伊藤理々杏(乃木坂46)の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

 

伊藤理々杏(いとう りりあ)

 

 

2002108日生

身長154

血液型はB

 

沖縄県那覇市出身のタレント、歌手

乃木坂46のメンバー

本名同じ、愛称はりりあん




 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース(有力) 偏差値42(容易)

20194月より目黒日本大学高校

 

 

 

伊藤理々杏さんが入学したのは、日出高校の芸能コースが有力です。

 

後述の通り中学時代に同校の系列校の日出中学校に転校したことから、エスカレーター式にこの高校に進学した可能性が高いと思われています。

 

ただし現時点ではツイッターなどの目撃情報などがないことから、通信制高校などの可能性もありそうです。

 

伊藤さんは高校入学後もグループの活動が中心で、バラエティー番組「乃木坂工事中」などに出演しています。

 

 

また高校1年生の8月には山下美月さんや高山一実さん、能條愛未さんや樋口日奈さんらとともに、ミュージカル舞台「美少女戦士セーラームーン」に出演して、セーラーマーキュリー役を務めています。

 

 

そして11月にリリースされた乃木坂4622thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で念願の初選抜入りをしています。

 

 

モデルプレスは選抜入りが決まった直後の伊藤さんについて、本人のインタビューを含めて次のように報じています。

 

21枚目の時の選抜発表の時に、すごい心配してくれて…お母さんとか。喜んでくれたらいいなってまず思いました」と涙。「足を引っ張らないようにしたいのでいっぱい頑張りたいと思います」と意気込みを語った

 

このように伊藤さんは高校時代にグループ内でも着実にキャリアを重ねています。

 

将来のセンター候補とされるだけに、今後はテレビドラマなどにも起用されそうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:沖縄県 那覇市立安岡中学校 偏差値なし

※後に日出中学校(偏差値42)に転校して卒業

 

 

 

伊藤理々杏さんが入学したのは、地元那覇市内の公立校の安岡中学校です。

 

中学時代は「本が友達」とインタビューで語るほど読書をしています。

 

「朝に登校してからすぐ本を読んで、休み時間も読んで、給食が終わってからお昼休みもずっと読んでいて」

「中学の頃は図書室に行くことが多かったので、いろいろ思い出しましたね。読み終わったら新しい本を借りに行って、教室の机でずーっと本を読んでるような子でした」

 

中学2年生の時に乃木坂46の第3期メンバーオーディションに応募して、山下美月さんや大園桃子さん、与田祐希さんらとともに合格してメンバー入りしています。

 

 

伊藤さんは齋藤飛鳥さんを好きになったことがきっかけで乃木坂46のオーディションに応募したことを明らかにしています。

 

「テレビで齋藤飛鳥さんを好きになったことをきっかけに乃木坂46も好きになって。キラキラ輝いている先輩たちを見て、私もそうなりたいと思って3期生のオーディションに応募しました」

 

このオーディションには過去最高の48,986人が応募しており、倍率は何と4,082倍という高倍率を勝ち抜いての合格でした。

 

伊藤さんは合格後は上京して日出中学校(偏差値42)の芸能コースに編入しています。

 

日出中学校では、ジャニーズJrの猪狩蒼弥さんと同級生でした。

 

乃木坂46に加入したのは14歳の時でしたが、加入当初から大人びた容姿としっかりとした立ち振る舞いから注目されています。

 

またバラエティー番組などでは得意のバトントワリングを披露していました。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:那覇市立銘苅小学校

 

 

 

伊藤理々杏さんの出身小学校は、地元那覇市内の公立校の銘苅(めかる)小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

3歳の時にモデル事務所にスカウトされて、子役タレントとして活動を開始しています。

 

 

子役タレント時代にはヤマハやハウス食品のCMにも出演しています。

 

(ヤマハのCM)

 

幼少期にはダンスを習っており、小学校4年生から6年生まではバトントワリングを習っています。

 

また伊藤さんは小学校時代からジャニーズのタレントの大ファンで、現在でも「ジャニオタ」などと言われています。

 

加えて小学生時代から学級委員をやることが多かったとインタビューで話しています。

 

「人前に立って話したり仕切ったりすることが好きだったので、クラス会議の司会をやりたいがために学級委員長になって」

 

ただし一般的なマジメな学級委員ではなかったと続けています。

 

「いや、世間がイメージするようなマジメな委員長タイプではなかったですね。発言するのは好きなんですけど、誰かを注意するのは苦手なんですよ」

 

 

以上が伊藤理々杏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

14歳でグループ入りしていますが、当初から注目を集めるメンバーでした。

 

またこのところは選抜メンバーに選ばれたり、舞台の主要キャストに起用されるなど、徐々に存在感を増しています。

 

将来のセンター候補の呼び声も高いことから、今後はメディアへの出演も増えていきそうです。

 

 

本人の意識も非常に高いとのことなので、さらなる大きな飛躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ