新木優子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代

人気女優でファッションモデルの新木優子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。仕事のなかった高校時代やブレイクを果たした大学時代など、学生時代のエピソードも併せてご紹介します

 

新木優子(あらき ゆうこ)

 

05

 

19931215日生

身長165

血液型はA型

 

東京都出身の女優、ファッションモデル

本名は石井優子、愛称はゆんぴょ

 

以下では新木優子さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2008年の映画「錨を投げろ」でいきなり主演デビュー。

2009年の「リアル・クローズ」でドラマ初出演。 

2014年にファッション誌「nonno」の専属モデルとなり、モデルとしても「東京ガールズコレクション」や「ガールズアワード」などに出演。 

2015年に8代目ゼクシィCMガールに抜擢。

以降も「いつかティファニーで朝食を」や「家売るオンナ」などの出演を経て、2016年の「ラブラブエイリアン」で連続ドラマは初主演。 

映画でも「風のたより」や「インターン」で主演。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:フェリス女学院大学(有力) 文学部英語英文学科 偏差値45(容易)

 

 

新木優子さんの出身大学は、フェリス女学院大学が有力です。

 

大学では英文学を専攻しており、留年などすることなく2016年に大学は卒業しています。

 

なお新木さんの出身大学を恵泉女学園大学とする情報もネット上にはありますが、フェリス女学院のように目撃情報はありません。

 

本人が大学について語っていないので確定情報ではありませんが、現時点ではフェリス女学院大学が有力と思われます。

 

 

新木さんは大学に進学した経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「ただ単に高校を卒業して女優業を続けていくよりも、大学生として二足のわらじを履いて、どちらもがんばってみたほうがいいと感じて進学を決意しました。大学時代の4年の間にお仕事がうまくいけば、今後はそれを本格的に職業としていけるだろうし、もしそこでダメになったとしても、他になにかできることを見つけられるんじゃないかって思ったんです」

 

大学では主に英語を学んでいました。

 

「そこにきて「じゃあ、何学科にしよう?」って悩んで、いろいろ考えました。せっかくこのお仕事を続けながら学生をやるって決めたことだし、仕事に活かせることを学ぼうと、英語を専攻することに決めました。英語ならできてソンはないなと思って」

 

新木さんは仕事の傍ら、学業も頑張ったようです。

 

「みんなと普通に授業を受けてました。たまに友だちにノートを貸してもらったり、苦労もありましたけど、なるべくレポートで済む授業を取るとか、工夫をしつつ」

「テスト時期は大変だったり、寝ないでレポートを書いたりもしましたけど、終わってみれば『もっと頑張れたかな』と思うので」

 

ちなみにフェリス女学院大学は出席日数などが厳しくて、人気女優の桐谷美玲さんは7年もかけて大学を卒業しています。

 

そして新木さんは大学での収穫については、次のようにインタビューで話しています。

 

「お金では買えない友だちとの出会いがありました。あと、仕事と両立させる厳しい状況のなかで、精神力は磨かれたと思います」

 

また別のインタビューでは次のようにも話しています。

 

「しょうがないことなんですけど、私なりにがんばってきたのにな……」っていう、がんばりが認められない感じはすごく悲しかったですね。でも、そういったことがあったからこそ、より一層お仕事も学生生活も手を抜かないって思えたし、大学で友達に会ってお喋りすることが息抜きになっている部分もありました。当時はいっぱいいっぱいでしたが、今となっては大学に通ってよかったと思います」

 

新木さんは大学時代に「男性と接する機会が少なかった」と話しており、仕事や学業に邁進していたようですね。

 

(大学の卒業時)

 

大学3年生の時にファッション誌「non-no」の専属モデルとなったことで、大きな注目を集めました。

 

 

またその後はこの雑誌の看板モデルとなっており、人気ファッションモデルの地位も築いています。

 

ちなみに「non-no」の専属モデルは乃木坂46の西野七瀬さんや欅坂46の渡邉理佐さん、女優の馬場ふみかさんや新川優愛さん、タレントの佐藤エリさんら錚々なメンバーが務めていますが、新木さんは常に上位の人気を誇って表紙を務めることも少なくありません。

 

 

なお同じ「non-no」の専属モデルを務める馬場ふみかさんとは非常に仲が良く、インスタグラムなどでも2ショットを公開するほどです。

 

 

そして新木さんは大学4年生の時に若手女性タレントの登竜門でもある「ゼクシィ」のCMキャラクター(8代目ゼクシィガール)にも起用されています。

 

 

ちなみに次のような人たちが「ゼクシィガール」を務めています。

 

2代目:加藤ローサ

4代目:倉科カナ

6代目:松井愛莉

7代目:広瀬すず

9代目:吉岡里帆

10代目:佐久間由衣

 

そしてファッションモデルとして注目された新木さんは、女優としても徐々に話題作の映画やテレビドラマに起用されはじめます。

 

後述するように新木さんは小学校時代から女優志望でしたが、高校時代は女優としての仕事が少なく不遇の時代を送っています。

 

そのため大学4年間で結果が出なければ女優を辞める覚悟だったことをインタビューで次のように述べています。

 

「振り返ると、あっというまでしたね。高校から大学に入る頃にかけて、演技のお仕事をしたいけど、なかなかオーディションに受からなくて、うまくいかない日々が続いていた時期もありました。お仕事をやめたいと思ったことが一度もないわけではないんですけど、そう思いかけたときに、グッと踏ん張ってきました。大学に入るとき、大学に通っている4年間をリミットに結果が出せなかったら、そのときはやめようと考えていました」

 

どうやら「non-no」の専属モデルでの起用がなかったならば、女優新木優子もなかったのかもしれません。

 

大学3年生以降は高校時代と比較できないほどのテレビドラマや映画に起用されることになります。

 

その後はドラマや映画への出演数も増えて、主演作も製作されるほどの人気女優になっています。

 

(いつかティファニーで朝食を 出演:トリンドル玲奈、森カンナ、徳永えりほか)

 

(監獄学園 出演:中川大志、山崎紘菜、森川葵、武田玲奈ほか)

 

そして大学4年生だった1月に公開された映画「風のたより」では、デビュー作以来、実に8年ぶりに映画に主演しています。

 

 

 

そんな後半が大忙しの大学生活でしたが、新木さんは大学時代の4年間を次のように総括しています。

 

「大学時代に、すごく人間性が作られたなって思います。大学って、地域を越えていろんな人が集まる場所で、そこに身を置くことで本当にいろんなことがわかってきたというか。授業を受けたり、人と話したりしてコミュニケーションをとる中で「あ、こういう考え方もあるんだ」とか「自分のこういうところは直そう」とか、気づきが多かったですね。そうやって自分の今まで生きてきた20年間ぐらいの修正点みたいなものを見つけて、直して、調節していた4年間だったなって感じます」

 

実りの多かった4年間のようですね。

 

大学卒業後は「重要参考人探偵」や「トドメの接吻」、「トレース」などの話題作の連続ドラマに立て続けにヒロインに起用されるなど、人気女優の地位を揺るぎないものにしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 霧が丘高校  偏差値48(やや容易)

 

 

新木優子さんの出身校は、県立の共学校の霧が丘高校が有力です。

 

この高校は横浜市にあり、部活動が盛んでバスケットボール部などが強豪として知られています。

 

なお新木さん出身高校は東京都の九段中等教育学校と思われてきましたが、どうやら制服などから考えてこちらの高校が有力です。

 

また新木さんは東京都板橋区の出身ですが、中学・高校時代は神奈川県に住んでいたとのことなどもその根拠のひとつになりそうです。

 

さらに大きな理由となりそうなのが、新木さんは高校時代にハンドボール部のマネージャーを務めていたことをインタビューで次のように語っています。

 

「ハンドボール部のマネジャーをしていました。練習でのボール拾いや、(引退前の)最後の試合の光景を思い出します。当時、一緒にマネジャーをしていた同級生とは今も良い関係を続けているんですよ。マネジャーをすることで、誰かを一生懸命に応援する、笑顔にすることの大切さを学びました。今の私の仕事は、本当にサポートしてもらうことが多いんです。支える側の気持ちを常に忘れないでいられるのも、高校時代の経験があったからこそだと思います」

 

そして霧が丘高校にはハンドボール部があるのに対し、九段中等教育校にはハンドボール部はありません。

 

新木さんは高校時代にオシャレに目覚めたことをインタビューで話しています。

 

「高校に入って、違う中学から来た友だちに刺激を受けて、ファッション誌を読み始めたんです」

「遅かったですね。それまでも雑誌を見てはいたんですけど、『別にこんな派手な格好をしなくても』と思ってしまって(笑)」

 

また現在でも抜群のプロポーションを誇る新木さんですが、高校時代は毎日腹筋100回をしてプロポーションの維持に努めていました。

 

 

後述するように小学生時代に芸能界入りして、中学3年生からは女優としても活動していますが、さほど多くの作品に出演していません。

 

目立ったところは高校3年生の時に出演した深夜ドラマの「ドラゴン青年団」くらいです。

 

(ドラゴン青年団)

 

そのため新木さんは高校時代は女優としては出演作に恵まれておらず、また現在よりも意識が高くなかったとも述べています。

 

「その頃も一生懸命だったけど、たくさんお仕事があったわけでもないですし、学生との二足のわらじでどこか部活のような感覚で、ただ楽しんでお仕事をしている感覚でした」

 

しかしそんな中でも高校を卒業する直前に、迷いながらも芸能界で生きていく決意をしたことを明らかにしています。

 

「『女優』というより、この世界で生きていこうと決めたのは高校卒業の少し前でした。(中略)でも、進学しても学業と仕事が両立できるのか不安もあって、すごく迷っていたんです

 

そのためこのあたりから意識も変わったと続けています。

 

「仕事への意識が変わりました。例えば、それまでは役のオーディションに受からないとスタート地点に立てないと思っていたけれど、もしオーディションの10分しか演じられなくても、そこで得るものがあるから、オーディション段階からより役を深く考えて演じるようになりました。もし落ちても、失敗を積み重ねることで成功につながりますから」

 

なお高校時代はあまり女優の仕事をしていなかったので、普通の女子高生のような生活をしていたと思われます。

 

 

【主な卒業生】

中田宏(政治家・元横浜市長)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:不明

 

新木優子さんの出身中学校は、横浜市港北区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

新木さんは中学生の頃には既に芸能活動を開始していましたが、学校では吹奏楽部に所属してトランペットを担当しています。

 

 

そのため中学時代も腹筋をかなり鍛えたそうです。

 

中学時代は平日は部活動に打ち込んで、週末は事務所のレッスンに励むという生活を送っています。

 

当時のレッスンはももクロのメンバーたちと一緒に受けており当時から仲良しで、現在もももクロのライブに行くこともしばしばです。

 

(インスタグラムに投稿したももクロのメンバーとのショット)

 

特に当時の新木さんはダンスを苦手としてきましたが、玉井詩織さんには個人レッスンをつけてもらい、一緒に帰るほどの仲でした。

 

もちろん中学時代から「ももいろクローバーZ」の大ファンで、「路上ライブ時代からのモモノフです」と明言しています。

 

 

ちなみに「行列のできる法律相談所」に出演した際には、その後のももクロはあっという間にアイドルとしてブレイクしていったので、新木さんは最初こそ喜んでいたものの、徐々に嫉妬心が芽生えていったことを告白しています。

 

ももクロとは対照的に長い下積み生活を経験している新木さんだけに、このあたりはいたしかたないところでしょう。

 

なお中学時代に同じ人に3回告白して3回フラれていますが、あきらめなかったというエピソードも残っています。

 

後述するように新木さんは小学校5年生の時から芸能事務所に所属していますが、女優としての活動を開始したのは中学2年生の時に出演した森山直太朗さんの「太陽のにほい」のプロモーションビデオです。

 

 

中学3年生の時に東京芸術大学大学院映像研究科が制作した「錨を投げろ」という自主製作映画に主演しています。

 

 

ただしこの映画は劇場公開映画ではなく、大学院生たちが製作した映画だけあって、当時はマスコミにはほとんど取り上げられることはなかったそうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:不明

 

新木優子さんの出身小学校は、中学校と同じく横浜市港北区の公立小学校のようですが、校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

 

 

新木さんは家族についてほとんど語ることがありませんが、インターネット上には父親は大学教授という情報もあります。

 

子供の頃は髪型もショートカットで、木登りが大好きな活発な少女でした。

 

小さい頃から女優に憧れており、小学校5年生の時に親戚のおじさんに連れて行ってもらった原宿の竹下通りでスカウトされています。

 

当時の新木さんは「天才てれびくん」を見ていたことから芸能界に興味があり、「自分でもできるかもしれない」と思って、芸能事務所入りしています。

 

また小学6年生の時の卒業文集には夢は女優と書いています。

 

 

小学校時代の新木さんは子供服のカタログや広告のモデルなどを務めていました。

 

以上が新木優子さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

ファッションモデルとして人気が出た新木さんですが、このところは話題作の映画やドラマに立て続けに起用されています。

 

(SUITS/スーツ)

 

現在でも期待の若手女優に名前が挙がるほどで、演技の評価も良好です。

 

連続ドラマに主演するほどですし、さらに演技力を磨けば女優として大ブレイクを果たす可能性も秘めています。

 

今後はさらに出演作も増えそうですから注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ