土屋太鳳の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学は留年

土屋太鳳(つちや たお)

 

土屋太鳳

 

1995年2月3日生

身長155㎝

血液型はO型

 

東京都出身の女優

本名同じ

 

以下では土屋太鳳さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、中学時代・高校時代・大学時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 

10歳:2005年にオーディションに合格し、芸能界入り。

13歳:2008年に「トウキョウソナタ」で映画デビュー。

ローティーン向けのファッション誌の専属モデルを務める傍らテレビドラマや映画に出演し、知名度を上げる。

13歳:2008年映画「釣りキチ三平」のオーディションに合格し、ヒロイン役に抜擢される。

16歳:2011年ドラマ「鈴木先生」で連ドラに初出演し、演技も好評で注目を集める。

19歳:2014年に出演したNHKの連ドラ「花子とアン」でヒロインの妹役を演じる。

20歳:2015年オーディションでNHKの朝ドラ『まれ』のヒロインに抜擢され、人気も全国区に。

その後も「図書館戦争」や「下町ロケット」などの話題作に出演し、演技派の若手女優として注目されている。

21歳:2016年には出演映画「Orange」の演技が評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:日本女子体育大学 体育学部運動科学科 偏差値42(容易)

 

 

 

土屋太鳳さんは高校卒業後は、日本女子体育大学です。

 

この大学は1922年開校で、東京女子体育大学と並んで多数の女性アスリートを輩出してきたことで知られています。

 

体育学部運動科学科に在籍して、舞踏学を専攻しています。

 

土屋さんは後述のように3歳の時から日本舞踊とクラシックバレエをやっており、大学では「実際に動いて表現を学びたい」との思いから舞踏学を専攻しました。

 

ただし大学3年生の時にNHKの朝ドラ「花子とアン」で女優として注目されています。

 

(花子とアン・左は吉高由里子)

 

そして大学4年生の時にはNHKの朝ドラ「まれ」のヒロインに起用されたことから、仕事が多忙であまり大学には出席できておらず留年しています。

 

(まれ・左は山崎賢人)

 

2018年の時点で出席日数が足りずに大学6年生になっています。

 

それでも絶対卒業すると公言しており、大学の仲間や先生が何かと助けてくれることをインタビューで明らかにしています。

 

大学へも芸能活動の糧とするためにこの大学や専攻科目を選んだわけですが、このあたりは仕事にストイックで知られる土屋さんの性格も表れていますね。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日本女子体育大学付属二階堂高校 偏差値40(容易)

 

 

 

土屋太鳳さんの母校の日本女子体育大学付属二階堂高校は、日本女子体育大学の付属校の女子高です。

 

同校は芸能活動に寛容なため、このところ女性芸能人の在籍が増えていることで知られています。

 

また大学の系列校なので、大学には内部進学の形で進んでいます。

 

土屋さんはより幅広く芸能活動をするために「芸能活動の制限付きではない女子高」という条件で進学先を探して、最終的にこの高校に進学しています。

 

高校時代は芸能活動のために創作ダンス部に所属していますが、この高校の創作ダンス部は全国大会の常連でハイレベルなことでも知られています。

 

高校入学前の見学の際に創作ダンス部も見学しており、将来は舞台やアクションなどにも挑戦したいと思い、動ける体にするためにこの高校の創作ダンス部に入部しようと思いました。

 

ダメもとで顧問の先生や上級生の人々に芸能活動をしていることを明らかにしましたが、「出席できる時はキッチリ練習すること」と言われ入部も叶っています。

 

 

ダンス部の活動については公式ブログで次のように綴っています。

 

『お化粧とかしちゃいけないし髪も染めちゃいけなかった』『朝練・昼練もあって合宿もあって、大会もあって、その繰り返し』『同期とは助け合ってもきたけど(略)ぶつかったことも、たくさんありました』

 

芸能活動の傍らで土屋さんはハードな練習もこなして、高校時代に全国大会にも出場し、準優勝に輝いています。

 

その際には土屋さんが欠席した日に新しい振付や衣装づくりがあった時などは翌朝同級生が早く来て教えてくれたり、衣装を縫ってくれたりなど周囲のメンバーにも恵まれたようです。

 

高校時代には既に連続ドラマに主演として起用されていて非常に多忙でしたが、本人も「ガンガン部活もやっていた」と語っています。

 

そのため仕事や部活動、学業を両立させるために普段の生活も「超朝型」に変えており、当時は夜の10時に就寝して深夜の1時に起床して朝の5時まで勉強。

 

そして朝の6時まで仮眠をとって学校に登校するという、およそ普通の高校生では考えられないスケジュールで生活していました。

 

このあたりにはかなりの意識の高さと根性があることが窺えます。

 

なお土屋さんは高校時代まで「恋愛禁止」のマイルールを自身に課しており、男女交際などはしたことがありませんでした。

 

土屋太鳳 高校時代

(高校時代)

 

また女優としては高校1年生の時にNHKの大河ドラマ「龍馬伝」に起用されて、福山雅治さん演じる坂本龍馬の姉・乙女の少女期を演じています(成人後のキャストは寺島しのぶ)

 

 

また高校2年生の時には「鈴木先生」で連続ドラマではじめてレギュラーキャストに起用されています。

 

 

ちなみにこの「鈴木先生」は同じく生徒役で、北村匠海さんや松岡茉優さん、工藤綾乃さんらも出演していました。

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:和光中学校 偏差値50(普通)

 

 

 

土屋さんの出身中学校は、私立の共学校の和光中学校です。

 

この中学校は東京の世田谷区にあり、生徒本位の自由な校風で知られており、芸能人の子息も多く在籍しています。

 

土屋さんは中学時代はバスケットボール部に所属して、中心選手として活躍しています。

 

小学生時代から芸能活動をはじめていますが、中学2年生の「トウキョウソナタ」で女優デビューしています。

 

 

この作品の出演で俳優の香川照之さんと出会ったおり、女優になりたいなら裏方の人々への感謝を忘れないことや大きな声であいさつすることなどを教わっており、土屋さん自身もこの出会いを「ターニングポイント」とインタビューで語っています。

 

 

また同じく中学2年生の時にはオーディションを勝ち抜いて「釣りキチ三平」のヒロインを射止めています。

 

 

さらにこの年にはジュニアファッション誌の「ハナチュー」のオーディションにも合格しており、ファッションモデルとしてもデビューを飾っています。

 

まさに大躍進した中学時代でした。

 

(中学時代)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:和光小学校

 

 

 

土屋太鳳さんは幼稚園の頃から私立の和光学園に入園(和光幼稚園)し、小学校もに系列校に進学しています。

 

家族構成は両親と2歳上の姉、2歳下の弟の5人家族です。

 

実家は東京の世田谷区にあると言われ、父親は飲食店やイベントなどを手掛ける会社の社長とも言われています。

 

ちなみに土屋さんはツイッターやブログなどでお姉さんや弟の写真などもたびたび公開しています。

 

 

お姉さんの炎伽(ほのか)さんは明治大学在学中はモデルとして活動し、現在は富士通のアメリカンフットボール部「富士通フロンティアーズ」の専属チアリーダーを務めています。

 

弟の神葉(しんば)さんは劇団ひまわりを経て、現在は俳優や声優を務めています。

 

子供の頃から活発で男の子に交じって遊ぶのが好きでした。

 

(小学生の頃)

 

また運動神経が抜群によく小学校の頃から陸上とバスケットボールをはじめたほか、区の相撲大会に出場して男子相手に準優勝をするほどでした。

 

小学校4年生の時に学芸会の劇に出演したことで女優に興味を持って、10歳の時にオーディションで入賞して芸能界入りしています。

 

また土屋さんは幼い頃から日舞やクラシックバレエ、ヒップポップなどを習っていました。

 

なお和光幼稚園・小学校では俳優の野村祐希さんと同級生でした。

 

 

以上が土屋太鳳さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後の活躍も目覚ましく話題作の連続ドラマや映画などに立て続けに主演しているほどです。

 

また人気バラエティー番組「ぐるナイ」の人気企画「ゴチになります」のレギュラーに起用されるなど、その勢いはとどまることを知りません。

 

撮影現場でも真面目で意識が高いと評価されている土屋さんですが、さらに演技を磨けば「大女優」となる可能性も秘めています

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ