さかなクンの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

バラエティ番組などでおなじみさかなクンの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。現在は大学教授を務めるさかなクンですが、どのような学生時代を過ごしてきたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像などと併せてご紹介いたします

 

さかなクン

 

サカナ君

 

1975年8月6日生

身長非公表

血液型はA型

 

東京出身のタレントで魚類学者

本名は宮澤正之

 

以下ではさかなクンの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

1990年に非常に難しいとされていたカブトガニの人工ふ化を成功させ、新聞にも取り上げられた。

1993年に「TVチャンピオン」の第3回全国魚通選手権で準優勝し、その後、同番組で5連覇を果たす。

独特の甲高い声とハイテンションで人気者となり、魚関連の番組やバラエティーなどでも活躍。

2010年には絶滅したと思われていたクニマスの再発見に大きく貢献し、注目される

2012年には海に関する研究や啓もう活動の貢献などにより、内閣総理大臣賞を受賞。

その他にも農林水産省のお魚大使、日本ユネスコ国内委員会広報大使、環境庁「環のくらし応援団」メンバー、JF魚食普及委員など様々な役職を務めている。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:専門学校 日本動植物専門学院アニマルケアー科(廃校)

 

さかなクンの母校は専門学校の日本動植物専門学院です。

 

この専門学校は東京の渋谷区の青山学院大学の近くにありましたが、現在は閉校になっています。

 

さかなクンは小学生の時の夢を水産大学の先生としており、実際に東京水産大学の受験を目指しましたが叶いませんでした。

 

当時この大学の教授を務めていた奥谷喬司さんに憧れていましたが、高校時代に魚に夢中になりすぎたため勉強がおろそかになってしまい同大は受験すらしませんでした。

 

ただし当時のさかなクンは「自分には魚がある」と考えて、専門学校には前向きに進学しています。

 

専門学校時代は水族館で実習する傍ら、聖蹟桜ヶ丘にあった熱帯魚店で住み込みの雇われ店長として勤務しています。

 

水族館では機械の操作方法に苦労したことをインタビューで話しています。

 

また熱帯魚店では世界中の魚が集まっていたので、わくわくしたとのこと。

 

その他にも専門学校時代は寿司屋でアルバイトをしていましたが、要領が悪かったせいもあって当初は皿を割るなどの失敗もしています。

 

ところが店主に頼まれて店の壁にタイやマンボウ、マグロなどの魚の絵を描いたところ評判になって、他のお店や市場などから「ウチにも描いて」と依頼が来たエピソードも残っています。

 

そしてさかなクンは専門学校卒業後は、就職はせずアルバイトをしながらイラストレーターとして活動しています。

 

また2000年頃からたびたび豊富な魚の知識が注目されてテレビに登場しています。

 

ちなみに当初はトレードマークのハコフグの帽子をかぶっておらず、2001年に「どうぶつ奇想天外」に出演した際に、ディレクターから「印象が薄い」と言われたことがきっかけで帽子をかぶっています。

 

なおその際には着ぐるみも考えたそうです。

 

27歳だった2002年に「笑っていいとも!」の曜日レギュラーに起用されたことで知名度が大幅に上昇して、以降はタレントとして数々のテレビ番組に出演しています。

 

 

また2006年に、東京水産大学を母体のひとつとする東京海洋大学の客員准教授となり、2015年には同大学の名誉博士号を贈られています。

 

 

長きに渡る精力的な活動が評価されたのですが、結果的には子どもの頃の夢を叶えています。

 

しかも准教授ですから本人も非常にうれしいでしょう。

 

なお2010年には絶滅したと思われたクニマスの再発見という偉業も成し遂げています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 綾瀬西高校 偏差値42(かなり容易)

 

 

さかなクンの出身高校は、神奈川県の共学の県立校の綾瀬西高校です。

 

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の鈴木拓さんは高校時代の同級生です。

 

高校進学後も吹奏楽部に所属して、クラリネットを担当していました。

 

 

また当時から魚が大好きだったことから、スーパーマーケットの鮮魚コーナーなどでアルバイトをしています。

 

ちなみに鈴木拓さんによれば、当時のさかなクンは鉛筆、消しゴム、下敷きに至るまで持ち物はすべて魚関係のグッズだったとか。

 

そして高校3年生だった1993年にテレビチャンピオンの「第3回全国魚選手権」に出場して準優勝をしています。

 

 

また以降もこのテレビ番組に出場して、翌年からは5連覇を遂げています。

 

 

ちなみに高校時代のさかなクンは魚好きが昂じるあまり勉強はあまりしなかったことから、学校の成績は芳しくなかったとのこと。

 

【主な卒業生】

長野博(歌手・V6)

鈴木亜美(中退・歌手)

川栄李奈(女優)

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 綾瀬市立北の台中学校 偏差値なし

 

 

さかなクンの出身中学校は、地元綾瀬市内の公立校の北の台中学校です。

 

中学時代も吹奏楽部に在籍しており、当時はトロンボーンを担当していました。

 

さかなクン 高校時代

(中学時代)

 

ちなみに吹奏楽部には「水槽」があると勘違いして入部しています。

 

さかなクンは中学3年生の時には学校で飼育されていたカブトガニの人工ふ化に成功しており、地元の新聞などに取り上げられています。

 

なおこれは偶然の賜物で、さかなクンが「水槽が狭くてかわいそうだな」と思って決まった時間に外に出していたら、カブトガニがそれを潮の満ち引きと誤認したことが原因だったそうです。

 



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:神奈川県 綾瀬市立北の台小学校

 

 

さかなクンの出身小学校は、地元綾瀬市内の公立校の北の台小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

なお父親は囲碁のプロ棋士の宮沢吾郎九段です。

 

 

さかなクンは東京都の出身ですが、4歳の時に神奈川県綾瀬市に移住しています。

 

子供の頃は非常におとなしい性格でした。

 

物心ついたころから絵を描くのが大好きで、子供の頃は漫画家の水木しげるさんの作品などを模写していました。

 

小学校時代にクラスメイトが描いたタコの絵に魅了されたことがきっかけで魚が好きになっています。

 

そのため当時はタコを見るために、近くの漁港にも行っていたほどです。

 

また小学校の図書館にこもって図鑑に熱中もしていました。

 

 

以上がさかなクンの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

タレントとしては教養番組からバラエティ番組、情報番組など幅広いジャンルで活躍しています。

 

 

またクニマスの再発見の功績など、研究者としての評価も高いことでも知られています。

 

さかなクンの今後の活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ