立花孝志(N国党)の学歴|出身高校大学の偏差値とパチプロ時代

 

立花孝志(たちばな たかし)

 

 

1967815日生

身長178

血液型はA

 

大阪府泉大津市出身の政治家、YOUTUBER

NHKから国民を守る党」(N国党)の代表

 

以下では立花孝志さんの出身高校の偏差値やNHK時代・パチプロ時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

立花孝志の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大阪府 信太高校 偏差値39(かなり容易)

 

 

立花孝志さんの出身校は、府立の共学校の信太(しのだ)高校です。

 

この高校は大阪府和泉市内にある1983年開校の府立高校で、歌舞伎役者の片岡愛之助さんも卒業生です。

 

同校の設置しているのは普通科ですが、2年次からはスポーツ特進コース、3年次からは看護系や情報系などの計6コースに分かれて、専門的な学習を施すことに特色があります。

 

そのためここ数年は就職率が毎年100%であるほか、およそ6割の卒業生は大学や短期大学、専門学校に進学しています。

 

立花さんの高校時代の情報やエピソードは見当たりませんが、高校卒業後は大学などに進学せずにNHKに入局しています。

 

なおNHKに採用されるくらいですから、高校時代の素行などは悪くなかったと思われます。

 

 

ちなみに現時点では立花さんの出身小学校や中学校の校名などは不明で、学生生活の詳細などもほとんどわかっていません。

 

スポンサードリンク

 

立花孝志のNHK時代

 

立花孝志さんは18歳だった19864月にNHKに入局しています。

 

当初はローカル局のNHK和歌山局庶務課に配属されて、広報などの仕事をしています。

 

(20歳の頃)

 

入局から5年目にNHKの主要局のひとつの大阪局に異動となって以降は経理部に所属して経理を担当しています。

 

1学年下のフリーアナウンサーの有働由美子さんは大阪局時代の同僚で、面識もあるとのこと。

 

NHKには37歳だった20057月まで約19年間勤務しています。

 

 

そして立花さんはその年の4月に週刊文春に2002年に約300万円の裏金づくりに関わったことなどの不正経理を複数回内部告発しています。

 

その一方で同年の7月にNHKから不正経理を理由として懲戒処分を受けており、最終的には依願退職しています。

 

スポンサードリンク

 

立花孝志のパチプロ時代

 

立花孝志さんはNHK職員だった10代の頃からパチンコに熱中して、在職中もパチンコで年間1000万円以上の利益を得ています。

 

当時はサラリーマンでしたから「パチプロ」ではないものの、パチンコに関してはプロ級の腕前だったことがわかります。

 

そして2005年のNHK退職後は、パチンコで生計を立てていたことを明らかにしています。

 

 

その際には自らパチンコを打つだけではなく、フリーターなどを「打ち子」として雇って元締めもはじめており、自らが率いた集団については「チーム立花」と呼んでいました。

 

ただし2011年に打ち子として雇った少女2人に、現金68万円を持ち逃げされたことをきっかけにパチンコは辞めています。

 

そのためパチプロとして活動したのはおよそ6年間です。

 

スポンサードリンク



 

立花孝志の政治へのチャレンジ

 

立花孝志さんは45歳だった20136月に「NHKから国民を守る党」を設立して、代表に就任しています。

 

その年の9月に大阪府摂津市議選挙に立候補するも落選。

 

翌年の20142月には東京都町田市議会選挙に立候補していますが、その際も落選しています。

 

そして20154月に千葉県船橋市議選挙に立候補して、はじめて当選しています。

 

 

そのためこの頃から政治家としてのキャリアをスタートさせていますが、船橋市議会議員だった20167月に東京都知事選挙に立候補して落選し、船橋市議も失職しています。

 

 

2017年には大阪府茨木市議会選挙や東京都議選挙には落選しますが、11月の東京都葛飾区議選挙に当選して政治家にカムバックしています。

 

ただし葛飾区議も20195月に大阪府堺市長選挙に立候補したことで失職しています(選挙も落選)

 

そして20197月の参議院議員選挙に比例区から立候補すると、事前の予想に反して当選して大きな話題となっています。

 

 

また同時に「NHKから国民を守る党」は政党要件を満たしたことから、立花さんは国政政党の党首となっています。

 

加えて立花さんにはYOUTUBERとしての顔もあります。

 

政治活動の傍ら、NHKやパチンコに関する動画を投稿しています。

 

また立花さんはYOUTUBE内で自身の年収が3000万円であることやYOUTUBEでの収入の内訳が約1250万円であることなども公表しています。

 

 

 以上がNHKから国民を守る党代表の立花孝志さんの学歴とNHK時代・パチプロ時代のまとめです。

 

参議院議員選挙に出馬した際には賛否は真っ二つに分かれ、当初は当選は困難とも思われましたが、大方の予想に反して国政へ進出しました。

 

また当選の際には立花さんはインタビューで次のように述べています。

 

「普通の政治家や政党の誕生ではないと自負しており、歴史が変わると思っている。NHKの被害者をお守りし、NHKの職員の皆さんに、われわれに投票していただいた方々の思いを、愛情を込めて、時にはしかりつけながら伝えていきたい」

 

ちなみに目標に掲げるNHKのスクランブル放送化(受信料を支払った人のみが視聴できる放送)が実現した際には、N国党の解党と自身も議員を引退することを宣言しています。

 

今後の政治手腕などに大きな注目が集まります。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ