間寛平の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

 

間寛平(はざま かんぺい)

 

 

1949720日生

身長164

血液型はAB

 

高知県宿毛市出身のお笑い芸人、喜劇俳優

本名は間重美(はざま しげみ)

 

以下では間寛平さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します

 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 柏原高校 偏差値3538(現在・かなり容易)

※現在は東大阪大学柏原高校

 

 

間寛平さんの出身校は、私立の共学校の柏原高校です。

 

この高校はスポーツが盛んで、硬式野球部が府内では強豪で甲子園にも出場したことがあります。

 

また現在の校名は東大阪大学柏原高校で男子校ですが、間さんが在籍した当時は共学校でした。

 

(高校時代)

 

間さんは高校時代は硬式野球部に在籍しています。

 

当時のこの高校の野球部は150人も部員が在籍しておりレギュラーにはなれませんでしたが、厳しい練習に3年間耐えています。

 

後に数々のマラソン大会に出場する間さんですが、高校時代に野球部で鍛えたおかげでもありそうです。

 

ちなみに2011年にこの高校の野球部が甲子園に初出場した際は、OBとして応援に駆けつけています。

 

また「寛平」という芸名は高校2年生の時につけられたあだ名が由来になっています。

 

【主な卒業生】

板尾創路(お笑い芸人)

はるな愛(タレント)

 

そして間寛平さんは高校卒業後は大学などに進学していません。

 

高校時代から石原裕次郎さんに憧れて歌手を目指して上京しています。

 

ところが1年余りで挫折して大阪に戻って、様々な職業を経験しています。

 

しかし20歳の頃からお笑い芸人になることを志し、当時大阪で人気の高かった「すっとんトリオ」に弟子入りしています。

 

さらにその翌年には吉本興業に移籍して吉本新喜劇の研究生になっています。

 

 

24歳の時に吉本新喜劇の座長に昇格し、以降は人気芸人、喜劇俳優としてのキャリアを重ねています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:大阪府 大阪市立加賀屋中学校 偏差値なし

 

 

間寛平さんの出身中学校は、大阪市内の公立校の加賀屋中学校です。

 

この中学校の出身者にはプロ野球・広島カープやメジャーリーグなどで活躍した黒田博樹さんがおり、黒田さんが現役を引退した際には間さんはインタビューでねぎらいの言葉を贈っています。

 

「加賀屋の星や。ホンマ誇れる後輩や」

 

(黒田博樹)

 

間さんは中学時代も野球部に在籍して、部活動に打ち込んでいます。

 

また中学時代にジャズに熱中したことから、後に歌手を目指すことになります。

 

加えて当時は新聞配達などのアルバイトをしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:大阪市立住吉川小学校

※入学は宿毛市立楠山小学校出井分校

 

 

間寛平さんの出身小学校は、大阪市内の公立校の住吉川小学校です。

 

実父は間さんが生まれる直前に23歳の若さで結核で亡くなっています。

 

その後に母親が再婚したことから、6歳年下の異父弟がいます。

 

実家は高知県の宿毛市内で林業を営んでいました。

 

宿毛時代に通学していた小学校は分校で、児童数は全学年でわずか6人ということもありました。

 

子供の頃から間さんは活発で、野山を走り回るような少年でした。

 

また両親が共働きだったことから、幼い弟の面倒も引き受けています。

 

その反面、当時から勉強が苦手だったことから、母親からは毎日のように「勉強しなさい」と叱られています。

 

そして一家は木炭の需要減少で経済的に厳しくなったことから、間さんが12歳の時に大阪市住吉区に移住しています。

 

以降も実家の経済的な事情が芳しくなかったことから、鉄くず拾いなどをして小遣いを稼いでいます。

 

大阪の小学校の転校後に不良にイジメられないようにギャグをつくりはじめ、それが芸人のルーツになっています。

 

以上が間寛平さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー後は長らく吉本新喜劇の看板役者として活躍してきましたが、1989年に新喜劇を辞めて東京に進出。

 

 

すると「アメマ~」や「かい~の」などのギャグで人気者となり、「マジカル頭脳パワー」などの数多くのテレビ番組に出演してきました。

 

 

また俳優としても活動し、数々のテレビドラマや映画に出演しています。

 

現在も根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ