松田里奈(欅坂46)の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

松田里奈(まつだ りな)

 

 

19991013日生

身長158.5

血液型はO

 

宮崎県延岡市出身の歌手、タレント

欅坂46のメンバー

本名同じ

 

以下では松田里奈さんの学歴や出身中学校・高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



出身高校:宮崎県 延岡工業高校生活文化科 偏差値44(容易)

 

 

 

松田里奈さんの出身校は、県立の共学校の延岡工業高校です。

 

この高校は部活動が盛んで、硬式野球部は県内では古豪として知られています。

 

在籍していた生活文化科はフード、ファッション、リビングの3つの類型について専門教育をおこなっていますが、松田さんはフードデザインを専攻していました。

 

また松田さんは子供の頃からスポーツが得意で、高校時代もダンス部に所属していました。

 

当時からアイドルへの憧れはありましたが、取り立てて欅坂46の大ファンではなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

そして松田里奈さんは高校卒業後は大学に進学せずに、地元の銀行に就職しています。

 

就職先の銀行は宮崎銀行や宮崎太陽銀行の名前がインターネット上に挙がっていますが、現時点では不明です。

 

銀行では窓口でお客さんの対応をしていたことをバラエティー番組「欅って、書けない?」に出演した際に明らかにしています。

 

 

そして松田さんは就職してからわずか半年後にけやき坂462期生オーディションを受けて合格。

 

 

応募のきっかけとなったのは姉の勧めで、このあたりの経緯については次のようにインタビューで話しています。

 

「姉に『受けてみたら?』と勧められたのがオーディションを受けたきっかけです。私は最初断ったんですよ。でも、アイドルへの憧れも捨てきれなかったので、『私、どこまで進めるんだろう?』という気持ちで応募しました」

 

ただしまさかオーディションに合格するとは思っておらず、銀行を辞めるなんて考えてもいなかったとのこと。

 

グループ入りのために就職先の銀行も半年で辞めてしまいますが、その際にはかなりの迷いがあったことを明らかにしています。

 

「銀行では先輩も優しい方ばかりで人間関係で悩むことは一切ありませんでした。業務は難しくて大変でしたけど、『辞めたい』と思うことはなくて。安定した職種ですし、地元なのでお金もたまりますから(笑)。でも、やっぱり『アイドルをやってみたい』という気持ちもあったので、退職という決断をしました。後ろめたい気持ちもありましたが、銀行の方も私の決断を応援してくださったので、『これからアイドルとして頑張らないといけない』という気持ちがあります」

 

そして松田さんは将来的には、体を張ってでもバラエティー番組で活躍するアイドルになりたいと語っています。

 

「欅坂46にはかわいいメンバーが多く、勝てないと思っているので(笑)、バラエティーで爪痕を残せるようなアイドルを目指します! トーク力も身につけたいですし、アイドル番組でよくあるバンジージャンプや虫を食べるような“ムチャぶり”でも体を張って『この子はすごい!』と思ってもらえるような人になりたいです」

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身中学校:延岡市立岡富中学校 偏差値なし

 

 

 

松田里奈さんの出身中学校は、地元延岡市の公立校の岡富中学校です。

 

松田さんは出身中学校を明らかにしていませんが、卒アルとこの学校の制服が一致することから判明しました。

 

 

 

中学時代はソフトボール部に所属しており、ポジションはピッチャーでした。

 

ただし松田さんの中学時代の情報は現時点でほとんど見当たらず、学校生活の詳細なども不明です。

 

出身小学校:不明

 

松田里奈さんの出身小学校は、地元延岡市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし前述の出身中学校の校区からは次の2校のいずれかが有力となります。

 

延岡市立岡富小学校

延岡市立延岡小学校

 

家族構成も両親と姉がいることは判明していますが、他にも兄弟がいる可能性もあります。

 

小学校時代の情報も皆無です。

 

以上が松田里奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

社会人として勤務経験があることからトーク力もあり、クールビューティーな美貌でも早くも注目を集めています。

 

 

現在ではグループでの活動が中心ですが、今後は個人での活動も増えていきそうです。

 

学生時代に部活動で鍛えられただけに根性もありそうですから、目標とするバラドルを目指して頑張ってほしいところです。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ