北原里英の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とかわいい学生時代の画像

 

AKB48の元メンバーの北原里英さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。AKB48の黄金期の人気メンバーだった北原さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

北原里英

 

北原

 

1991624日生

身長157

血液型はA型

 

愛知県一宮市出身の歌手、女優

AKB48の元メンバー

本名同じ

 

以下では北原里英さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2007年にAKB48の第5期のオーディションに合格。

研究生を経て20087月にグループ入り。 

同年10月の「大声ダイヤモンド」で初の選抜メンバー入り。

2010年の「マジすか学園」でドラマ初出演し、以降も「ろくでなしブルース」や「家族ゲーム」、「みんなエスパーだよ」などの連続ドラマに出演。 

2012年の「グラッフリーター刀牙」で映画初出演し、同年の「ジョーカーゲーム」で映画初主演。 

同年からSKE48と兼任となる(20134月まで)

2015年のAKB48総選挙で自己最高位の11位を記録。 

同年の「劇場霊からの招待状」でドラマ初主演。

2017年8月に来春限りでAKB48を卒業することを発表。

 

北原里英の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:愛知県 一宮南高校(転出) 偏差値58(中の上)

※卒業は日出高校通信制課程(偏差値なし)

 

 

 

北原里英さんが入学したのは、県立の共学校の一宮南高校です。

 

この高校は1979年開校の中堅県立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

北原さんは高校時代は吹奏楽部に在籍しており、パーカッションを担当していました。

 

高校1年生だった2007年に、AKB48の5期生のオーディションに合格しています。

 

 

北原さんはインタビューで自身の人生で一番勇気を出したのがAKB48に入った時だったと次のように話しています。

 

「AKB48に入ろうと思ってオーディションを受けて、東京に来た瞬間ですね。当時は高校一年生で、ぼんやりと東京への憧れはありましたけど、オーディションに受かるまで上京するなんて考えてもいなかったんです。いざAKB48に入ることが決まって今まで通っていた高校も辞めて一人で新幹線に乗って東京へ向かった時のような、あの決断に勝る決断はまだできていないのではないかな、と思います。」

 

またAKB48に応募することになったきっかけについてインタビューで次のように振り返っています。

 

「もともとAKB48が好きだったんです。でも、アイドルになりたいとはそれまで思ったことはなくて…。その頃、女優さんになりたいという夢ができて、結構いろんなオーディションを受けていたんですけど、全然ダメで。そんななかで、『AKB48のオーディションがある』ってわかって。」

 

 

最終審査ではダンスと歌の審査があったことから受かる自信はありませんでしたが、思い出作りとして受けたところまさかの合格だったと話しています。

 

この時のオーディションでは合格後にすぐに上京できる人というのが条件だったことから、家族会議をしており父親は渋っていましたが最終的には認めてくれています。

 

ちなみにこのオーディションでは北原さんのほか、指原莉乃さんや宮崎美穂さん、近野莉菜さんや仁藤萌乃さんらも合格しています。

 

北原さんはオーディション合格後はAKB48の研究生になっています。

 

当初は地元からレッスンなどに通っていましたが、翌年に上京しています。

 

北原1

 

そのため堀越高校のトレイトコース(偏差値37)に転校しています。

 

 

 

そして高校2年生の時に正式にメンバーに昇格しています。

 

同年10月には10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜入りを果たすなどかなり多忙になったようです。

 

 

 

そのため時期は不明ですが堀越高校から日出高校の通信制課程(偏差値なし)に転校しています(現在は目黒日本大学高校)。

 

 

 

このように北原さんは高校は3校に通学していました。

 

また以降もコンスタントに選抜メンバーに選ばれていますが、学業と両立させて高校はしっかりと卒業しています。

 

なお北原さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

当初入学した高校のレベルを考えれば十分に大学進学できる学力は有していたと思われますが、芸能活動を優先させたようです。

 

北原さんは高校卒業後はグループの活動の傍らで、本格的に女優としても活動を開始しています。

 

21歳だった2012年には、映画「ジョーカーゲーム」の主演に起用されています。

 

 

2016年にNGT48に移籍して、2018年にグループを卒業しています。

 

 

以降は女優やタレントとして活動しています。

 

また2020年にはYOUTUBEに公式チャンネル「きたえりチャンネル」を開設しています。

 

 

こちらでは料理やメイク、踊ってみたなどの動画を配信しています。

 

スポンサードリンク

 

北原里英の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知県 一宮市立丹陽中学校 偏差値なし

 

 

 

北原里英さんの出身中学校は、地元愛知県一宮市内の公立校・一宮市立丹陽中学校です。

 

中学時代はハンドボール部に在籍していました。

 

また中学生の時はカラオケや映画によく行っており、インタビュデー次のように話しています。

 

「中学生の時にダイヤモンドシティ・キリオができたんです。駅までは自転車で15分くらいかかるんですが、そこから数駅電車に乗れば行けました。それまでカラオケボックスくらいしか行くところのなかったわたしたちが、新たなものを手に入れたということで毎週末行ってましたね。」

 

北原2

 

また北原さんは中学生の時は人を笑わせることが好きで、オリエンタルラジオのネタを完コピしていたそうです。

 

スポンサードリンク

 

北原里英の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:愛知県 一宮市立丹陽西小学校

 

 

 

北原里英さんの出身小学校は、地元一宮市内の公立校の一宮市立丹陽西小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

小学生の頃から女優に憧れおり、インタビューで次のように話しています。

 

「女優には小学生の頃から憧れてましたね。テレビっ子だったので、テレビの中の世界に入ってみたいなと漠然と思っていて。その当時、歌手になればテレビに出られるんじゃないかと安易に考えていました。でも、歌が下手だったことに気づいて……(笑)。これじゃ、なれないなと。」

 

歌手になりたいと考えたこともありましたが歌を上手に歌えなかったことから、改めて女優になりたいと思いました。

 

また北原さんは小学生の頃から絵が上手で小学校の写生大会では6年間連続で表彰されています。

 

以上が北原里英さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

AKB48の黄金期の人気メンバーのひとりで続々とメンバーが卒業するなか、長らくグループを支えてきました。

 

 

卒業後は女優として連続ドラマや映画にも出演しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ