杉浦みずきの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|ピアノが凄かった

 

「サンデーモーニング」でお馴染みの杉浦みずきさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は杉浦さんは「超」のつくような進学校に通学していたほか、ピアノで全国大会にも出場していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

杉浦みずき(すぎうら みずき)

 

 

1997年5月23日生

身長164㎝

血液型はO型

 

大阪府出身のフリーアナウンサー、タレント

本名同じ

 

以下では杉浦みずきさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

杉浦みずきの学歴〜出身大学の詳細 

 

スポンサードリンク

 

出身大学:同志社大学 商学部商学科  偏差値63(やや難関)

 

 

杉浦みずきさんは高校卒業後は、関西の名門私大の同志社大学に進学しています。

 

大学に入学した2016年4月にいきなり「美学生図鑑」に取り上げられています。

 

 

その際のインタビューでは、大学での抱負を次のように話しています。

 

「人との出会いです。大学は高校までと違って規模が大きい分、学部だけではなくサークルやバイト、その他にも無限大に交流の輪を広げられることに魅力を感じます。今までとは違う世界にワクワクです!」

 

大学1年生の時はアルバイトで塾講師をしていました。

 

担当は英語を教えていたそうです、杉浦さんに教えてもらった生徒は羨ましいですね。 

 

さらに大学2年生だった2017年にミスキャンパス同志社に出場し、クランプリを受賞しています。

 

 

ミスキャンパスに出場したきっかけは、将来がアナウンサー志望だったこともあり、人前で話す練習や、自分に自信を持つきっかけになればと思い出場を決めたそうです。

 

ですが慣れないスピーチの練習などが思うようにいかず挫折したそう。 

 

それでも、周りのスタッフや同じミスキャンパスの出場者に励まされ、「ミスキャンは個人戦ではなく、団体戦なんだ」と思えたことで、やりがいを感じて頑張ることができたそうです。

 

そういったエピソードからも、杉浦さんの人間性の良さがわかりますね。 

 

このコンテスで注目されたことで、芸能事務所の「セント・フォース」にスカウトされてこの年に芸能事務所入りしています。

 

同年にTV番組「芸能界特技王決定戦 TEPPEN 2017」で見事なピアノ演奏を披露し優勝しています。

 

 

さらに漫画サイト「めちゃコミック」のCMにも起用されています。

 

このように杉浦さんは大学時代から芸能活動で大忙しでした。 

 

就職活動の時期は、給料が安定しないフリーアナウンサーということもあり、一般企業への入社も検討されていたそうですが、周囲からの後押しもあり、悩んだ末に現在の活動を継続しています。 

 

加えてそのような合間を縫って大学4年生の時には、フロリダやニューヨーク、タイ、韓国などに旅行していました。

 

とてもアグレッシブな方ですね。

 

 

中でも思い出深い旅行が、二泊三日で行った沖縄の宮古島で「海が好きな私にとっては、天国のような場所」と語っています。 

 

ちなみに旅行先ではずっと海にいたせいで、出演した番組では「肌が黒くない?」と指摘されてしまったそうです。

 

なお大学時代は学業と仕事を両立させて、大学はキッチリと卒業しています。

 

そして大学を卒業する直前の2020年2月に、朝の情報番組「サンデーモーニング」のアシスタントとして起用されてにわかに注目されています。

 

 

大学を卒業したことで活動の幅も広がりますから楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

杉浦みずきの学歴〜出身高校の詳細 ・ピアノが凄かった

 

出身高校:大阪府 四條畷高校  偏差値71(超難関)

 

 

杉浦みずきさんの出身高校は、府立の共学校の四条畷高校です。

 

この高校は1903年開校の伝統校で、府内では北野高校などと並んで古くから府立の最難関校のひとつとして知られています。

 

2019年度の同校の進学実績は次のようになります(浪人生含む)。

 

京都大学:10名

神戸大学:31名

大阪大学:29名

大阪市立大学:23名

 

立命館大学:207名

関西大学:168名

近畿大学:142名

同志社大学:132名

 

杉浦さんはこの高校に一般試験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

杉浦さんはオープンスクールで訪れた時に、四條畷高校に入りたいと強く思ったことで受験を決意したことをインタビューで話しています。

 

とても入学したい気持ちが強く、受験や願書を提出するときでさえも、「この学校へ通えることになるんだ」と思うと通学路を歩くことが楽しかったそうです。 

 

杉浦さんは高校時代に特技のピアノで「第4回バッハコンクール全国大会」に出場し、銅賞に輝いています。

 

このことがきっかけで、大学の時にTV出演ができました。 

 

そんな音楽の才能に恵まれている杉浦さんですが、高校時代に所属していた部活動は以外にもテニス部です。

 

これまでは、音楽など自分が得意なことばかりしていたのに、軽い気持ちでテニスを始めて、運動は苦手ではない杉浦さんでしたがテニスの難しさに人生で初めて挫折を経験しました。 

 

厳しい練習にも関わらず、テニス部のメンバーは誰も辞めることなく3年間続けることができたのは、良い思い出だと語っています。

 

また高校時代に2週間オーストラリアに短期留学しており、英語も得意です。

 

ちなみに高校時代の思い出の食べ物は、「キッチン但馬屋のコロッケ」だそうです。 

 

 

【主な卒業生】

石川優子(シンガーソングライター)

松尾依里佳(タレント)

村井美樹(タレント)

 

スポンサードリンク

 

杉浦みずきの学歴〜出身中学校の詳細 

 

出身中学校:不明 

 

杉浦みずきさんの出身中学校は、大阪府内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代は吹奏楽部に所属しサックスを演奏していたそうです。 

 

サックスを選んだ理由は、単純に音が好きだったことと、普通の管楽器と違って指を動かす動作があるので、4歳からしているピアノを活かすことができると思ったからだそうです。

3年生の時にはパートリーダーを務めるほどの腕前でした。 

 

部活と並行してピアノも続けており、「ピティナ・ピアノコンペティショ」という大会で、優秀賞を受賞されています。 

 

こういった、多才な才能と様々なことに挑戦していく姿勢が現在の活躍に繋がっているのかもしれませんね。 

 

杉浦みずきの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

杉浦みずきさんの出身小学校は、大阪府内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

両親や兄弟姉妹の情報は不明です。

 

杉浦さんは子供の頃から書道を習っており、段位は五段の腕前です。

 

またピアノも幼少期から習っていたとのこと。

 

小学校時代からスポーツも大好きで、文武両道型の児童だったようです。

 

以上が杉浦みずきさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

 

前述のように大学時代から芸能活動をおこなっていましたが、2020年に「サンデーモーニング」に起用されたことで大きな注目を集めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ