武元唯衣(欅坂46)の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

武元唯衣(たけもと ゆい)

 

 

2002323日生

身長157

血液型はO

 

滋賀県出身の歌手、タレント

アイドルグループ「欅坂46」のメンバー

本名同じ

 

以下では武元唯衣さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

武元唯衣の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:滋賀県 光泉高校 偏差値4461

 

 

武元唯衣さんが入学したのは、私立の共学校の光泉(こうせん)高校です。

 

この高校は滋賀県草津市にある1988年開校のカトリック系の高校です。

 

また同校は部活動が盛んで、バスケットボール部やテニス部、ラグビー部などは全国大会の常連です。

 

同校はⅢ類人文(偏差値61)やⅢ類理数(偏差値61)、Ⅱ類(偏差値53)、Ⅰ類(偏差値44)の4つのコースを設置していますが、武元さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

ただし武元さんは後のインタビューで「勉強も頑張ってきた」と話しているので、Ⅱ類以上のコースに在籍した可能性もあります。

 

武元さんは出身校を明らかにしていませんが、この高校の系列の中学校に在籍中にたびたび学校のHPに掲載されたことから出身校が判明しています。

 

高校時代は部活動などはおこなっていなかったようです。

 

そして高校2年生の時に坂道合同オーディションを受けています。

 

 

このオーディションに応募した動機は、アイドルになりたいというよりも欅坂46が好きだったからとインタビューで述べています。

 

「私は欅坂46のファンになってからですね。中学3年生の頃に好きになったんですけど、それまではアイドルに対してそこまでは興味がなくて。『坂道合同オーディション』を受けたのもアイドルになりたいからというよりも、欅坂46のことが好きで受けたというほうが近いかもしれません」

 

また当時は進路が見つからなかったこともオーディションを受けた理由だとも述べています。

 

「オーディションを受けたきっかけ自体が周りの子が進路を決める中で、自分がしたいことが最後まで見つからないというのがあったから」

 

SHOWROOMの審査では、得意のダンスを披露しています。

 

 

そして応募総数約13万人という狭き門を突破して、グループ入りしています。

 

ただし武元さんは合格した瞬間は「何も感情が湧いてこなかった」と話しています。

 

「正直、本当に何も感情が湧いてこなくて。現実とは思えないということもあったと思うんですけど、めっちゃうれしいとかそういう気持ちでもなかった気がします。そのときはまだ所属するグループが決まってなかったので、だからこそ何も感情が出てこなかったのかもしれません」

 

なお坂道グループは原則として地方に住んでいる応募者はオーディション合格後に速やかに上京することが条件となっている(中学3年生や高校3年生の場合は例外あり)おり、また同校が芸能活動を禁止していることから、武元さんは首都圏あるいは通信制の高校に転校している可能性が高いでしょう。

 

なお武元さんは欅坂46の公式サイトで「高校3年生」と自己紹介しているので、高校に通学しているのは間違いありません。

 

高校2年生の12月に日本武道館でおこなわれた「お見立て会」で、欅坂46のメンバーとしてデビューしています。

 

 

武元さんはここでも特技であるダンスのパフォーマンスを披露しています。

 

そして2019年の2月にバラエティ番組「欅って、書けない?」でテレビ番組に初出演しています。

 

 

高校3年生になると「おもてなし会」などグループの活動に参加しています。

 

今後は単独での活動も増えていきそうなので楽しみです。

 

スポンサードリンク

 

武元唯衣の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:滋賀県 光泉中学校 偏差値48(やや容易)

 

 

武元唯衣さんの出身中学校は、私立の共学校の光泉中学校です。

 

この中学校は高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学で進んでいます。

 

また中学校時代はバドミントン部と放送部に在籍していました。

 

ただし小学校の頃から習っていたダンスは中学校2年生まで続けています。

 

加えて武元さんは中学3年生の時には生徒会長を務めており、模範的な生徒だったようです。

 

 

また中学校3年生の時には草津市主催の「青少年の主張発表大会」という弁論大会にも出場しています。

 

 

ちなみにその際には「一番の味方」というタイトルで、母親への感謝の気持ちを発表しています。

 

 

そして中学校3年生の時に欅坂462ndシングル「世界には愛しかない」のパフォーマンスを見たことで、欅坂46のファンになったことをインタビューで明らかにしています。

 

「『AKB48 SHOW!』(NHK BSプレミアム)という番組で「世界には愛しかない」のパフォーマンスを観たときにすごく心に響いて、その映像を毎日観てから学校に行くっていう習慣が付くぐらい大好きになりました。そこからいろんな番組もチェックするようになって、どんどんファンになりました」

 

さらに欅坂46が心に刺さったことについては次のように述べています。

 

「バラエティ番組とかではアイドルらしい、キュンとするようなこともたくさんしていらっしゃると思うんですけど、音楽番組で観る欅坂46はひとつのアーティストとして曲を伝えることを重視しているように私は感じたので、そこが刺さったんだと思います」

 

オーディションに合格してグループ入りするまでは握手会にも行っていたほどです。

 

なお武元さんは欅坂46に出会うまではアイドルに興味はなく、当時の夢はダンサーになることでした。

 

スポンサードリンク



 

武元唯衣の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

武元唯衣さんの出身小学校は、滋賀県内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

小学校時代はダンスのほか、ピアノも習っていたようです。

 

また子供の頃から「勉強をしっかりやりなさい」と言われて育ったとインタビューで話しており、小学校時代から優等生タイプの生徒だったようです。

 

加えて子供の頃から音楽が大好きで、公式ブログには「ミスチルを聴いて育ってきたと言っても過言ではない」と綴るほどです。

 

以上が武元唯衣さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2期生の中ではさほど目立った存在ではありませんでしたが、「欅って、書けない?」に出演した際の家族愛は1期生も感動するほどで、2期生内にも「唯衣ちゃんを愛でる会」が誕生するほど性格がいいことで知られています。

 

 

 現在はグループでの活動がメインですが、今後は徐々に単独での活動も増えていきそうです。

 

今後の大きな飛躍も期待したいメンバーですね。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ