米良美一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

世界的なカウンターテナー歌手でオネエキャラでバラエティ番組などでもおなじみの米良美一さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。音楽に励んだ大学時代や病と闘った小学校・中学校時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

米良美一(めら よしかず)

 

 

1971521日生

身長138.7

血液型非公表

 

宮崎県西都市出身のカウンターテナー歌手

本名同じ

 

以下では米良美一さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

米良美一の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:洗足学園音楽大学 音楽学部 偏差値42(当時・普通)

 

 

米良美一さんは高校卒業後は、洗足(せんぞく)学園音楽大学に進学しています。

 

この大学は川崎市高津区にある私立の音楽大学で、歌手の平原綾香さんや昆夏美さんらも同校の卒業生です。

 

また現在のこの大学は入学試験は学科試験がなく実技試験のみなので偏差値はありませんが、当時は学科試験もおこなわれていました。

 

ちなみに米良さんはこの大学に首席で入学しています。

 

大学では宗教音楽を専攻していました。

 

米良さんは大学時代はアルバイトで銀座の高級クラブで歌っています。

 

また大学入学当初はテノール歌手でしたが、大学3年生の頃から女声の音域を歌うカウンターテナーに転向しています。

 

ちなみに米良さんは大学時代に音大の先輩の女性と同棲経験があり、結婚も考えていたとインタビューで話していますが、最終的にはうまくいかなかったようです。

 

大学でもしっかりと音楽に励んでおり、米良さんは出席で卒業しています。

 

大学卒業後は歌手として本格的に活動を開始して、卒業した19945月には「第8回古楽コンクールin山梨」では最高位を獲得しています。

 

そして米良さんは25歳だった1996年にCD「母の唄」でメジャーデビューを飾ると、楽曲もベストセラーになっています。

 

 

翌年の1997年に映画「もののけ姫」の主題歌を担当し、人気も全国区となっています。

 

 

以降は音楽活動のほか、バラエティ番組でオネエ系のタレントとしても人気を博しています。

 

スポンサードリンク



 

米良美一の学歴~出身校の詳細

 

出身高校:宮崎県立赤江養護学校 高等部 偏差値なし

※現在は宮崎県立赤江まつばら支援学校

 

 

米良美一さんの出身校は、県立の赤江養護学校です。

 

この養護学校は幼稚部から高等部まで設置している学校で、2008年からは赤江まつばら支援学校に改称しています。

 

詳細は後述しますが米良さんは先天性の難病を患っており、一時は車椅子生活をしていたことから普通の高校ではなく全寮制の養護学校に進学しています。

 

高校時代は声楽を習っており、宮崎県の独唱コンクールで優勝経験もあります。

 

また米良さんは高校3年生の時にヘンデルの「メサイア」という歌曲に出会って、アルト歌手になりたいと思い音楽大学への進学を決意しています。

 

ただし実家の経済事情があまりよくなかったことから、当初は父親からはお金のかかる音楽大学への進学は反対されています。

 

しかし経済的な余裕のない中でも私立の音楽大学に通学できる資金援助のプログラムがあり資金面の問題は解消されます。

 

ところが米良さんは音大を目指しはじめたのが高校3年生からと遅かったことから、養護学校の音楽教師の協力のもと無謀とも思われるほどのプログラムに取り組んでいます。

 

その際には米良さんもかなりの努力を重ねており、前述のように見事に音楽大学に首席で入学しています。

 

スポンサードリンク

 

米良美一の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:宮崎県立赤江養護学校 中等部 偏差値なし

 

 

米良美一さんの出身中学校は、県立の赤江養護学校中等部です。

 

中学時代も全寮制のこの中学で寮生活を送っています。

 

米良さんは骨が十分に形成されない先天性骨形成不全症という難病を患っていますが、中学時代は約30回もの骨折を繰り返しています。

 

また中学時代は歌手の松田聖子さんの大ファンで、松田さんと同じ声の高さで歌を歌いたかったことから裏声を出して歌ったことが世界的なカウンターテナーになる原点だったことをインタビューで明らかにしています。

 

ただし中学2年生の時に松田さんが神田正輝さんと結婚した際には、大きなショックを受けています。

 

米良美一の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:宮崎県 西都市立三財小学校

 

米良美一さんの出身小学校は、地元西都市内の公立校の三財(さんざい)小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

実家は農家で農業や山仕事で生計を立てていました。

 

前記のように米良さんは先天性の骨形成不全症を患っており、幼少期から骨折を繰り返しています。

 

また病気のため身長が伸びずに両腕も伸ばせなかったことから公立の小学校に入学を拒否されて、当初は赤江養護学校小学部に入学しています。

 

幼いころから歌が好きで、演歌や民謡を披露して喜ばれており、その快感が現在の原動力ともインタビューで述べています。

 

小学校4年生の2学期から症状が安定したこともあって、公立の三財小学校に編入しています。

 

ただしこの小学校では骨が曲がっていたことなどからイジメを受けています。

 

また当時は治療費もかさんだことから、母親までもが肉体労働で治療費を稼いでいますが、このこともクラスメイトにからかわれました。

 

米良さんは小学校6年生の時に再び症状が悪化して車椅子生活になったことから、公立の中学校に進学することを諦めて前記の養護学校に入学しています。

 

以上が米良美一さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ここまでで見てきたように、バラエティ番組で見せるオネエキャラとは想像がつかないほどの壮絶な学生生活を送っています。

 

 

まさに努力を重ねて現在の地位を築いています。

 

ただし米良さんはくも膜下出血で倒れ、水頭症を発症するなど現在でも健康不安がつきまとっています。

 

カウンターテナーとしては世界的な評価を得ている人物なので、末永い活躍を祈りたいところです。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ