かもめんたる・岩崎う大の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

お笑いコンビ「かもめんたる」の岩崎う大さんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。このところは演出家としても注目を集めている岩崎さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか?学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介します

 

岩﨑う大(いわさき うだい)

 

 

1978年9月18日生

身長165㎝

血液型はAB型

 

東京都西東京市出身のお笑い芸人、脚本家、演出家

お笑いコンビ「かもめんたる」のボケ担当

本名は岩崎宇内(読みは同じ)

 

以下では「かもめんたる」岩崎う大さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴・プロフィールの詳細

 

当初はともに5人組コントグループ「WAGE」のメンバーとして活動。 

2006年にWAGEは解散して当初はピンで活動するが、200710月に「劇団イワサキマキオ」を結成。 

201010月からコンビ名を「かもめんたる」に改名。 

2012年の「キングオブコント」で3位となって注目される。 

2013年の「キングオブコント」で優勝。 

以降は「ぷっすま」や「じわじわチャップリン」、「タモリ楽部」などのバラエティー番組に出演。 

ともに俳優としても活動しており、「新・牡丹と薔薇」や「スペシャリスト」などのテレビドラマに出演している。

 

岩崎う大の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部政治学科 偏差値68(難関)

 

 

 

岩崎う大さんは、高校卒業後は名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

この大学には一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

在籍したのはこの大学の看板学部の政治経済学部です。

 

後述するように高校時代に漫才をやってみたところ、お笑い芸人の道に進みたいと思い大学入学後には本格的にお笑い芸人になるための活動をはじめています。

 

そしてお笑いサークル「WAGE(ワゲ)」に入っています。

 

 

このサークルではライブハウスを借りて発表会のようなライブをおこなっていました。

 

また相方の槙尾ユウスケさんや後にピン芸人としてブレイクする小島よしおさんもこのサークルのメンバーでした。

 

岩崎さんは大学内のイベントにも積極的に参加をしており、インタビューでは次のように話しています。

 

「音楽のサークルがライブやるときに合間にお笑いをやってほしいと言われて出たり、学祭に浅草キッドさんが来てその前説でネタをやったり、ミスコンの司会をやったり…」

 

岩崎さんは大学3年生の時にはこのサークルを離れて、吉本総合芸能学院(NSC)東京校に6期生として入校をしています。

 

NSCではとにかく明るい安村さんや「や団」のロングサイズ伊藤さんと同期です。

 

NSCでは現在はお笑いトリオ「グランジ」の佐藤大さんとコンビ「ツユクサ」を結成して、コンビでの活動をおこなっていました。

 

NSCを卒業と共にサークル「WAGE」に戻っており、大学4年生の時にはこのサークルの幹事長を務めていました。

 

岩崎さんは大学時代は楽しんでいたと話しています。

 

試験前にはノートをしっかりと取っている人にお願いをして、勉強をしていました。

 

単位を取りやすい授業だけ取り、試験前だけしっかりと勉強をするという方法で大学は4年間で卒業をしています。

 

そして岩崎さんが大学を卒業した2001年に、5人組お笑いユニット「WAGE」としてデビューしています。

 

 

「WAGE」はバラエティ番組「エンタの神様」などで好評を博しましたが、2006年に解散しています。

 

2007年に岩崎さんは槙尾ユウスケさんとともに、お笑いコンビ「かもめんたる」を結成しています。

 

コンビは2013年の「キングオブコント」で優勝しています。

 

 

ただしなぜかブレイクしませんでした。

 

とは言えコンスタントにバラエティ番組に出演しています。

 

 

岩崎さんは俳優としても活動しており、数々のテレビドラマに出演しています。

 

 

また脚本家や演出家としても活動しており、演出を担当した舞台は高く評価されています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。 

 

かもめんたる・槙尾ユウスケの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|インテリ芸人だった!

 

スポンサードリンク

 

岩崎う大の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:オーストラリアの高校(校名は不明)

 

岩崎う大さんの出身高校は校名は不明ですが、オーストラリアの高校です。

 

父親の仕事の都合で中学3年生の時にオーストラリアに移住しており、高校も現地の学校に通学していました。

 

そのため岩崎さんは英語が「ペラペラ」です。

 

またオーストラリアでも日本のドラマや漫画が売っていたことから岩崎さんも見ていました。

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「その頃、大人気だった『天才たけしの元気が出るテレビ』に『高校生お笑い甲子園』というコーナーがあって、僕と同世代くらいの高校生が漫才をやっているのを見ました。」

 

岩崎さんは意外と簡単に漫才ができることが分かり、弟と漫才をやってみて録画をしています。

 

この時の漫才は面白くなかったとのことですが、ネタ作りは楽しくて自身の性質に合っていると思いました。

 

また当時の日本は「ボキャブラ天国」が流行っていたことから、お笑い芸人になるための間口が広がっていました。

 

そして岩崎さんはNSC東京校も開校していたため、高校卒業後に入ろうと思いました。

 

しかし親からはお笑い芸人は一握りの人しかなれない上に、岩崎さんは大学受験をするのが嫌でお笑いの道に進みたいと言っているだけだと言われています。

 

とは言え大学に入学後にお笑いの道に進むのであれば別に良いと言ってくれたため、大学受験をしています。 

 

かもめんたる・槙尾ユウスケの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|インテリ芸人だった!

 

スポンサードリンク

 

岩崎う大の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

岩崎う大さんの出身中学校は不明です。

 

前記のように岩崎さんは父親の仕事の都合によって、中学3年生の頃からオーストラリアに移住をしています。

 

岩崎う大の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

岩崎う大さんの出身小学校は不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族のようです。

 

弟は3歳年下です。

 

岩崎さんは子供の頃からお笑い好きだったことから、「ドリフ」や「カトちゃんケンちゃん」など、当時の人気番組を見て楽しんでいました。

 

とは言え当時はお笑い芸人は別世界という感じでとらえており、将来志したいとまでは思ったことがなかったといいます。

 

しかし小学6年生の時に「ごっつええ感じ」を見て、松本人志さんが作ったコントに衝撃を受けたことを明かしていました。

 

また小学校時代の岩崎さんの将来の夢は歯科医になることでした。

 

岩崎さんは手先が器用だったこともあり、親から歯科医になることを勧められたそうです。

 

また当時通っていた歯科医院が悠々自適に暮らしているように見えたとのことで、こんな感じで暮らせるといいなという軽い思いでした。

 

以上が岩崎う大さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する「かもめんたる」は大ブレイクこそないものの、コンスタントにバラエティ番組に出演しています。

 

 

またこのところは演出する舞台の評価が高く、脚本家や演出家として注目を集めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

かもめんたる・槙尾ユウスケの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|インテリ芸人だった!

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ