰囲気が紫に一番近かっただけ。決して上手かったから選ばれたわけじゃない。なのに、誰も私を否定しないのがすごく怖かったです。私だからできることしか求められていないから、もし凡庸な芝居をしたら次の仕事はないって、なんとなく分かった。だから紫のことを考えて、向き合って、紫の考えていることはなんだって分かるようにならないと」

 

この際に役作りを徹底しておこないましたが、この作品をきっかけに声優という仕事にハマったそうです。

 

ちなみに後に歌手デビューする悠木さんですが、意外にも中学時代までは歌が下手でカラオケにもほとんど行くことがなかったそうです。

 

【主な卒業生】

忽那汐里(女優)

麻生久美子(女優)

 

悠木碧の学歴~出身小学校の詳細・子役時代がかわいい

 

 

出身小学校:不明

 

悠木碧さんの出身小学校は、地元山武市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

山武市立睦岡小学校

山武市立山武西小学校

山武市立日向小学校

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

子供の頃はとにかく人見知りだったとインタビューで話しています。

 

また当時は鏡の中の自分と話すクセがあり、これがきっかけで芸能活動を開始しています。

 

「私、子どもの頃に鏡の中の自分としゃべるクセがあったんです(笑)。きっと、普通だったら『みっともないから止めなさい』と怒られると思うのですが、私の家族はこれを個性だと見守ってくれて、それを活かせるような社会に入れてあげようと、CMのオーディションに応募してくれたんです」

 

悠木さんは4歳ではじめてCMのオーディションを受けています。

 

その際には「美少女戦士セーラームーン」の主題歌を歌いましたが、落選しています。

 

ただしそのオーディションの会場で、スカウトされてセントラル子供劇団に所属して芸能活動を開始しています。

 

ちなみに芸能活動を開始するにあたっては親は「楽しくなければやめていい」というスタンスで、とにかく褒めてくれたそうです。

 

小学生時代には「やっぱりさんま大先生」「あっぱれさんま大先生」といった人気番組にレギュラー出演していました。

 

 

ちなみに声優の花澤香菜さんや俳優の加藤諒さんも同時期にこの番組に出演しています。

 

 

小学5年生の時に「キノの旅」という作品でさくら役を演じて声優のキャリアをスタートさせました。

 

この仕事をきっかけにして声優業に興味を持ったそうです。

 

ちなみにこの作品に出演したのは本人の希望ではなく、オーディションを受ける予定だった人が病気になったことから急遽代役としてオーディションを受けたからでした。

 

 

以上が悠木碧さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

子役として芸能活動を開始していますが、大学時代に声優としてブレイクしています。

 

その後は歌手やタレント、モデルとしての活動をはじめており、マルチな活動を展開しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ