尼神インター誠子の学歴|出身高校や中学校の偏差値と高校時代

人気女性お笑いコンビ「尼神インター」の誠子さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。意外にも孤独だった中学時代やお笑いに目覚めた高校時代など、学生時代のエピソードも併せてご紹介します

 

誠子(せいこ)

 

誠子

 

1988124日生

身長162㎝ 体重65

血液型はO型

 

兵庫県出身のお笑いタレント

お笑いコンビ尼神インターのボケ

本名は狩野誠子

 

【公式ツイッター】

https://twitter.com/seiko1204?lang=ja

 

【公式インスタグラム】

https://www.instagram.com/seiko_1204/?hl=ja

 

以下では尼神インター誠子さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴/プロフィールの詳細

 2007年に吉本総合芸能学院(NSC)に第30期生として入所し、同期にはバンビーノやアイロンヘッドがいる。 

当初は中国人とコンビを組んでいたが、20079月に渚とお笑いコンビ「尼神インター」を結成。 

2013年に「ガキの使いやあらへんで」の山-1グランプリに優勝して、テレビでの露出が増える。 

2015年に「オールザッツ漫才」で優勝を果たし、M-1グランプリでも準決勝に進出。

その後は「ぐるナイ」や「ロンドンハーツ」「水曜日のダウンタウン」などの人気バラエティー番組に出演。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 神港高校 偏差値45(容易)

※現在は神港橘高校

 

 

尼神インター誠子さんのは中学卒業後は、市立の共学校の神港(しんこう)高校です。

 

同じく神戸には私立の神港学園高校があることから、市神(いちしん)と呼ばれることも多いです。

 

2016年に兵庫商業高校と併合したため、神港橘高校になっています。

 

誠子さんは高校時代もハンドボール部に所属しており、部活動には熱心に取り組んでいます

 

しかし高校時代は性格が暗くて、地味な目立たない生徒だったと回顧しています。

 

 

本人も当時を「お調子者の同級生の男子を横目で見ながら、なにがおもろいねんと冷めた目で見ていた」と回顧しています。

 

とは言え同じハンドボール部にいた「稲田さん」が、人生ではじめてできた友達だったと語っています。

 

「そうなんです。高校までほんまに友達いなくて。おしゃべりする人はいましたけど…プリントを後ろに回してって言うくらい」

 

彼女と出会ってからは「学校って楽しいんや、人生って楽しいんや」と人生が変わったことを述べており、誠子さんにとってはとても大きな出会いになったようです。

 

またビジュアルの劣化は高校時代も進んでしまい顔もでかくなって、「シュレック」というあだ名で呼ばれるようになってしまっています。

 

なおそれまではお笑い芸人になることはまったく考えていませんでしたが、高校3年生の冬にM1グランプリで優勝した「チュートリアル」のネタを見たことで衝撃を受けています。

 

当時は大学進学も決まっていましたが、「なんやこれ!面白い!カッコええ!やりたい!」と言って、親にも大学進学をやめてNSCに入学すると言い出しています。

 

当初は親も誠子さんの突然の方向転換を渋りましたが、最終的には了承したほか、「あんたの顔がはじめて活かせるんと違う?」と微妙なエールも受けています。

 

 

【主な卒業生】

田崎佑一(藤崎マーケット)

 

そして尼神インター誠子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、お笑い芸人を目指すためにNSCに入所します。

 

実は大学進学が決まっていましたが、NSCに入所するために辞退しています。

 

誠子さんはNSCではコンビを組んでは解消するということを繰り返し、渚さんはなんと8人目の相方だったとのこと。

 

また渚さんとコンビを組む前に中国人の相方とコンビを組んだこともありました。

 

講師にも「面白いコンビだ」と評価されて誠子さんも手応えを感じていましたが、急にビザが切れて中国に帰らなければならなくなったので解散してくれと言いだされたとのこと。

 

その後にらコンビ結成を持ち掛けられて、「見た目がヤンキーなので断れなかった」と話しています

 

2007年に尼神インターを結成しましたが、しばらくは下積み時代が続きました。

 

 

しかし着実に実力をつけてきたことから、2013年ごろから急激にメディアへの露出も増えていき、人気お笑いコンビの仲間入りを果たしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:神戸市立湊川中学校 偏差値なし

 

 

尼神インター誠子さんは小学校卒業後は、神戸市内の公立中学校の湊川中学校に進学しています。

 

中学時代はバレーボール部に入部して中心選手として活躍するなど、スポーツは得意のようです。

 

しかし誠子さんは中学生1年生の頃から太りはじめて、容姿がかなり変わってしまったとのこと。

 

また中学時代までは容姿がコンプレックスになって、親友は1人もいなかったとテレビ番組で話しています。

 

中学3年生の頃には2人の妹もバレーボール部に入ってきたため、スタイルなどを比較されてかなりいじられたと話しています。

 

ちなみに双子の妹はもてもてで高校時代はギャルになって、ちょっと高飛車になって誠子さんとは口をきいてくれなくなったそうです。

 

また妹たちにはその後も「ブス」などの罵声を浴びせられるなどしましたが、精神的に鍛えられたようで、誠子さんは「妹たちがいたから芸人になれた」と感謝しています。

 



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:神戸市立東山小学校(有力)

※現在は廃校

 

 

尼神インター誠子さんの出身小学校は、神戸市内の公立小学校の東山小学校が有力です。

 

この小学校は2009年をもって神戸市立夢野の丘小学校に統合されて、廃校になっています。

 

誠子さんは神戸市に生まれており、家族構成は両親と双子の妹。

 

父親の職業などの詳細は不明ですが、誠子さんによれば「家族の中で、唯一優しい」とのこと。

 

小学生の頃はおとなしい性格でしたが、バラエティー番組などで子供の頃の誠子さんの写真が公開されて「美少女すぎる」と話題になりました。

 

(小学生の頃)

 

テレビ番組では上の写真の頃は、よくハーフに間違われたと話していました。

 

本人も「幼稚園、小学校の時は美人3姉妹と呼ばれた」と話しており、子供のころはかなりかわいかったとのこと。

 

 

 

ただし双子の妹が可愛すぎたせいか、妹の誕生日は毎年家族で祝ったのに対し、誠子さんの誕生日は3年に一度しか祝ってくれなかったとのエピソードがあります。

 

また母親には子供の頃から関西のノリでいじられたと話しており、「ホンマ妹はスタイルいいな~。あんたどないした?」と言われ、「ブスちゃうわー」などのやりとりがあったことを語っています。

 

なお誠子さんは小学校5年生の時に幼馴染で初恋の男にフラれたエピソードを披露しています。

 

なんでもバレンタインデーにチョコレートを持って男の子の自宅に行き告白したそうですが、相手からはいきなり「ごめん」と言われたそうです。

 

小学生なので「ありがとう」くらい言われると思っていましたが、しっかりフラれて、その男の子も遠いところに引っ越していったと〆ています。

 

 

以上が尼神インター誠子さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

このところは数多くのバラエティー番組に出演するなど、有数の人気女性お笑いコンビになっています。

 

また単独でもインスタグラムの「奇跡の一枚」やメイク、体操着姿が「かわいい」と話題になっています。

 

 

また「太った」「痩せた」が話題になり、テレビのダイエット番組で痩せたましたが、リバウンドしてしまいセルライトが大いに注目されるなど、なにかと話題の多い人物です。

 

 

コンビとしても単独としても、今後の大きな飛躍にも期待したいです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ