パンサー向井慧の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

向井慧(むかい さとし)

 

向井

 

19851216日生

身長169

血液型はB型

 

愛知県出身のお笑いタレント

お笑いトリオ「パンサー」のツッコミ担当

 

以下ではパンサー向井慧さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
2005年に吉本総合芸能学院(NSC)東京校に11期生として入所 

当初はお笑いコンビ「あじさい公園」として活動。 

NSC卒業時に「ブルースタンダード」を結成したが、コンビは2008年に解散。 

同年から東京NSCの先輩の菅良太郎、尾形貴弘とともにトリオ「パンサー」を結成。 

トリオは2013年ごろからテレビの出演が増えはじめ、「笑っていいとも!」や「王様のブランチ」などの人気番組に出演。 

単独でも「おはスタ」などの情報番組に曜日レギュラーで出演。 

2015年に「よしもと男前ランキング」で1位を獲得。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:明治大学 政治経済学部 偏差値63(やや難関)

 

 

向井慧さんは高校卒業後は、明治大学の政治経済学部に進学します。

 

高校3年生の秋に大学教授の父親にNSCに入学したいと申し出たところ、大学に進学して4年間だけなら好きにしていいと言われ猛勉強しました。

 

110時間以上の勉強の甲斐あって、名門私立大学の明治大学に現役合格します。

 

向井さんが入学した頃は明治大学には有名芸能人が多く在籍し、山下智久さんや小山慶一郎さん、北川景子さんや井上真央さんも在籍していました。

 

「キャンパスの遠くで人だかりができてるのを見て、あそこに山下さんとかいるんだなと。やっぱり芸能界を目指してたから、いいなあ、あんなふうになりたいなっていう。やっぱり華々しいイメージですね。明治って」

 

ただし大学時代の向井さんはサークルなどにも入らずに、友達も少なかったことをインタビューで述べています。

 

「とがってたと思いますよ(笑)。やっぱり芸人を目指していたので。サークルとかに入っている人たちを斜めから見るような学生だったなと思います。大学であんまり友達をつくらなかったですね。売れると思っていたから「みんな俺と友達にならなくていいの?」っていうスタンスで大学に通っていました。サークルにも入ってなかったから、2、3人くらいしか友達いなくて。授業とかはその子とかに結構助けてもらったかなって感じです」

 

大学時代は図書館によく通っており、勉強やネタ作りをしていました。

 

大学2年生の時に吉本総合芸能学院(NSC)東京校に入所しますが、同期にはシソンヌやエド・はるみさん、チョコレートプラネットらがいました。

 

向井さんは最初の3年間は2つのコンビで解散を経験するなど、長続きしませんでした

 

しかし23歳だった2008年にNSC東京校の先輩だった菅さんと尾形さんとトリオ「パンサー」を結成してからは、流れが変わります。

 

 

そして2013年に「笑っていいとも!」に曜日レギュラーとして起用されて以降は、数々のバラエティ番組に出演しています。

 

また「よしもと男前ランキング」では、毎年上位にランクインされるなどピンとしても高い人気を誇っています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 瑞陵高校 普通科 偏差値69(難関)

 

 

向井慧さんの出身校は、県立の共学校の瑞陵(ずいりょう)高校です。

 

同校は普通科のほか、珍しい食物科(偏差値53)を備えている高校です。

 

普通科は古くから進学校として知られ、これまで多くの政財界人を輩出しています。

 

向井さんは中学生の頃からお笑い芸人になることを志して、高校では部活動などはやらずにバラエティー番組などでお笑いを研究していました。

 

また当時は松本人志さんの著書を読んでいました。

 

「ダウンタウンの松本人志さんが書かれた著書などを読んで、お笑いへの憧れがより強くなっていったんです。友達とみんなで遊ぶ時間よりも、お笑いのことを考えている時間のほうが増えていって、自然と一人でいることを好むようになっていました」

 

 また他校の友人とコンビを組んで、高校生を対象にした「M1甲子園」に出場するなどアクティブに活動しています。

 

高校3年生の時に出演した番組で、お笑いコンビ「スピードワゴン」に指導してもらえる機会も得ました。

 

向井1

 

なお前記のように向井さんは高校卒業後は大学に進学しないでNSCに入校しようとしましたが、父親に猛反対されたことから高校3年生の秋から受験勉強をはじめています。

 

「僕としては高校を卒業したらすぐに東京に出て、NSC(吉本興業が運営する養成所)に入るつもりでいたんですけど、高3の秋にそのことを親に伝えたら猛反対されてしまって。父親は公立大学の教授なんですが、「大学だけは絶対に出なさい。大学に行ったら、4年間は好きなことをしていいから」と条件を出されたんです。それまで受験勉強なんて全然してなかったんですけど、急遽、猛勉強を始めることになったんです」

 

そのためとにかく使える時間は受験勉強に費やして、休日は12~13時間も勉強したそうです。

 

受験期間中は非常に苦しかったそうですが、大学進学はお笑いをやるための条件だったことから頑張れたとのこと。

 

【主な卒業生】

杉原千畝(戦前の外交官)

江戸川乱歩(作家)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:名古屋市立宮中学校 偏差値なし

 

 

パンサー向井慧さんの出身中学校は、地元名古屋市内の公立校の宮中学校です。

 

中学校時代も部活動などはおこなっていないようです。

 

ただし当時からお笑い好きで、ナイティナインの岡村隆史さんに憧れています。

 

そのため当時からラジオ番組「ナイティナインのオールナイトニッポン」のヘビーリスナーであったことを明らかにしています。

 

また当時から現在に至るまで移動中は必ずラジオ番組を聴いており、「もはやラジオがなければ移動できない体になっている」と語るほどです。

 

その一方で向井さんは中学時代から女子生徒のモテており、中学校1年生頃から彼女ができて3年間交際しています。

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:名古屋市立白鳥小学校

 

 

パンサー向井慧さんの出身小学校は、地元名古屋市内の公立校・白鳥(しろとり)小学校です。

 

家族構成は両親と4歳年上の姉の4人家族です。

 

父親は農学者で名古屋市立大学教授の向井清史氏です。

 

名前の「慧(さとし)」は生まれた年(1985年)にハーレー彗星が話題になっており、次に接近する2061年まで長生きできるようにとの両親の願いが込められています。

 

向井さんは小学校時代から勉強が非常にできました。

 

 

また小学生の頃はサッカー部に在籍しており、キャプテンも務めています。

 

加えて小学校時代は生徒会長を務めており、名古屋市の「優良児童」に選ばれたことをインタビューで述べています。

 

「生徒会長を務めたこともあったし、目立つのは好きだったので、明るいタイプではあったと思いますね。名古屋市では勉強やスポーツや生徒会活動などで頑張った子どもを表彰する制度があって、その「優良児童」に選ばれるような子どもでした」

 

小学校高学年の時にバラエティ番組「めちゃイケ」を見たことで、お笑い芸人に憧れています。

 

「小学校高学年のときにテレビで観ていた『めちゃ×2イケてるッ!』というバラエティ番組がきっかけですね。ナインティナインのお二人を「おもしろい」だけじゃなくて「格好いい」と感じて、自分もいつかこうなりたいと憧れるようになったんです」

 

ちなみに当時から向井さんは目立ちたがり屋だったそうです。

 

以上がパンサー向井慧さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

菅さんや尾形さんとお笑いトリオ「パンサー」を結成後は、順調にキャリアを重ねてきました。

 

 

トリオでは最年少ながらまとめ役の役割を果たしています。

 

またピンとしても人気が高く、単独でのバラエティ番組への出演のほか、ウェブドラマに出演した経験もあります。

 

 

トリオとしてもまだまだ伸びそうなので、今後にも注目です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ