ko-dai (ソナポケ)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|バスケが凄かった!

 

「Soner Pockt」のko-daiさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はko-daiさんは学生時代はバスケットボールに打ち込んでおり、全国大会にも出場した経験もありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

ko-dai(コーダイ)

 

 

1982年10月6日生

身長188㎝

血液型はO型

 

愛知県名古屋市出身のミュージシャン

「Soner Pockt(ソナーポケット)」のメンバー

本名は川合幸太(かわい こうた)

 

以下では「Soner Pockt」ko-daiさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

ko-daiの学歴~出身大学(同朋大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:同朋大学 社会福祉学部社会福祉学科 偏差値35(かなり容易)

 

 

 

ko-daiさんは高校卒業後は、私立大の同朋大学に進学しています。

 

在籍したのは社会福祉学部です。

 

この大学・学部に進学をした理由については、次のように話しています。

 

「手に職じゃないですが、資格も取れるし、他の学部より福祉のほうが学べることが多そうだと思ったからです」

 

大学時代はコンビニでアルバイトをしており、当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「コンビニのアルバイトをしてた時は大学生で、大学生活をほとんどそこに捧げていたんですけど、お客さんにありがとうって言われるのがすごく自分の中ではやりがいを感じる瞬間でした。」

 

またKo-daiさんは在学中には訪問介護やガイドヘルパー(移動介護従事者)の資格を取得しています。

 

とは言え将来は福祉関係の仕事ではなく、大学時代からは本格的に歌手を志していました。

 

当時のko-daiさんは現実を甘く見ており、簡単に歌手になれると思い込んでいました。

 

しかしそう簡単に歌手になることはできずに、大学卒業後はしばらく何もせずにニートの状態でした。

 

この時は自身で「荒んだ時期だった」と語っているほどで夢と現実の違いにモヤモヤする気持ちを感じて、時間があればパチンコに行くような、毎日を過ごしていました。

 

そんな時に介護事業所の社長を紹介してもらい、その社長からは働きながら歌手を目指せばいいと言われたため介護職に就いています。

 

23歳だった2005年に、eyeronさんと「Soner Pockt」を結成しています。

 

バンドは2008年にファーストシングル「Promise」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

すると2010年に「好きだよ。~100回の後悔~」がヒットして注目を集めています。

 

 

2012年には日本武道館でワンマンライブを開催しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

ko-daiの学歴~出身高校(名古屋大谷高校)の詳細・バスケが凄かった!

 

出身高校:愛知県 名古屋大谷高校 偏差値42~51(コース不明のため)

 

 

 

ko-daiさんの出身高校は、私立の共学校の名古屋大谷高校です。

 

この高校は1827年開校の仏教系の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の5つのコースを設置していますが、ko-daiさんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特別進学:偏差値51

特別選抜:偏差値46

福祉・医療進学:偏差値43

文理進学:偏差値43

商業:偏差値42

 

ただし大学では福祉系の学部に進学しているので、福祉・医療進学コースに在籍した可能性が高そうです。

 

ko-daiさんはこの高校ではバスケットボール部に在籍をしており、部活動に打ち込んでいました。

 

高校時代に全国大会にも出場経験があるほどでした。

 

ちなみにこの高校のバスケットボール部は県内では強豪です。

 

またko-daiさんは高校からバスケットボールをはじめていますが、それでも全国大会に出場しています。

 

高校時代はバスケットボールにのめり込みすぎて部活漬けの日々を過ごしていたことから、将来について考えていませんでした。

 

しかしボランティア活動として高齢者施設に行ったり、マラソンでは車いす走者の伴走をしたことで介護の仕事には興味がありました。

 

【主な卒業生】

小沢一敬(お笑い・スピードワゴン)

アタック西本(お笑い・ジェラードン)

海野裕二(お笑い・ジェラードン)

三上悠亜(元SKE48)

 

スポンサードリンク

 

ko-daiの学歴~出身中学校(名古屋市立白山中学校)の詳細

 

出身中学校:愛知県 名古屋市立白山中学校 偏差値なし

 

 

 

ko-daiさんの出身中学校は、地元名古屋市内の公立校・名古屋市立白山中学校です。

 

Ko-daiさんには中学生のころに1ヶ月ほど交際をした女子がいました。

 

中学生のころに少し悪いことをして、サラサラヘアーだった髪型をスポーツ刈りにしています。

 

そのことを彼女に電話で話したところ「髪の毛なんて別に短くてもいいじゃん。こうちゃんがこうちゃんだったらいいじゃん。」と言われたため、ko-daiさんは「すげーいい女じゃん」と思ったそうです。

 

そしていざデートをしてみたところ、会った時から様子がおかしくいつもよりもテンションが低かったとのことです。

 

その日のデートが終わり次の日に学校に行くと手紙を渡されて、そこには「こうちゃん、今までありがとう」と書いてあったという失恋エピソードを明かしていました。

 

また中学校時代のバレンタインデーに当時好きだった女子から呼び出しをされて、行ったところ好きな女子の友人が待っていて手作りチョコをプレゼントされています。

 

そして好きだった女子はko-daiさんの友人にチョコを渡したそうです。

 

【主な卒業生】

舘ひろし(俳優)

 

ko-daiの学歴~出身小学校(名古屋市立老松小学校)の詳細

 

 

出身小学校:愛知県 名古屋市立老松小学校

 

 

 

ko-daiさんの出身小学校は、地元名古屋市内の公立校・名古屋市立老松小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族のです。

 

ただし後に両親が離婚して母親に引き取られており、母子家庭に育っています。

 

母親は介護事業の会社をやっています。

 

Ko-daiさんは子供の頃には吉川晃司さんに憧れており、当時から将来は歌手になることを夢に見ていました。

 

小学生の時にクリスマスにゲームが欲しいとおねだりをしましたが、買ってもらえることはありませんでした。

 

しかし小学6年生の時には両親が離婚をしており、離婚をした年のクリスマスにはゲームを購入してもらえたというエピソードを明かしいています。

 

また小学校時代にはスイミングスクールに通っていました。

 

このスイミングスクールにはアテネオリンピックと北京オリンピック・女子200m背泳ぎで銅メダルを獲得した中村礼子さんも一緒に通っていました。

 

以上が「Soner Pockt」ko-daiさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

バンドはメジャーデビュー後はコンスタントにヒット曲をリリースして、人気バンドになっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ