平松愛理の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

シンガーソングライターの平松愛理さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「部屋とワイシャツと私」のヒットで知られる平松さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

平松愛理(ひらまつ あいり)

 

 

1964年3月8日生

身長158㎝

血液型はA型

 

兵庫県神戸市出身のシンガーソングライター

本名同じ

 

以下では平松愛理さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

平松愛理の学歴~出身大学(神戸海星女子学院大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:神戸海星女子学院大学 文学部 偏差値36(かなり容易・現在)

※現在は現代人間学部

 

 

 

平松愛理さんは高校卒業後は、神戸海星女子学院大学に進学しています。

 

在籍したのは文学部です。

 

なお現在は女子大離れのためこの大学の偏差値は凋落していますが、平松さんが在籍した当時のほうが偏差値は上でした。

 

平松さんは高校時代からバンドを組んで音楽活動をしていましたが、大学入学後も音楽活動に熱中しています。

 

当時は3つのアマチュアバンドのボーカルを掛け持ちして、関西圏を中心に活動していました。

 

またプロのバンドのツアーの前座を務めたこともありました。

 

このように大学時代も精力的に活動していましたが、学業とも両立させて大学は卒業しています。

 

大学卒業後は歌手デビューを目指して上京し、アルバイトをしながらレコード会社にデモテープを送っています。

 

そして24歳だった1989年に、ファーストシングル「青春のアルバム」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

1992年に8枚目シングル「部屋とワイシャツと私」が大ヒットして、人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

この楽曲では日本レコード大賞・作詞賞を受賞しています。

 

また若い頃はラジオ番組のパーソナリティとしても人気を誇っていました。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

平松愛理の学歴~出身高校(親和女子高校)の詳細

 

出身高校:兵庫県 親和女子高校 偏差値60(やや難関)

 

 

 

平松愛理さんの出身高校は、私立の女子校の親和女子高校です。

 

この高校は1887年開校の伝統校で、地元では古くから「お嬢様学校」として知られています。

 

平松さんはこの高校の系列の中学校に通学していたので、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

高校時代は軽音楽部に在籍していました。

 

また当時はガールズバンド「ワイプアウト」に在籍して、ボーカルを務めていました。

 

 

そしてこのバンドで高校の学園祭に出演して平松さんが作詞・作曲したオリジナル曲を披露したところ観客にウケたので、これを機にプロの歌手になろうと思っています。

 

加えて高校2年生の時には関西のローカルオーディション番組「ヤングプラザ」に出演しています。

 

それまでは両親はバンド活動に反対していましたが、このテレビ番組出演をきっかけに反対しなくなったそうです。

 

【主な卒業生】

藤原紀香(女優)

小原正子(お笑い・クワバタオハラ)

 

スポンサードリンク

 

平松愛理の学歴~出身中学校(親和女子中学校)の詳細

 

出身中学校:兵庫県 親和女子中学校 偏差値56(中の上)

 

 

 

平松愛理さんの出身中学校は、私立の女子校の親和女子中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しています。

 

中学時代はコーラス部に在籍していました。

 

また平松さんは中学時代からピアノでオリジナル曲を作りはじめています。

 

平松愛理の学歴~出身小学校(神戸市立西須磨小学校)の詳細

 

出身小学校:兵庫県 神戸市立西須磨小学校

 

 

 

平松愛理さんの出身小学校は、地元神戸市内の公立校の西須磨小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

父親は医師で、裕福な家庭に生まれ育っています。

 

平松さんは幼少期から音楽に親しんで、3歳の頃からオルガンを習いはじめています。

 

また4歳からはピアノも習っていました。

 

10歳の頃には兄の影響でアメリカのデュオ「カーペンターズ」のファンになっています。

 

以上が平松愛理さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

28歳の時に「部屋とワイシャツと私」がヒットして、大ブレイクしています。

 

以降も精力的な音楽活動を展開しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ